LP作成の基本的な流れとおすすめツールを紹介

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

LP作成の基本的な流れとおすすめツールを紹介
LPとは何のためにあるのか?どうやって作るのか?
よくわかっていなかったり、重要なポイントを忘れていると改善できないこともあるかもしれません。
そこで今回の記事は、基本的な流れとおすすめツールを紹介します。

「LP(ランディングページ)」とは何か

「LP(ランディングページ)」とは何か
「LP(ランディングページ)」とは、ユーザーが最初に訪れるWebページのことです。
着地ページ、入り口ページ、集客ページといった呼び方もあります。

Webページの入口となるページは総じてランディングページに該当しますが、Web広告から入るユーザーに用意した専用ページ(多くは1ページ)のみを指して、ランディングページと呼ぶこともあります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

なぜ専用のランディングページを設けるのか

なぜ専用のランディングページを設けるのか
専用のランディングページは高級化粧品が欲しい人などの特定のユーザーに絞って集客することができます。対して、通常のホームページでは高級化粧品が欲しい人などの特定のユーザーが求めている情報だけで最適化されていません。
通常のホームページではできない、高級化粧品が欲しい特定のユーザーのコンバージョン(購入や問い合わせなど)を増やすために専用のランディングページが重要となります。

また、ページ移動がある通常のホームページでは訪問者の離脱が増えやすいことも理由としてあげられます。集客におけるゴールである、注文や資料請求などの「コンバージョン」といわれる具体的なアクションを獲得することに特化しており、WEB上に優秀な営業のセールストークを作る狙いというと分かりやすいでしょうか。

LP作成前に必要な事

LP作成前に必要な事
定番の項目を含めるようにすると、効果が高いと言われています。

①キャッチコピー
②問題提起や共感
③商品説明
④利用者の声
⑤差別化
⑥よくあるご質問
⑦CTA

以上の7点が、LPの内容に盛り込まれるべき部分になります。

①キャッチコピー

ファーストビュー(スクロールせずに最初に目にする範囲)で見たいと思ってもらえるキャッチコピーが重要となります。訪れたユーザーがそのLPを見るかどうかの判断は数秒だと言われているためです。
ユーザーの視点は左から順に見ていくため、大事なキャッチコピーは左側に配置するのが基本です。

また、◯◯ランキングNo.1など、権威づけと言われるポイントがあれば一緒に記載するようにしましょう。費用がかかりますが、キャッチコピー制作をしている株式会社に依頼する方法もあります。

②問題提起や共感

問題提起の具体例として、◯◯で困っていませんか?、もっと◯◯したいアナタのために◯◯〜などといった関心をもってもらえるような内容を意識した部分が必要になります。

③商品説明

ユーザーにどのようなメリットがあるのか分かる商品説明が重要です。ユーザーに興味をもって読み進めてもらうためにも、商品の機能だけを説明する事のないようにしましょう。

④利用者の声

利用者の声は信用を得るために重要なポイントになります。利用している人がいることを具体的な体験をもとにすることでユーザーに安心感が生まれます。

⑤差別化

当社の化粧品は他社よりも効果が1日長続きするなど、この会社のこの商品でなくてはできない事が伝わる差別化が重要となります。他社からの購入などといった選択肢をなくす事ができます。
相場が分かるような安さや特別な機能など、しっかりとアピールすることで違いが生まれます。

⑥よくあるご質問

よくあるご質問は、「LPを見たけどまだわからない点があるから聞きたい」という思いに応える部分になります。
こちらは商品の利用を前提に見る人が多いため、利用するなら何を気にするか?をおさえることができているかがポイントになります。

⑦CTA

CTAとはCall To Action(コール トゥ アクション)の略で、行動喚起、具体的な誘導を行うものをさします。
目的によって異なりますがたとえば、お問い合わせボタンからお問い合わせページへ誘導するなどのものです。
マーケティングにつながる重要な部分です。サービスを利用してもらうために設置場所は最後だけにせず、各項目の後に細かく設置しましょう。

LP作成の流れ

LP作成の流れ
7点を考慮し、構成を決めた後は以下の流れで作成完了です。

完成イメージの作成

構成を決めたら、イメージ作成に入ります。クライアントから画像素材の提供がある場合はそちらを使って作成となる場合もあります。
また、提供素材がない場合は無料のフリー素材を使うことになる場合もあります。

LP構成で決めた内容が全て含まれるよう、AdobePhotoshopAdobeIllustratorなどを使って作成します。使用ツールは状況により異なります。
なお、AdobeIllustratorの使い方はこちらの記事を参考にするとわかりやすいですよ。

Webサイト上に作成

完成イメージを見ながら、パーツに分けて画像データを書き出し。
画像でなくてもよい部分はテキストに変えるなど、ページの表示速度や後々の修正が簡単になるよう考慮して作成していきます。

LP作成ツールをご紹介

LP作成ツールをご紹介
LP(ランディングページ)作成ツールという、専門知識なしで簡単に作れるサービスもあります。
成果が出るLPを作るのであれば専門の制作会社に依頼した方が良いのですが、LP作成を無料、もしくは低コストで行える利点がありますのでご紹介しておきます。

ペライチ
Instapage
Wix
strikingly
WordPress

上記は特におすすめです。各サービスの詳しい解説はこちらの記事で紹介されています。

LPは基本を理解して作成しよう

「LP(ランディングページ)」とは何か

  • 専用のランディングページでは通常のホームページではできない集客を行う。
  • LP作成前に定番の7項目を決める。
  • 完成イメージの作成→実際に作成の流れですすめる。
  • LP作成を専門の会社に頼むのが難しければ作成ツールを活用する方法もある。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree