Webディレクターの仕事とは?必要なスキルや年収について徹底解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


Webディレクターとは、サイトの制作時に、デザイナーやプログラマー、コーダーなどの担当者をまとめ、クライアントの要望を満たすサイトをつくりあげていく仕事です。サイト制作におけるプランナーとなり、納期やサイトのクオリティなどすべてを管理していく必要があります。今回は、ウェブディレクターの仕事内容について解説していきます。

 

Webディレクターは管理をする仕事

Webディレクターは管理をする仕事

Webディレクターは、Webサイト制作においてすべてを管理、進行する役割を担います。クライアント様がもとめるものと社内チーム(デザイナー、SEO担当者、ライター、コーダー、プログラマーなど)をプランナーとしてまとめあげ、進捗の管理、クオリティーの管理などをすることがミッションとなります。

<業務内容>

  • クライアントに対して、最善のサイト設計を提案
  • 各案件に対して、適切な作業スタッフの選定
  • サイト制作における、全体のスケジュールの設計と管理
  • サイト内コンテンツのクオリティーの管理 など

 

Webサイト制作に関わるスタッフの選定

Webサイト制作に関わるスタッフの選定

Webサイトの制作を始める前にデザイナーやコーダーなど、そのプロジェクトに適したメンバーを選ぶのはとても大事な作業です。なぜなら、デザイナー1人とっても、きれい目のデザイン作成が得意やかっこいいデザイン作成をするのが得意など、得手不得手が分かれるからです。

案件の特徴、クライアントの要望をまとめ、クライアントである会社との相性などもみながら、人材配置をしていきます。Webディレクターが、人材管理をうまくできないと、なかなかクライアントの望むものが提出できなかったり、スケジュール通りに進められないなどの問題も発生します。

サイト制作全体のスケジュール管理

サイト制作全体のスケジュール管理

Webディレクターとして制作しているサイトを、納期までにきちんと納品できるよう無理のないスケジュールを組むことが大事です。

また納期までにスケジュールが遅れている場合、クライアントに状況説明をし、納期のリスケジュールを行うこともWebディレクターの仕事です。どうしても納期を変更できない場合は、自社の担当案件外スタッフにヘルプをお願いすることも必要になってきます。ディレクションしているプロジェクトが複数同時進行している場合もありますので、スケジュール管理能力がないとすべてのプロジェクトを管理するのは難しいです。

クオリティーの管理

クオリティーの管理

Webサイト制作において、お客様の望むものに限りなく近い、もしくはそれ以上のクオリティーへと導いていくことができるかどうかで、ディレクターの能力が問われます。

お客様が求める物以上のWebサイトを作り上げるには、まずクライアントのニーズを正確に聞き出し、Webサイトの制作目的をはっきりさせることが大切です。そのうえでプランナーとして、近年の流行なども加味しながら、最善と思われるサイトの仕様をクライアントに提案します。制作が進んでいくなかでも、制作物と先方の望むものが一致しているかを確認しながら進行させていく必要があります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

Webディレクターに必要なスキルとは?

Webディレクターに必要なスキルとは?

Webディレクターをする上で必要な資格や経験は一切有りません。ただ、最低限、身につけておかなければいけないスキルや知識はあります。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキル

Webディレクターにとってコミュニケーション能力は一番重要なものになります。営業担当者からWebサイト制作に必要な情報を聞き出す時や、自分の会社内での情報の共有や作業を円滑に進める時、コミュニケーションスキルが無いと情報共有や作業をスムーズに進めることができません。また、クライアントとの折衝の際にもコミュニケーションスキルが必要です。ミーティングでニーズを調査し、クライアントが納得のいくWebサイトへと仕上げていきます。

Webディレクターは、クライアントと社内のチームの中間に位置し、情報の橋渡しをしながら、プロジェクトを滞りなく進めていく要となります。

Web制作におけるデザインやフロントエンド知識

Web制作におけるデザインやフロントエンド知識

WebディレクターはWebデザインやコーディングを担当することはありません。ただ、最低限のHTMLの知識がないと、社内でのコミュニケーションがうまくまわらないことが出てきます。

社内スタッフやクライアントとの会話で出てくる専門用語などは一通り理解できるようにし、同じ知識基準で会話ができるようにしておくことが必要です。また、HTML、CSS、JQuery、JavaScriptの知識があれば、どんな機能が必要かなどをイメージしながらワイヤーを作り、提案していくことができるため、クライアントに提案できる内容の幅が広がります。

マーケティングスキル

マーケティングスキル

WebディレクターはWebサイトの目的とゴール、ターゲット層を理解した上でディレクションを行なっていますので、Web広告などのプロモーションの部分まで提案をできる立場にあります。

代理店を通じて広告媒体を提案してもらう場合もありますが、最低限のWeb広告媒体の特徴やメリット、デメリットを理解し、クライアントに提案できるようにしておく必要があります。基本的にWebサイトは作成して終わりの会社が多いですが、その後のプロモーションまで提案できるようにすることによって、サイト保守なども含めた長期の付き合いができるようになります。

情報収集スキル

情報収集スキル

Webサイトは専門知識だけで作れるものではありません。Webサイトの仕様やデザインにもそのときの流行りがあり、ユーザーに何が求められるのかは流動的に変化します。だからこそ、クライアントのユーザーが求めているものに適したサイトが作れるよう、日々情報収集する必要があります。競合他社のサイトを定期的にチェックし、うまくいっている事例なども頭に入れておきましょう。

インプットした情報をもとにクライアントごとに会社ごとの提案ができるようになるため、クライアントの満足度もあがります。

Webディレクターの平均年収は?

Webディレクターの平均年収は?

Webディレクターを目指す人にとって、仕事内容と同様に、業界平均年収は気になるところだと思います。個人の経歴やスキルなどによっても年収に差は出てくると思いますが、DODAの調査によると、Webディレクター業界の平均年収は451万円と言われています。

デザインだけやコーディングだけでなく、多種多様な知識とスキルが必要なため、人材としてはかなり希少な職種になります。だからこそ、デザイナーやコーダーよりも業界平均年収は高い傾向にあるようです。自分自身のスキルレベルを高めていければ、より高額な年収が期待できる仕事でもあります。

Webディレクターの求人需要は増えている?

Webディレクターの求人需要は増えている?

Webディレクター業界の求人は増加傾向にあると言われています。規模や地域に関わらず、どの会社でも自分の会社のWEBサイトを持つことが当たり前になってきていることもあり、サイト制作の需要自体がかなり高まっています。そのため、Webディレクターの需要も増えているようです。

Webディレクターとして就職、転職をする際は、自分のスキルと経験をどれくらいアピールできるかが重要です。前述したように、Webディレクターにはたくさんの知識やスキルが必要になりますので、すべてのスキルを兼ね備えた人材であることをアピールすることが大切です。

過去に、Webサイトのディレクションに携わった経験があれば、そのときの成功体験を話すことも有効的です。自分自身のスキルを明確にアピールできれば、求人需要も高い業界である為、採用につながる可能性は高いといえます。

Webディレクターはやりがいのある仕事

Webディレクターはやりがいのある仕事Webディレクターとして活躍するには多くの知識や経験が必要になってきます。ただ、プロジェクトの中心に位置し、メンバーを動かしていくことは十分にやりがいを感じられるものでもあるといえます。

また、マーケティング戦略などを見据えた上で、案件を進めていくため、リーダーとして事業を作っていく力も身についてきます。しっかりとしたスキルを身につければ、求人需要も高く、年収も上がりやすい職種です。Webに携わる仕事をしながら、事業の中心となってまとめていく仕事をしたい方にはおすすめの職種です。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree