Webサイトの表示速度改善をしよう!

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Webサイトの表示速度改善をしよう!

ホームページを見ていて、なんだか読み込みが遅いなぁ・・・と思った事ありませんか?ユーザーにとってもWebサイトの表示速度が遅いことはストレスになりますが、SEO対策としてもページの表示速度を改善することはとても重要なことです。
今回はそのWebサイトの表示速度についてサイトを作り上げるWebデザイナーが取るべき対策をご紹介したいと思います。

ページの表示速度がもたらす影響

実際に、ページの表示が遅い場合どのようなデメリットがあるのでしょうか?まず、ページの読み込む速さは、Googleの検索順位を決定付ける指標のひとつとされています。表示速度が速ければ速いほど評価は高く、検索順位が上がる要因のひとつになりえます。またページの表示スピードは、コンバージョンにも深く関係すると言われており、「1秒のページスピードの遅延で、コンバージョンの7%減少する結果に」と言われることもあるようです。
ページの読み込み時間を短くすることによって、ユーザビリティも向上できます。

どうやってページの読み込み速度を調べるのか?

Google推奨のページ表示速度チェックツールがあります。ひとつはGoogleアナリティクスのサイト速度です。アナリティクスを導入しているサイトであれば誰でもこちらは見ることが可能です。
もうひとつは、GoogleのPage Speed Insightsです。こちらはサイトのURLを入力するだけでページ速度のスコアと改善方法のアドバイスをしてくれます。モバイルとPCでそれぞれ出してくれるのでとっても便利です。

サイトを高速化する具体的な方法

では、どういいた点を改善していけば、サイトを高速化でき、表示速度を改善していけるのか?先ほどあげたPage Speed Insightsで改善案として出されるものをご紹介していきたいと思います。

続きを読むには、ログインまたは
会員登録(無料)が必要です。

tree