SEOキーワード選びのポイントをわかりやすく解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

SEOキーワード選びのポイントをわかりやすく解説
自社のホームページでSEOの効果を上げるにはキーワード選びは大切です。「SEOの効果が思ったように出ない」「SEOキーワードの選び方がわからない」という悩みを抱えている方に向けて、SEOキーワード選定の重要性と選び方についてご紹介します。

SEOキーワード選びの重要性

SEOキーワード選びの重要性

SEOキーワードはユーザーのニーズに狙いを定めて選ぶことが重要です。

例えば、ホームページで若者向けの商品を出品していても、狙っているキーワードが年配の人しか検索しないようなキーワードなら、若いお客を集めるのは難しいです。狙っているキーワードでSEO対策をしても、ホームページにアクセスするのは年配の人ばかりになります。

ターゲットのユーザーが全く使わないキーワードでは、来てもらいたいユーザーを集められないので、ターゲットは誰でどのようなキーワードで検索するのかを考えなければいけません。

また、キーワードとコンテンツがマッチしていれば、検索エンジンから良質なコンテンツと評価され検索順位が上がりやくなります。SEOキーワードマーケティングはSEOの効果をあげるために重要です。

Googleトレンドでユーザーのニーズを予測する

Googleトレンドでユーザーのニーズを予測する

Googleトレンドでは、世の中で数多く検索されている話題のキーワードを知ることができます。流行性を知ることができる他、Googleトレンドでできることを下記にまとめました。

  • 最大5つのキーワードの対比ができる
  • 過去数年間のキーワード検索回数の推移をグラフで確認ができる
  • 特定の地域や期間の選択・比較ができる
  • 関連キーワードの情報の確認できる
  • 急上昇した検索キーワードとYouTube動画の確認できる
  • トレンド情報(トピックや特定のキーワード)のメールを受け取れる

Googleトレンドグラフ

Googleトレンドで過去の検索キーワードの推移や、変化を確認することで現在のキーワードニーズを予測できます。Googleトレンドは登録不要で誰でも利用できるので、SEOキーワードを選定するためにを活用してみてください。

SEOキーワード選定の手順

SEOキーワード選定の手順

基本手順を覚えれば、SEOキーワードの選定は難しいのもではありません。SEOキーワードの選定は、以下の3つの手順で行います。

  • SEOキーワードの候補を出してみる
  • SEOキーワードを調査する
  • 競合性をチェックする

丁寧に手順通り進めていけば、SEOキーワード選定がスムーズにできるはずです。

SEOキーワードの候補を出してみる

まずはホームページに集客できそうなSEOキーワードを選びます。思いつくキーワードを出していきましょう。

ホームページを上位表示させたいSEOキーワードだからという理由で選ぶのではなく、ユーザーが検索しそうなSEOキーワードを洗い出してください。ホームページを上位表示させたいSEOキーワードは実際にユーザーが検索するキーワードとは限らないので、アクセス数を増やすのは難しくなります。

SEOキーワードの候補を出したら、候補を中心にSEOキーワードを増やしていきます。関連キーワードを取得するツールを使うと便利です。Yahoo!知恵袋、教えて!goo、Googleサジェストを元に関連するキーワードを取得できます。世の中で検索されているキーワードを表示してくれるだけでなく、Yahoo!知恵袋や教えて!gooからユーザーが探している情報もわかります。

関連キーワード取得ツールr

関連キーワード取得ツール:https://www.related-keywords.com/

関連キーワード取得ツールの他にgoodkeywordもおすすめです。goodkeywordは、Googleサジェストやマルチサジェスト元に関連するキーワードを取得できます。

goodkeyword

goodkeyword:https://goodkeyword.net/

SEOキーワードを調査する

無料ツールを使ってSEOキーワードを調査します。主なSEOキーワードを調査するツールは、広告出稿サービスも提供しているGoogleAdWordsのキーワードプランナーです。GoogleAdWordsのアカウントがあれば誰でも無料で利用できます。キーワードプランナーを利用すると、複数のSEOキーワードの検索ボリュームを見ることができダウンロードも可能です。

キーワードプランナー

GoogleAdWordsのアカウントを持っていない場合、キーワード検索数チェックツール(aramakijake)をおすすめします。誰でも無料で利用できることがメリットですが、1キーワードずつしか検索できないのがデメリットです。

aramakijake

aramakijake:http://aramakijake.jp/

SEOキーワードに選んでよい検索ボリューム数は決まっていません。まずは検索ボリュームの多いSEOキーワードを探してみましょう。検索ボリュームの少ないSEOキーワードは、ユーザーのニーズがあまりないのでホームページへの流入数も少なくなります。

しかし、検索ボリュームが多いということは競合性も高くなります。目安として検索ボリューム数1000以上はボリュームが多いです。SEO対策を初めてするホームページなら、検索ボリューム200~500程度のSEOキーワードを選んでもよいでしょう。

競合性をチェックする

自分のホームページが競合サイトに勝てそうか調べましょう。実際に狙いたいSEOキーワードを検索してみます。検索結果の1ページ多~2ページにかけて有名サイト、まとめサイト、アマゾンや楽天のようなECサイトなどが多い場合は、上位表示が厳しいので絞り込んでSEOキーワードや別のSEOキーワードを選定してみてください。

また、Googleのリサーチディレクターを務めているピーター・ノーヴィ氏が、Google検索エンジンで検索した際に多種多様な検索結果が表示されるようになっていると発言しています。検索結果の1位サイトと同じような結果を、2位のサイト以降からは出さないようにしているということです。

ユーザーのニーズに狙いを定めてSEOキーワードを選定すること、実際に狙いたいSEOキーワードの検索結果を知ることが大切です。

SEOキーワード選定後はコンテンツを整えよう

SEOキーワード選定後はコンテンツを整えよう

SEOキーワードを選定したら、コンテンツを整えることが必要です。SEOキーワードとコンテンツの内容が一致しなければ、検索エンジンとユーザーにSEOキーワードについてのサイトと認識してもらえません。

特に気を付けたいポイントは

  • SEOキーワードをtitleタグに入れる
  • SEOキーワードを本文に入れる
  • SEOキーワードをh1タグ・h2タグに入れる
  • 複数のSEOキーワードを1ページ内に入れない

SEOキーワードをtitleタグに入れる

titleタグとは、ホームページのタイトルを示すために用いられるHTMLタグのことです。titleタグには選定したSEOキーワードを入れ込みましょう。タイトルが省略されないように、タイトルの文字数は全角で30文字程度で設定してください。また、タイトルはホームページの内容を簡潔にまとめてください。

Googleなどの検索エンジンがサイトを評価するときにtitleタグも参考にします。titleタグを最適化すればホームページの検索順位を上げられる可能性があるので、SEO的に効果をあげるためにtitleタグは重要です。

SEOキーワードを本文に入れる

SEOキーワードは、ホームページの本文中にも入れましょう。本文の前部に多くSEOキーワードを入れ込むとSEO的に効果的ですが、文章が不自然にならないように気を付けてください。不自然にSEOキーワードが多いと、ペナルティの対象となる可能性があり検索順位が下がってしまします。

SEOキーワードをh1タグ・h2タグに入れる

h1タグ・h2タグなどの見出しタグは、検索エンジンとユーザーに正しくホームページ内のコンテンツ構成や内容を伝えるために用いられるタグのことです。見出しタグはh1から h6まであります。見出しタグの数字が小さいほど重要度が上がり、特にh1タグは検索順位に関わる大切なタグです。SEO的の効果が期待できるので、h1タグ・h2タグの見出しの中にもSEOキーワードを入れましょう。

複数のSEOキーワードを1ページ内に入れない

1ページの中に複数の異なるSEOキーワードを入れないようにしましょう。1ページ内に異なるSEOキーワードが多く入っていると、何についてのページかはっきりわかりません。何についてのページかわからないということは、検索エンジンも評価や判断ができません。1つのSEOキーワードに絞りページに入れ込み質の高いコンテンツを作りましょう。

有料ツールを使ってSEOキーワード選定の効率を上げる

有料ツールを使ってSEOキーワード選定の効率を上げる

無料ツールを使ってSEOキーワード選定する方法を紹介しましたが、SEOキーワード選定の経験や知識が浅い方は、有料のツールを使ってSEOキーワードの選定をする方法があります。有料ツールを活用することでSEOキーワードの選定する時間を省け、間違ったSEOキーワードの選定を防ぎます。

参考:KEYWORD FINDER

有料ツールのKEYWORD FINDERでは、キーワードの順位を取得や期間ごとに競合サイトの比較が可能です。また、無料でお試し体験やサポートを受けアドバイスをもらえることができます。

効果的なSEOキーワードを選定しよう

SEO対策を始める前に、集客をするためには適切なSEOキーワードを選定することは大切です。「高品質のサイトや記事を作っていても、アクセス数が増えず売り上げが上がらない」という問題が発生しているのなら、SEOキーワード選びを間違えている可能性があります。今回紹介した方法をぜひ試してみてください。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree