SEO(検索エンジン最適化)とは?初心者用の基礎知識

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ウェブサイトを運営している方なら、『SEO』という言葉を耳にする機会があると思います。

今回は『SEO(検索エンジン最適化)』という言葉について知らない人にも、分かりやすく説明していきます。

SEO(検索エンジン最適化)とは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略であり、検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンでキーワードを入力し、検索結果ページでホームページが表示される順位を上げる取り組みのことを”SEO(検索エンジン最適化)対策”と呼びます。

日本の検索サイトといえば、代表例として「Yahoo!」と「Google」の2つが挙げられます。日本国内では「Google」が7割「Yahoo」が2割というデータがあります。この2つでSEO対策ができていれば、あなたのSEO対策は成功と言えるでしょう。

さらに、「Yahoo」は「Google」の検索技術を使用しています。「Google」への『SEO対策(検索エンジン最適化)』ができれば「Yahoo」も対策できたことになるのです。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

SEO(検索エンジン最適化)は上位表示を狙うものではありません

 

自社サイトを運営している方は誰でも、できるだけ多くの方に見てもらいたいと思いますよね。多くの方が、検索ランキングの上位に表示され、アクセス数を多く獲得することを望んでいるのではないかと思います。

しかし、『SEO(検索エンジン最適化)』の本質は、検索上位へ表示させることではありません。

あくまで、「ユーザーの求める情報やコンテンツを提供し、ユーザーが自然に自社ウェブページに訪れ、最終目標とされる成果を達成する」ことです。

成果獲得は、サイト運営側によってさまざまです。「お問い合わせ」や「資料請求」、「商品やサービスの購入」などが、成果とされます。

単に上位を狙って、ユーザーのニーズに適していない情報やコンテンツでウェブページを作成し、上位狙いのためだけのキーワードで検索結果の順位を上げても、自社サイトでの成果獲得は困難でしょう。

良質なコンテンツとは?

あなたのホームページは良質なコンテンツ(ユーザーのニーズに適した記事の内容)ですか?

Googleでは、「良質なコンテンツ」と判断する基準が明確に記載されています。

・ユーザーが利用しやすいサイト構造であるか

・ユーザーのニーズに合った有益な内容であるか

・オリジナル コンテンツであり、適切な文章であるか

・ホーム ページのコンテンツボリュームが適切であるか

・安全なサイトであるか

様々な基準を挙げさせてもらいましたが、簡潔に言えば、ユーザーの欲求を満たすことのできるコンテンツが、良質なコンテンツといえるでしょう。

逆に、オリジナルであり、コンテンツのボリュームなどが最適であったとしても、ユーザーがコンテンツを消費して、欲求を満たせなかった場合は良質なコンテンツとは言えないのです。

まずは、上記の判断基準に沿った良質なコンテンツの作成から始めていきましょう。アクセス数を短期的に激増させることはできないかもしれませんが、数週間・数か月後といった中長期のスパンでアクセス増加が期待できます。

良質なコンテンツ作成後に行う対策

SEO(検索エンジン最適化)対策には、大きく内部と外部の2つの施策があります。

内部対策とはその名の通り、サイト内部での対策です。

また、コンテンツ自体も重要ですが、ページのタイトルや見出しタグも重要です。

これらは検索順位に影響する基本的なものですが、適切な内容でないとSEO(検索エンジン最適化)的に、大きな損をしていると言えます。

ページのタイトルや見出しタグは、不自然にキーワードを無理やり埋め込んでもそのうち順位を落とします。ユーザーにとって最適なキーワードとは何かを考えてみましょう。これらのポイントを押さえて、地道なコンテンツ作りをしていきましょう。

内部対策同様、外部対策とはその名の通り、サイト外部での対策です。

ユーザーが自社サイトのページを見て、そのニーズを満たす必要があります。外部から見たサイトの信頼性や有益性も重要な要素です。そのためにサイト外部の指標が、そのサイトの価値を測るために用いられるのです。

内部対策と外部対策はどちらか一方だけでは、SEO(検索エンジン最適化)の効果は期待できません。2つの対策を両立してこそ、SEO(検索エンジン最適化)対策なのです。

SEO(検索エンジン最適化)まとめ

時代や技術により、様々な変化があるのがSEO業界ですが、大切なのはユーザーにとって有益なコンテンツを作り続けること。これは時代や技術が変わっても変わらないものだと思います。ユーザーにとって有益なコンテンツの作成は、最終的に上位表示に繋がります。そのことを忘れず、SEOに取り組むことをおすすめします。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree