ホームページ制作会社の選び方!注意すべきポイントとは?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

クライアントや求職者などが、会社のことを知ろうと思ったときに、必ず見られるのがホームページです。つまり、ホームページがしっかり作りこまれていないようでは、会社の信用を落とす可能性もあるということです。では、自社のサイトをどういう業者に制作してもらうのがいいのでしょうか?ここでは、その選び方のコツを紹介していきます。

 

まずはホームページ制作の目的を決めよう

自社のホームページを作成する際は、そのWebサイトをどのように生かしていきたいかを考えましょう。

 

Webサイトを作りたいと思う理由は企業によって様々です。例えば、採用に向けてのブランディングのため、大手企業との取引も多い会社が、クライアントに向けての信用力を得るため、などです。

メッセージ発信したい方のペルソナをしっかり立てて、自社がサイトを通じて、ペルソナに響くようなホームページを依頼する必要があります。

 

ここでイメージするサイトを制作する目的をぼんやりしたまま依頼すると、業者に関わらず、失敗することが多くなります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

ホームページ制作会社の選び方

自社サイトをどういう風に作っていきたいかのイメージが固まってきたら、ようやく制作会社を探す作業に入ります。ただ、ホームページ制作会社といっても、都内だけでかなりの数があり、種類や規模も様々です。そのため、選定にはある程度の基準を設けたほうがいいでしょう。

 

検討する制作会社の自社サイト

ホームページを作ろうと考え、制作会社を検討するとき、必ずその会社の自社サイトをチェックしてください。自社のサイトがしっかり作りこまれていない会社に、制作をお願いしても、それ以上のクオリティのものは出てきません。そのため、会社の制作クオリティを測る、一つの基準になります。

 

会社規模

ホームページ制作会社の規模は、1人で行なっているところから、100人以上のスタッフで行っているところもあります。

結論から言うと、1人で制作全般を行なっている会社は避けたほうがいいでしょう。WEB制作には、「ディレクション業務」「デザイン」「HTMLコーディング」など様々な業務があります。

そして、それぞれの業務に専門性が必要であるため、各仕事のプロフェッショナルがそろっている会社を探すのがいいでしょう。最低でも20~50人ほどのスタッフがいる会社であれば、各業務のプロフェッショナルがそろっている可能性が高いといえます。各業務に携われる人が、その会社に何人くらいいるのかをヒアリングしてみるのもいいでしょう。

 

なお、安易に大手の制作会社に依頼するのも危険です。理由として、大手企業は多くの引き合いもあるため、優秀な担当者は大手のクライアントにしかつけないというケースがあるためです。自社の規模と制作会社の規模を照らし合わせながら、依頼する業者を検討していきましょう。

費用感

費用感も制作会社によって様々です。普通のコーポレートサイトを作るとなっても、個人でやられている方であれば数十万円で制作できるところもあれば、100万円以上かかる業者もあり、相場は様々です。一概に、どれがいいとは言えないのですが、もしここで相見積もりをとるのであれば、業者に依頼したいことを、しっかりまとめておきましょう。

 

例えば、「コーポレートサイトを作りたい」という依頼があったとしても、制作会社Aは、とりあえず概算で最低限の金額を出したとします。制作会社Bは想定される機能などを見積りに含め、Aよりも高い金額で出したとします。この場合、Aを選ぶ会社が多いのですが、実際に進めていき、しっかりとした費用が出たときには、Bの方が集客性の高いHPを制作できたなどという事態は往々にしてあることです。

安いからお願いするのではなく、費用に対して、しっかり説明を受けたうえで、判断することが重要になってきます。

担当者が優秀かどうか

ホームページの制作では、担当者の能力が大きく影響します。

多くの会社では、

営業 ⇒ ディレクター ⇒ デザイナー ⇒ コーダー と仕事が移っていきます。

 

ディレクターと営業を兼ねている人も多いですが、窓口に立ってくれる方が、どれだけ自分たちの要望をしっかり理解し、社内に適切に伝えてくれるかが重要になります。

このコミュニケーション能力が不足している担当者には注意が必要です。あとあと、全くイメージと違うものが納品されたというケースを引き起こす要因にもなりますので、担当者の能力には十分に注意しましょう。

ホームページ制作会社は選び方に気をつけよう

自社に合った制作会社を選ぶには、非常に多くのポイントを吟味する必要があります。まずはサイトを制作する目的を明確にし、ターゲットを明確にするようにしましょう。

そして、費用だけで簡単に決めるのではなく、様々な視点をもって、自社に合うホームページ制作会社を選定していくことが重要です。

制作会社を選ぶポイントとして、「制作会社の自社サイト」「会社規模」「費用感」「担当者」のチェックを必ずするようにしましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree