Webサイトのスマホ対応の必要性と方法を解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Webサイトのスマホ対応の必要性と方法を解説

あなたは「モバイルファーストインデックス」という言葉をご存知でしょうか?

これまでGoogleはパソコン用ページのコンテンツを元に検索結果を表示していましたが、

これからは主にモバイル用ページを元に検索結果を表示するという取り組みです。

もはやモバイルページは必須という時代です。まだスマホ対応できていない方やこれからホームページを作りたいと思っている方へ、今回はスマホ対応の方法や重要性などをご紹介します。

 

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスとは

冒頭でも少しお話ししたモバイルファーストインデックス。数年前からGoogleではパソコンよりもスマートフォンからの検索が多いということにより、モバイル用ページの評価を検索結果の順位に反映させることを発表しました。

今までは主にパソコン用ページをインデックス(Googleサーチエンジンに登録)し、検索結果の順位を決定していましたが、これからは主にモバイル用ページを元に決定されます。

2019年7月1日より新しく開設されるWebサイトは、デフォルトでモバイル用ページがインデックスされます。これからホームページを作るという方は、スマホ対応は必須といえます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

そもそもスマホ対応とは

そもそもスマホ対応とは

パソコンで見ることを想定して作られたWebサイトをスマートフォンで見ると、サイトの横幅をスマホ画面に合わせれば文字が小さく読めず、文字が読めるよう拡大すると横スクロールをしなくてはいけません。スマホユーザーにとってはストレスになり離脱の原因となります。

そのためスマートフォン画面で見ることを想定したWebサイトを作ることをスマホ対応といいます。

スマホ対応サイトを制作する方法

スマホ対応サイトを制作する方法

今回はWebサイトをスマホ対応にする代表的な方法を2つ紹介します。

スマホ専用のサイトをつくる

スマホ専用サイトをつくるということは、パソコン用サイトとスマホ用サイトを別々のファイルでつくり、デバイスごとに切り替えるということです。

下記のようにサイトURLが異なります。

 

【パソコン用サイト】http://XXX.com/

【スマホ用サイト】http://XXX.com/sp/

 

パソコンとスマホで別々の画面サイズを想定してつくるので、そのデバイス向けのデザインやレイアウトを細かに調整することができます。制約もなく自由度が高いので、UIに優れたサイトをつくることができ、ユーザーの離脱率も抑えることができるでしょう。

ただし、独立した2つのファイルを作成し管理することになるので、デザインは2種類制作する必要があり、修正があった場合もそれぞれ修正しないといけません。制作会社に依頼した場合はコストが高くなってしまいます。

レスポンシブデザインにする

スマホ対応として、主流なのはレスポンシブデザインです。パソコン用とモバイル用で画像やテキスト、HTMLファイルなどは同じものを使用し、それぞれのデバイスの画面幅に合わせてデザインを変化させます。使用するものはCSSのみで、画面幅を指定してそのデバイスに合った文字サイズやレイアウトを書き換えます。

 

こちらは1つのHTMLファイルとパソコン用、モバイル用のCSSの管理だけなので、1か所の更新をすればパソコン用。モバイル用ともに修正が反映されます。手間やミスなどを考えても良いでしょう。

ただし、上記で紹介した2つのサイトURLをつくる場合と比べると、パソコンかモバイルか、どちらかのデバイスのデザインがベースになるのでデザインの自由度が高いとはあまりいえません。

 

特に理由がないのであれば、管理のしやすいレスポンシブデザインをおすすめします。

 

レスポンシブデザインのメリットやデメリットについては下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

レスポンシブデザインの効果とは?メリットとデメリットを知ろう!

スマホ対応の重要性

スマホ対応の重要性

次に、一般的に言われるスマホ対応の重要性について紹介していきます。

スマホユーザーの急増

近年のインターネット検索の中心にあるのはモバイルによる検索です。もしスマホ対応をしていなかった場合、スマホユーザーがサイトに訪れても直ぐに離脱しやすいので、多くのユーザーを逃しているかもしれません。より多くのユーザーを獲得したいのであれば、スマホユーザーがストレスなく閲覧できるサイト制作が必須です。

スマホ未対応の場合は検索結果に悪影響をもたらす可能性がある

前述したGoogleのモバイルファーストインデックスにより、スマホ未対応サイトの場合、検索結果での上位表示は難しいでしょう。

検索結果での上位表示はサイトへ訪問するユーザー数に大きく影響しますので、とても重要な要素といえます。

 

Googleの検索ユーザーがスマホが多いということで、もし、自社サイトがスマホ対応せず、競合となる他社がスマホ対応をしていた場合、検索結果の順位にも差がつき、大きな遅れをとることになるかもしれません。

これからはモバイルファーストの時代

スマホ対応にはメリットが多く、現在のサイト運営においては必須ともいえます。

これからWebサイトを制作するのであれば、モバイルユーザーを意識したサイト制作をしましょう。モバイルユーザーにとってのユーザビリティ向上が運営サイトにユーザーを集めるカギともいえます。

これからの時代に対応するべく、モバイルファーストなサイト運営を心がけましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree