アダプティブWebデザインとは?-レスポンシブWebデザインとの違い-

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

アダプティブWebデザインとは?

スマートフォンの普及によって、Webサイトのモバイル化が必須となっている現在。モバイル用にWebサイトの見た目を整える方法は1つではありません。アダプティブWebデザインについてその特徴をまとめます。

アダプティブWebデザインとは?


アダプティブWebデザインとは、ユーザーの使用するデバイス、画面サイズに関係なく、同じWebコンテンツをユーザーの閲覧環境に合わせて変更するための手法です。ユーザーに適したWebコンテンツを利用できるように、レイアウトや画像、文字のサイズを必要に応じて変更されます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

アダプティブWebデザインには2つの意味がある!

アダプティブWebデザインには、画面サイズに対するデザインと、Webサイトコンテンツに対するデザインの2つがあります。
よく利用されるアダプティブWebデザインは画面サイズに対してのデザインです。一方、コンテンツに対するデザインは、ユーザーが使用するデバイスによって、情報を変えるものです。

 

例えばパソコンで閲覧されるWebサイトのHTMLファイルとスマートフォン用のHTMLファイルで掲載する情報を変えたりします。パソコンで閲覧するための情報、スマートフォンで閲覧するための情報を変えることでUXを高めることができます。

アダプティブWebデザインとレスポンシブデザインの違いは?


アダプティブWebデザインもレスポンシブWebデザインも、どちらもユーザーに対し最適な状態でWebサイトを見せる手法です。

レスポンシブWebデザインは、1つのHTMLファイルをユーザーが使用するデバイスやブラウザの横幅に合わせてWebサイトを表示させる方法です。

 

一方、アダプティブWebデザインは、パソコン用のHTML、スマートフォン用のHTML、タブレット用のHTMLなど、対応したいデバイス別にHTMLファイルをいくつも用意し、ユーザーの使用するデバイスに対してWebサイトの表示を変える手法です。

アダプティブWebデザインのメリット


アダプティブWebデザインのメリットは、いくつものデバイス環境ごとにHTMLファイルを用意して作られているため、どのデバイスで表示しても、Webサイトの表示速度が早いことです。デバイスの画面サイズに合わせ、HTMLファイルにて作成されているので、無駄なソースコードやサイズが適さない画像を読み込む必要がありません。そのため、高速でWebサイトのページを表示させることが可能です。

 

また、HTMLファイルを一つずつ作成していくため、デザイナーが各デバイスに合わせて、自由で最適なWebデザインを作成することが可能です。

アダプティブWebデザインのデメリット

アダプティブWebデザインのデメリットは、さまざまなデバイスに合わせて専用のデザインを作成し、それぞれのデザインに対するHTMLファイルを作成していく必要があります。そのため、Webサイト制作にとても時間がかかります。時間がかかるのは作成する際だけではなく、Webサイトの更新の度に、各デバイス別にファイルを更新する必要があるため、対応するデバイスの数だけ時間がかかってしまいます。更新が多いWebサイトや頻繁に改修が発生するWebサイトに対しては、作業者の手間が増えてしまうのでおすすめできません。

レスポンシブWebデザインのメリット


レスポンシブWebデザインのメリットは、1つのHTMLファイルでどんな画面サイズのデバイスでもWebサイトを最適に表示してくれます。アダプティブWebデザインとは違い、いくつもHTMLファイルを用意する必要はなく、更新が多いWebサイトの作成に適しています。

またレスポンシブWebデザインはGoogleに推奨されたモバイル適応のための手法なので検索エンジンからの評価面でも大きなメリットになります。

レスポンシブWebデザインのデメリット


レスポンシブWebデザインのデメリットは、各デバイスに合わせてWebサイトを作成することができないため、レイアウトが崩れてしまう可能性があることです。また、HTMLファイルが1つのため、全デバイスで表示するためのソースコードを全て読み込むため、Webサイトの表示速度が遅くなります。表示速度を上げるためには、モバイル表示に合わせて画像などのファイルサイズを最適化する必要があります。

アダプティブWebデザインとレスポンシブWebデザインを使い分けよう!


ユーザーのデバイス、目的に応じてWebコンテンツを最適化する手法がアダプティブWebデザインです。

Webコンテンツを作成するにあたり、何を重要視するかでWebコンテンツの作成方法が変わりますが、アダプティブWebデザイン、レスポンシブWebデザインどちらの手法を使用しても、メリット、デメリットがあります。サイトの目的に合わせてどちらのデザインにするか使い分けをしましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree