Adobeのソフトにはたくさん種類がある!?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

仕事でAdobe製品を使っている方も多いと思いますが、みなさん、Adobe製品がいくつあるのかご存知でしょうか?
全てを知っている方は少ないのではないでしょうか?
Adobe製品にはどのようなソフトが用意されているのでしょうか。ジャンル別にみていきましょう。

写真編集


写真の加工や合成、補正などに向いているAdobe製品をご紹介します。

Photoshop

Photoshopとは、写真編集をメインとしたとした画像加工ソフトのことです。
Photoshopでは、写真の加工や編集、Web制作などができ、その中でも写真の加工や編集がメインとなります。

似たようなものにIllustratorというソフトがあります。

違いは、ビットマップ画像とベクター画像の違いです。ビットマップ画像の表現の仕方は、ドット絵みたいに小さい四角形の集まりで表現します。

 

一方ベクター画像の表現の仕方は、点や線の方程式で表現します。ビットマップ画像と違って、拡大しても粗くなりません。

Lightroom

Lightroomとは、写真編集や写真の管理を行うソフトウェアです。
Lightroomでは、「ソースパネル」というもので写真を読み込み、その後、「コレクション」という写真をまとめる場所で、写真の管理をします。また、スマートフォンから写真を追加しパソコンで編集という利用もできます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

グラフィック


ポスターの作成や雑誌の作成などに使用するAdobe製品をご紹介します。

Illustrator

Photoshopが画像の加工や編集が得意なのですが、Illustratorは名刺の作成やロゴの作成、ポスターデザインなどが得意です。
Illustratorは、Photoshopと一緒に使用することも多く、Photoshopで編集・加工した写真をIllustratorでポスターのデザインに使ったりといった方法で使われたりします。また、簡単なアニメーションを作ったり、LINEのスタンプ作成もできます。
前述しましたが、Illustratorはベクター画像でビットマップ画像と違い、拡大しても粗くなることはありません。

InDesign

InDesignは、DTPソフトウェアです。雑誌や書籍を作成する場合などに最適なAdobeソフトです。
例えば40ページもある冊子を作る場合、Illustratorでは20ファイルが必要ですが、InDesignだと1ファイルで大丈夫です。また、共通で使っているパーツやページ数が変更になったりした場合、Illustratorだと全ファイル修正しないといけないですが、InDesignであれば、マスターページの修正だけで大丈夫です。

Web制作


HPを作成するために使用するAdobe製品をご紹介します。

Dreamweaver

Dreamweaverとは、ホームページの作成・管理に特化し、ホームページを作成するための様々な機能が購入時から使用できるソフトです。一言で言えば、HP制作ソフトです。
コードを入力する場所では、これから入力するであろう文字を補助してくれる、予測変換的な機能がついています。
また、ライブビューという機能がついており、ライブビューを使うと、リアルタイムでWeb上での表示を確認しながら作業できます。

映像・音声編集


CMや映画を作ったりする際に使うAdobe製品をご紹介します。

After Effect

After Effectは、映像を加工したり何もない空間から映像を作り出すことができるAdobeのソフトです。
CMや映画にも使われており、映画「シン・ゴジラ」にも使われました。

素材となる映像や画像を階層状に並べて複雑な形を作りだしたり、特殊効果をつけたり、キャラクターを動かしアニメーションを作れます。ですので、CMやミュージックビデオど、短い映像を作る時に使います。似たようなものにPremiere Proというものがありますが、Premiere Proは短い動画を利用して1本の長い映像を作ることや、複数の映像を切り貼りした映像を作ることに適しています。

Adobeにはモバイル向けも存在する


Adobeにはデスクトップ用だけでなく、モバイル向けのアプリも存在します。
詳しくは、「Web制作に使えるAdobeのモバイルアプリ」をご覧ください。

Adobe製品はたくさんある


上記で書いたものがAdobe製品の全てではありませんが、クリエイティブなものを作るのに使用する可能性の高いソフトを中心に紹介していきました。全ての製品はAdobeの公式サイトに載っていますので調べてみてください!またAdobeにはプランというものがあり、プランによって使えるソフトも価格も違います。
これを機にそれぞれどんな用途で使うソフトなのかしっかりと理解し、使っていきましょう!

Adobeには講座もありますので、講座を受けてみてもいいかもしれません。
Adobe製品は自分のパソコンが32bitか64bitかOSによっても、利用できるかできないかが分かれますので、事前に調べておきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree