リライトとは?対象記事の選定と書き方のコツ

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ブログサイトの運営を行っていると、参考記事をもとに文章を執筆したり、公開後の記事の状態が悪い場合手直しを行っているかと思います。本記事では、ブログ運営初心者の方に向け、リライト記事の選定からリライトの方法までをご紹介します!

リライト作業とは?

リライトとは、記事の意味を変更せずに、現状よりも良いコンテンツとなるように文章の編集を行う事です。

一般的なリライトは、元の文章よりも分かりやすく、ユーザーにとってより読みやすい文章になるように表現の変更行います。しかし、文章の修正だけでなく、同じキーワードでもその時々で検索するユーザーの検索意図が変わります。Googleはユーザーの検索意図を考慮して検索順位を決定しているため、リライトを行う際には現在の記事がユーザーニーズを満たしているかの確認を行い、修正をする必要があります。

リライトと文章校正の違い

文章校正は、文章中の誤字脱字や文法など言葉の使い方の間違いを修正し整えることを指します。そのため、丁寧に一言一句確認していく必要があります。文章校正では起承転結から記事の校正を変更することはありますが、ユーザーにとってわかりやすい文章へ書き直すというポイントはありません。

間違ったリライト方法

  • 文章の語尾や「てにをは」の変更
  • 文章内で使用している単語を類似した単語に変更
  • 文章の入れ替え

上記は、リライトを行ったとは言えません。
「しまった!」とドキッとしている方が大勢いると思います。
これらのようなリライトを行っていると、最悪の場合、著作権侵害となる可能性があります。コピペ記事はサイト全体の評価を下げる原因にもなるため絶対に行わないで下さい。

リライトのポイントとやり方

リライトを簡単に行うためのポイントをご紹介します。

調べた内容・原文は単語も含め理解する

参考にしたい記事の内容・用語を完全に把握することで、自分なりの考え・意見を持つことができます。また、言葉(単語)の意味まで理解することで、専門的な言葉を使用せず、自分の言葉で表現することができ、オリジナリティを出すことができます。

記事をしっかり読み、リライトの際は参考記事は見ない

記事の理解が済んだら、自分の中でどのような記事にするかを決め、リライトに取り掛かります。経験上、リライト時に参考記事を見ながら執筆を続けた場合は参考記事に似てしまったり、コピーチェックで引っかかりやすくなる傾向にあります。

誰に向けての記事なのかを明確にする

男性なのか、女性なのか、同じ検索キーワードでも読む人の年齢によっても書き方は異なります。男性にはデータをもとに説明したほうが納得しやすいが、女性は感覚的な表現と共感が重要です。読む人のペルソナ像を明確にするだけで自分自身も記事が書きやすくなるのではないでしょうか?

ペルソナ像の作り方については、本サイト内の下記記事を参考にしてみて下さい。
良質なペルソナの作り方と分析手法

内部リンクの見直し

記事を書いた当初は、内部リンクを使用して紹介するページがなかったかもしれませんが、リライトを行うタイミングによっては紹介できる関連記事が増えているかもしれません。

内部リンクは記事と記事をつなぎ、クローラーの動きをつなげる働きと、ユーザーに次のページの遷移を促すことでPV数(ページビュー数)を増やし、滞在時間を伸ばす働きがあるため、リライト時には積極的に使用しましょう。

自分の考えも記載する

事実だけが書かれていては、説明書と同じです。
他のサイトと代わり映えしない記事となってしまうでしょう。事実をどの視点から見てどのように考えたかという部分でオリジナリティを出しましょう。自分の見解を根拠を持って書かれたサイトはやはりユーザーから好まれる傾向にあります。

リライトが必要な記事の選定方法

ユーザーニーズを満たせていないのでは?もっと読みやすい記事を書けたんじゃないかと思い、過去に書いた記事を全てリライトしたくなる気持ちはわかります!!

しかし、何のデータも見ずにリライトをしてしまうのはもったいないです。剣を使うためには、剣の扱い方を学ぶ必要があるのと同じです。がむしゃらに剣を振り回しても切り込めるのはまぐれです。では、選定方法の話に入ります。

既に評価されている記事からリライトを行う

検索順位で評価されていない記事(圏外)を評価される(100位圏内)にすることより、100位圏内の記事を25位程度に上げるほうが簡単で、アクセス増加を狙いやすく、数字で感じやすいです。

以前は25位程度であった記事の順位が下がった場合にも、リライトは有効です。この場合は競合サイトに書かれていて自分のサイトには書かれていない内容を理解し、自分なりの見解も含めて記事の中に入れ込むと良いでしょう。

Google Search Consoleの利用

検索パフォーマンスから、ページ単位で順位動向やCTR(クリック率)等を確認することで、どのページからテコ入れすると効率が良いかを判断することが可能です。

リライト順だけでなく、ページに流入しているクエリ(キーワードの一覧)を確認し記事内の内容、タイトルや見出しに使用していくことでユーザーに求められている内容を記事に反映することができます。

表示回数は多いのにクリックされていない場合はタイトルやdescriptionの見直しを行うと良いでしょう。

検索順位が低いにも関わらず、表示回数が多い場合は、上位表示サイトにユーザーの求める内容が書かれていない、もしくは、ユーザーの悩みが深いために様々なサイトで情報を集めたいと考えている可能性があります。この場合、コンテンツの見直し・追加が効果的です。

リライト後には結果を確認する

目的によって異なりますが、リライトをしても必ず良い結果が出るとは限りません。

  • 検索順位の上昇
  • 内部リンクのCTR(クリック率)上昇

リライトの目的を明確にし、リライト後の結果をGoogleAnalyticsGoogle Search ConsoleGRCなどを使用し、何が良かったのか、何が悪かったのかを確認し次に活かしましょう。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree