Webサイトの種類と目的を解説!〜目的に沿ったサイト制作をしよう〜

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ネット上にはさまざまな種類のWebサイトがあります。Webサイトの目的や用途に合わせたサイト制作をすることは、集客や売上に大きく関係します。

そこで本記事では、各Webサイトの特徴やメリットを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

そもそもWebサイトとは

Webサイトはindex(トップページ)からはじまり、経営理念や利用規約、お問い合わせなど複数のページに枝分かれしたものをまとめているWebページの集まりのことです。

一口にWebサイトといっても相場や作成期間、コンテンツの種類や数などもまちまちです。

そこで、代表的なWebサイトの種類と特徴について紹介します。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

ブログサイトとは

ブログサイトは、その名の通りブログが主体となっているサイトのことです。

ブログが主体のため、サイトの管理者の記事の更新頻度(情報発信)が重要となります。また、ブログはSEOに強く、検索エンジンで上位に表示されやすいことも特徴の一つです。

 

まとめると

・SEOに強く、検索エンジンで上位に表示されやすいため、広告費コストをかけずに集客を期待できる

・書き手がアイコンのようになりやすく、お客様との距離が近くなる

などがメリットとして挙げられます。

 

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは、簡単に言うと検索サイトのことです。

一口にポータルサイトといってもYahooやgoogleなど総合サイトと言われるものから、会社や学校内で使うもの、地域情報や口コミをのせるものなどさまざまです。

多くの情報が集まるサイトのため、閲覧される回数も多く、広告などを表示して収入を得るといった使い方もできます。

有名なところではホットペッパービューティー価格.comなどがあります。

 

まとめると

・広告収入を得ることができる

・多くの閲覧数を期待できる

などがメリットとして挙げられます。

 

プロモーションサイトとは

プロモーションサイトとは、特定の商品やお祭りのようなイベントを告知することを目的としたサイトのことです。

期間限定で配信されたり、キャンペーン用に使用されることが多く、Webサイトのデザインもパッケージを模したものが多いです。

 

まとめると

・商品やイベントのブランディング力を高めることができる

・期間限定なので企画などを盛り込める

などがメリットとして挙げられます。

 

コーポレートサイトとは

コーポレートサイトは、企業や株式会社の説明のサイトです。主に会社概要やプライバシーポリシー、経営理念、採用情報、お問い合わせフォームなどのコンテンツが盛り込まれています。

わかりやすく言うならば「Web版の企業パンフレット」といった感じです。コーポレートサイトを制作する場合、URLなども会社名で作成するよう注意しましょう。

無印良品などを取り扱ってる良品計画のサイトなどがコーポレートサイトにあたります。

 

まとめると

・会社としての認知度を上げられる

・採用などの会社としての活動がしやすい

などがメリットとして挙げられます。

 

ブランディングサイトとは

ブランディングサイトは、コーポレートサイトやプロモーションサイトと似ていますが、多くの場合、商品認知やブランディングを目的としています。

期間限定で使われることはあまりなく、一押し商品を紹介するホームページとして多く使われています。

ブランディングサイトのサイトデザインはパッケージを模したものが多いです。また、URLなども会社名で作成するように注意しましょう。

 

先ほどの良品計画を例にすると、ブランディングサイトは無印良品のカレーサイトなどがあげられます。

 

まとめると

・自社の商品やブランドの認知

・専門ページを作成することにより販売促進できる

などがメリットとして挙げられます。

 

ECサイトとは

ECサイトはオンラインショップのことです。electronic commerce(電子商取引)の略でWeb上でお店を開くことができます。

ECサイトもポータルサイトと同じく、yahooや楽天などといった複数サイトの商品を取引している複数店舗モール型と言われるものから、単店舗型のもの、起業に向けたBtoBのものなど、多くの種類があります。また、インターネット経由のため、人件費や店舗の賃貸料金などが必要ないため、実店舗のある市場の相場より安く商品を提供することできます。

 

まとめると

・実店舗がなくても商品を販売できる

・Webで買えるため、店舗までの距離と関係ないユーザーをターゲットにできる

などがメリットとして挙げられます。

 

ランディングページとは

LP(ランディングページ)はサイトではないですが、1ページで完結する商品やサービスを売り込むためのWebページのことです。

これまで紹介したWebサイトとの違いは、googleなどで検索した際、LPは広告部分に表示される点です。

 

SNSなどを活用することで、ユーザーが欲しい情報を見て欲しい順番で的確に相手に伝えることができるため、売り上げを伸ばしやすいのが特徴です。

 

なお、サイト制作には文章によるSEOなどが重要となるため、あまり派手なデザインのサイトは好まれません。しかし、LPは画像が多いためSEOに作用されづらく、サイトよりも目立つデザインを作成することができます。

 

まとめると

・興味のあるお客様の目に商品が届きやすくなる

・SEOなどにあまり左右されず派手なページを作成することができる

などがメリットとして挙げられます。

 

Webサイトの種類と目的を理解して使い分けよう

紹介した6種類のWebサイトとLPはそれぞれ目的によって使い分けが必要です。

どのWebページを作成する際でも、ターゲットとなるユーザーやコンセプトを明確にした上で、目的に合わせたWebサイトの種類を選択するようにしましょう。

 

そのためには、紹介した各Webサイトの特徴やメリットをしっかりと理解することが大切だといえます。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
サイト制作
tree