コーポレートサイトとは?ポイントを押さえたサイト作りを!

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

コーポレートサイトとは、その名の通り「会社(法人)のサイト」のことです。取り扱っているサービス・商品等の情報を掲載し、顧客からの認知度や信頼感を高めることができます。本記事ではそのメリットと作成のポイントについてご紹介します。

コーポレートサイトを持つメリットとは

情報化社会の現代において、コーポレートサイトに数々のメリットがあることは最早周知の事実でしょう。では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。簡単に見ていきましょう。

自社の商品やサービスの広告になる

ネット社会となった昨今、「こういう商品はないか?」「このお店の評判は?」など、興味のあるものや気になったことは全てスマホやPCで検索することが一般的となりました。コーポレートサイトの大きな役割の一つが集客です。サイトが設置されていれば、自社の商品やサービスを求めているお客様と繋がる重要な機会となります。

また、昨今はSNSを利用した広報活動も増えています。SNSは拡散力という大きな強みがありますが、その分情報が分散しやすく、他の情報に流されやすいという欠点も持ち合わせています。その点、コーポレートサイトは自社の商品やサービスを包括的にアピールすることができ、会社の方針なども発信することができます。自社に興味を持ったお客様に、より強いアピールを行うことができるのです。ホームページとSNS、それぞれの特徴を理解してそのメリットをフル活用していきましょう。

企業イメージを向上できる

上述でも触れたように、コーポレートサイトはお客様との重要な出会いの場となります。コーポレートサイトのデザインやコンテンツを充実させることによって、たとえ小さな会社であっても大企業に劣らない信頼・企業イメージを獲得することができます。野菜の販売でもよく「私たちが作っています」と顔写真を載せ、信頼感を高めるといった手法が取られていますね。コーポーレートサイトも同じで「どのような会社なのか」、「どんな人が働いているのか」を公開することによって見る側の信頼感を高める効果もあります。企業規模に関わらず、会社の強みをアピールできるという点はWebサイトの強みです。

お問い合わせ対応の時間を削減できる

従来のお問い合わせ対応といえば、電話が主な手段であり、顧客の質問に社員が応対するというのが一般的でした。しかし現在では、まず自分で不明点を検索するという方が多くなってきています。コーポレートサイトに「よくある質問」や「不具合が起きた場合の対処法」などを載せることで、顧客側は素早く問題を解決することができ、会社側も電話応対の時間を削減できます。企業と顧客、どちらにとっても時間と手間を省くことができるので、コーポレートサイトを制作する際は、お問い合わせ関係のコンテンツを充実させるようにしましょう。

魅力的な人材を採用できる

採用活動には求人サイト等を利用している企業も多いかと思います。しかし、コーポレートサイトに採用情報を掲載していれば、それらを仲介することなく、自社に興味を持った魅力的な人材を採用できるようになります。求人サイトは多くの人の目に触れる機会には恵まれるものの、自社の魅力を最大限にアピールすることは難しいです。コーポレートサイトでそれらを存分に伝えることで、「ここで働きたい!」という志を持つ人材を確保する大きなチャンスとなるでしょう。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

コーポレートサイト作成のポイントとは

コーポレートサイトのメリットを理解し、いざサイトを作ろうと思っても、一体何を意識してサイト制作をすれば良いのでしょう?そこで、コーポレートサイトを作成するポイントについて解説します。ポイントを抑えて、効果的なコーポレートサイトにしましょう。

 

会社の経営戦略と一致させる

せっかくコーポレートサイトを作成しても、会社の経営戦略から外れてしまっては、効果は半減してしまいます。

例えば、商品のメインターゲット層が20代前半の女性であるにも拘らず、サイトデザインがシニア男性向けの重厚な印象になっていては、商品を売り出す戦略とズレてしまいますね。今一番力を入れている商品・サービスは何か、そのターゲット層はどんな人たちか、という視点を忘れず、一貫した経営戦略を持ってサイトを構築していくことが大切です。

知りたい情報に辿り着きやすいサイトにする

「ページの数が増えすぎて、どこに何が置いてあるのかわからない…」「一番アピールしたい情報が埋もれてしまっている…」みなさんのサイトはこのようになってはいませんか?サイトに力を入れている会社ほど、こういった勿体無い状態に陥りがちです。とても良い情報を載せていても、情報が整理されていなければ、見る人にとってストレスのかかるサイトになってしまいます。

まずは優先順位をつけて、最もアピールしたい情報が見る側に一目で届くようにしましょう。どうしても情報が多くなってきてしまったら、サイト内検索を設置するようにしましょう。サイト内検索を設置すれば、顧客側はすぐに求めている情報にたどり着くことができ、手間と時間を省くことができます。また、会社側も顧客が何の情報を求めているのか、サイトのどこが分かりづらかったのかを把握するチャンスにもなります。

また、アナリティクスの導入も効果的です。アナリティクスがあれば、マーケティングを行う際の大きな強みになります。サイトの訪問者がどのような検索ワードで自社のサイトに訪れたのか、どの情報が目的なのか把握でき、より良いサイトを作る足がかりとなるでしょう。

運営しやすいサイトを意識する

チラシや看板と違い、サイトは作成して終わり!とはなりません。見た目の華やかさも大切ですが、運営のしやすさも考慮する必要があります。

例えば、料金や営業時間など変更する可能性の高い箇所は画像を使用するのではなく、HTMLやCSSを使用する等といった少しの工夫で更新のしやすさが大きく変わります。サイト制作の時点で、サイトの運営しやすさも意識しておきましょう。

コーポレートサイトを活用しビジネスチャンスを!

コーポレートサイトは、上手く運用すればとても大きなビジネスチャンスを得ることができ、会社や顧客の手間やコストを大幅に削減することができます。WEBサイトという強みをフル活用して、会社の魅力を最大限アピールしていきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree