独学でWebデザイナーを目指すには

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Webデザイナーになりたい!と思っても、何を勉強してどんなスキルを習得すればいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

転職を考えている人にも役立つ独学の方法を紹介いたします。

独学でWebデザイナーは目指せるのか?

結論から言うと、独学でWebデザイナーは目指すことができます。しかしながら、Webデザイナーにどういったスキルが必要なのか、どこをゴールとおくのかを明確にしておくことが重要です。

独学での勉強だと、身につけるスキルの多さに挫折してしまう可能性も高いので、金銭的・時間的に余裕があるのであれば短期集中型のスクールなどの受講も視野に入れるといいかもしれません。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

独学でWebデザイナーになるために必要なスキルとは?

「Webデザイナー」と言っても、どこからどこまでがWebデザイナーなのか、何を得意とするのか、できることできないことは様々です。もちろん全てができることがベストではあります。しかし、まずは「自分がどんなWebデザイナーになりたいのか」を決めることが独学で学びための最初の一歩となります。

一般的にWebデザイナーという人たちは下記の全てを使いこなすことができます。

  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • Webデザイン
  • デザインツールの使用(Photoshopやillustratorなど)
  • SEOとアクセス解析など

Webデザイン・コーディングが仕事じゃないの?と思われるかもしれませんが、デザイン・コーディングをしていく上である程度のSEO知識やアクセス解析の知識を持っていると、より良いサイトを作り上げることができます。

Webデザイナーとは、かっこいい・かわいいサイトを作ることが仕事ではなく、ユーザーに求められている情報を発信して役立つサイトを作ることが仕事といっても過言ではありません。

独学でHTML/CSSのスキルを身につけよう

HTML/CSSは基本中の基本であり、知識がないとWebサイトを作り上げることができません。最初は難しい言語のように見えるかもしれませんが、学習もしやすく、比較的短期間で基礎を学ぶことができます。

オンラインサービスでHTML/CSSを勉強する

初心者必見!webデザイナー独学のすすめ
こちらの記事でも案内しているように、コーディングに必要なHTML/CSSはオンラインサービスで勉強することができます。無料で応用分野まで勉強できるサービスも増えてきています。知識をインプットしてアウトプットするところまで勉強できるので、効率よくHTMLやCSSのスキルを習得することができます。

本でHTML/CSSを勉強する

HTMLやCSSの本もたくさんあり、オンライン学習に比べて情報量も多いので、しっかりと知識をつけることができます。オンライン学習である程度の基礎知識を積んだら、本を読みながらWEBサイトを制作していくような順番で学習していくと身につきやすいでしょう。

独学でJavaScript/jQueryのスキルを身につけよう

JavaScriptやjQueryはWEBサイトに動きをつける場合に利用します。HTMLとCSSだけで基礎的なWEBサイトを制作することはできますが、JavaScriptやjQueryのスキルがあると、WEBサイトの表現の幅が広がり、使いやすいサイトを作ることができるようになります。

全ての機能を使いこなせる必要はありませんが、基本的な知識は習得しておくとよいでしょう。

オンラインサービスや本でJavaScript/jQueryを勉強する

HTML/CSSと同様、JavaScript/jQueryもオンライン学習が充実しています。独学で基礎知識を身につけるのであれば、まずはオンライン学習で学ぶのがおすすめです。本も基礎から応用、参考書のようなものまで多くの種類が揃っています。オンライン学習の後にまずは1冊、目を通してみましょう。

なお、本を読みながら実際にコードを実装してみると身につきやすいのでおすすめです。

独学でデザインスキルを身につけよう

デザインスキルとは、デザインの基本的な知識や技術です。WEBサイト制作だけではなく、プレゼン資料などにも役立つのでしっかり身につけておきましょう。

デザインのスキルを本で身につける

デザインスキルは、本を1冊読み込むことで、だいぶ知識がたまります。基礎を知っているのと知らないのとでは、デザインの完成に雲泥の差が出るため、知識としてしっかりと勉強しておきましょう。

優れたサイトをたくさん見てデザインスキルを磨く

次に、実際のWebサイトを見て色々なテクニックを学んでいきましょう。綺麗、かっこいい、見やすいと思ったサイトなどたくさん見れば見るほど自分の引き出しが広がり、デザインの幅が広がっていきます。

いいと思ったサイトのデザインをトレースして作ってみるのもスキルの上達に繋がります。
参考:Webデザインを上達させる第一歩「トレース」

デザインツールの使い方をマスターしよう

Webデザインを制作するために、デザインツールの使い方を覚えることはマストです。Photoshop、Illustrator、XDなどのAdobe製品が主流で使われています。デザインツールを使いこなすには、使い込んでいくことが最短の道となるので、まずは1サイトデザインを作ってみる方法が一番いいのではないでしょうか。ツールの使い方がわからなければ、検索するとある程度公式のヘルプなどで出てきますし、色々な記事も出ているので、どんどん調べながら使っていきましょう。

独学でSEOやアクセス解析などの知識を身につける

WEBサイトを制作して運営する中で、SEOの知識は必要不可欠となります。せっかくサイトを作っても、誰も訪れないサイトでは意味がないですよね。どうしたらアクセス数が増えるのか、検索で上位にあがるためにはどんな方法があるのか、など基礎的な部分だけでもいいので独学で身につけておくと、実務で役にたちます。

SEOに関しては実践しないと身につくものではないので、実際にサイト運営をしていく経験が必要にはなります。しかし、基礎的な知識があるかないかでは違いが出るため、知識をつけるようにしておきましょう。

独学でWebデザイナーを目指そう!

Webデザイナーを目指すには、様々な知識やスキルを身につけた上で自分の個性を伸ばしていくことが重要です。基礎的な知識は独学で十分学べるので、経験を積みながら、自分なりのデザインを探していきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree