PNGとJPEGの違いとは?あなたの画像に最適な保存形式を!

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

「PNG」と「JPEG」は、画像の取り扱う際によく目にしますね。この記事では、前半でそれぞれの特長を押さえつつ、後半で「結局どっちにすればいいの?」というお悩みにフローチャート形式で診断できるように致しました!ぜひご覧ください。

そもそもPNGとJPEGって?

PNGやJPEGとは、画像データの圧縮方式を指します。画像データは、そのままだと膨大なファイルサイズになってしまうため、圧縮することで軽くしなくてはなりません。

ではそれぞれの圧縮方式の違いを簡単に見ていきましょう。

PNGの圧縮方式

画像データは全て「ビット」と呼ばれる小さい”点”の集合でできています。このビットを一つ一つ保存していくのですが、PNGは同じ色のパターンを再度保存することはしません。

この方式を取ることで、できるだけ元の画像データを変えずに画像を圧縮できます。

そのため、イラストなどの塗りつぶしの多い画像は得意で、元データの品質を保った上で画像を軽くできます。逆に写真やグラデーションなど色変化の多い画像は、綺麗に保存することはできるものの、ファイルサイズが重くなってしまいます。

JPEGの圧縮方式

JPEGの圧縮方式の大きな特徴は、「表面の画質に影響を与えない部分のデータを削除する」という点です。

画像データには表面には見えない沢山のデータが内包されており、そのデータがファイルサイズを膨らませる要因となっていますが、JPEGはそのようなデータを画質が維持できる程度に削除してくれます。それによって質を保ちつつ、画像データを軽くすることができます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

PNGとJPEGの特長

PNGとJPEG、それぞれ圧縮方式が大きく異なりますね。そのため、各々できることや得意分野にも大きな違いがあります。

では、それぞれの圧縮方式にどのような特長があるのでしょうか。簡単に見ていきましょう。

PNGの特長

PNGの大きな特長はズバリ、

①透過処理ができる

②保存による画像劣化が起きにくい

③輪郭がはっきりしている

の3点です。

①透過処理

JPEGでは透過処理ができないため、保存をすると白地を敷いたように処理されてしまいます。しかし、PNGでは透明部分をそのまま保存することができます。Webページや印刷物・イラスト制作等で使用する素材などは、PNG形式が向いています。

※ただし「PNG-24」は透過処理ができません。(後述)

②画像劣化が起きにくい

JPEGは圧縮の際にデータを削除するため、繰り返し保存すると画像が劣化してしまいます。しかし、PNGはデータ削除をせずに圧縮するので、元々の色情報を保持したまま保存することができます。

※PNGでも、「PNG-24」から「PNG-8」に変更して保存すると、色情報が削除されることがありますのでご注意を!(PNG-8とPNG-24については後述)

③輪郭がはっきりしている

塗りつぶしの多いイラストなどの保存に適しています。JPEGは緩やかな色の変化に強いので、逆に輪郭がくっきりした画像には輪郭の周囲にノイズができてしまいますが、PNGにはそのようなノイズはできません。

「PNG-8」「PNG-24」「PNG-32」の違いとは?

PNGには「PNG-8」「PNG-24」「PNG-32」の3種類あり、その違いはズバリ!表現できる色数の違いです。

「PNG-8」

表現可能色数 258 色 + 透過

表現可能色が少なく透過処理ができるので、アイコン素材などの単調なイラストに向いています。ファイルサイズも他のPNG形式と比べて軽くすることができます。

「PNG-24」

表現可能色数 約1677万色

表現可能色数が約1677万色もあるため、得意分野のイラスト等だけでなく、色変化の多い写真やグラデーションにも対応することができます。しかしその場合、ファイルサイズがJPEGの数倍になってしまうこともあるため、注意が必要です。尚、透過処理はできません。

「PNG-32」

表現可能色数 約1677万色 + 透過 (=約280兆色)

「PNG-24」に透過情報を加えたので、最大約280兆色も表現することができます。イラストから写真まで、劣化することなくオールマイティに対応できますが、「PNG-24」以上にファイルサイズが重くなってしまいます。

JPEGの特長

JPEGの大きな特徴は

①写真やグラデーションなど連続した色変化に強い

②ファイルサイズが軽い

の2点です。

①緩やかな色変化に強い

JPEGは表現可能色数が約1677万色あり、風景写真やグラデーションなど連続した色の変化にも綺麗に表現することができます。逆にイラスト等境界がはっきりしている画像ではノイズがでてしまうことがあります。

②ファイルサイズが軽い

「PNG-24」や「PNG-32」であっても写真やグラデーションを綺麗に表現することは可能ですが、PNGでは色情報を保持する分ファイルサイズが重くなってしまいます。しかし、JPEGは不要なデータを削除して圧縮するため、見た目の綺麗さを保ったままファイルサイズを軽くすることができるのです。

その分、保存する度に画像が劣化していく点は注意しなくてはなりません。

どっちを選べばいいの?フローチャート!

ここまで、PNGとJPEGの概要について説明致しました。では、結局どちらの保存形式を使うのが良いのでしょうか?その疑問に簡潔にお答えするべく、下のようなフローチャートを作成してみました!

もちろんホームページに掲載する時、プリントして使用する時など使用目的によっても異なりますが、形式を選ぶ際の一助となりましたら幸いです。

保存形式の特徴を理解し、より良い選択を!

調べてみると中々奥の深い画像データ。今回はPNGとJPEGのみに焦点を当てましたが、他にも様々な保存形式があります。画像の良さを最大限引き出せるよう、ご自分の画像の種類や使用状況にふさわしい保存形式を選択しましょう!

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree