【記事の書き方まとめ】初心者必見!Webライティングのコツをわかりやすく解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

【記事の書き方まとめ】初心者必見!Webライティングのコツをわかりやすく解説
メディアサイトの記事の書き方はブログやSNSとは違います。そこで今回は、Webライティング初心者が必ず抑えるべき7つのポイントをわかりやすく解説します。サイトへのアクセス数を増やしたい方必見です。

記事の書き方1:テーマを設定する

記事の書き方1:テーマを設定する-min
ブログやSNSなどでその時々の情報を発信することとは違い、メディアサイトの記事の書き方として、最初に記事のテーマを設定する必要があります。テーマを決めずに記事を書くと、必要なコンテンツが不足してしまったり、逆に不必要なコンテンツが増え過ぎてしまったりして、読者に内容が伝わらない記事になってしまいます。「誰(ペルソナ)」が「何」を知りたくて記事を読んでいるのかを意識することで、より多くの読者が満足する記事を書けます。

例として、「記事の書き方」と検索している人が知りたい情報について考えてみましょう。「記事の書き方」と検索している人は、「これから記事を書こうと思っている人」で「記事の書き方の基本やコツ」を知りたくて検索していると考えられます。そのため、記事のテーマを「初心者でも理解できる記事の書き方の基本やコツ」に設定すると多くの読者に満足してもらえる記事を書けるでしょう。

このように、記事のテーマを設定することで記事に書くべき内容もおのずと決まってきます。そして、読者の満足度が高い記事を書くことで検索エンジンからの評価も高くなります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

記事の書き方2:タイトルを考える

記事の書き方2:タイトルを考える
記事のテーマが決まったら、次は記事のタイトルを考えます。タイトルを決める際には、次のポイントを押さえるようにしましょう。

  • タイトルを読めば記事の内容が伝わる
  • タイトルにキーワードを含める
    (キーワードに沿った文章を書く場合、タイトル内にキーワードを入れ込むことで、より高いSEO効果が期待されるため)
  • タイトルを32文字以内でまとめる
    (検索結果画面に表示されるタイトルの文字数は、32文字以降は省略されてしまうため)
  • ユーザーの興味を惹くタイトルにする(【】などを使用する)

…など、タイトルを決定する際にはさまざまなポイントがあります。

記事のタイトルの考え方について詳しく解説した記事もあります。詳しく知りたい方はぜひご覧ください。
【関連記事:SEOに効果的なブログタイトルの付け方

記事の書き方3:構成を考える

記事の書き方3:構成を考える
タイトルを決めたら、次は書きたいキーワードに沿った記事の構成(構造)を考えます。構成を先に考える理由は、記事を書いているうちに「あれもこれも…」と文章を継ぎ足していくことで散文気味になってしまい、なかなか記事がまとまらなくなるためです。

ブログならば散文でも悪くはありません。しかし、「キーワードに沿った、まとまった文章」を目指すのならば、構成を考えることで、まとまった文章が書きやすくなります。

記事の構成を考えるコツ

記事の構成を考えるコツ-min
記事の構成を考えるコツは、ずばり「キーワードに対する上位サイトページをしっかり読む」ほかありません。Googleは、ユーザーの疑問(検索キーワード)に対して、もっとも近い回答や解説をしているサイトを上位に表示します。

そのため、まずは上位3~5サイトを参考記事として細部までしっかり読み、キーワードに対して知識を深めます。そして、上位サイトの見出しや記事構成の傾向などを分析し、必要なコンテンツを盛り込みます。さらに、他のサイトにはないオリジナルコンテンツを盛り込みことも意識して構成を考えましょう。

構成と一緒に見出しも考える

構成と一緒に見出しも考える
文章の構成を考える際には、見出しも考えましょう。構成の段階で見出しを細かく設定すると、記事の骨組みが出来上がるため、記事を書いているときに方向性が変わってしまうことを防げます。また、見出しを考える際には、「この見出しではこれを伝えたい」などをメモすることもおすすめです。

見出しや小見出しで記事を読みやすくする

記事に書くコンテンツごとに見出しを設置することは、記事が書きやすくなるというメリットだけではなく、記事が読みやすくなるというメリットもあります。見出しは、読み手に文章の内容を伝える働きもあります。ずらっと並んだ文章の中から自分が持つ疑問への回答を探すよりも、コンテンツごとに細分化された見出しの中から自分の疑問を解決してくれそうな見出しを探して、内容を読む…

読み手の立場となった場合、後者のほうが圧倒的に「読みやすい記事」であると思いませんか?もちろん、見出しを設置することはレイアウト上も読みやすくなります!

見出しは簡潔な文章にする

見出しの文章は、ユーザーに一目で内容が伝わるように簡潔に述べましょう!また、SEO対策を意識したWebコンテンツ文章作成の場合、見出しにキーワードを入れ込むと、よりSEO効果が高まります。

記事の書き方4:前書きを考える

記事の書き方4:前書きを考える
記事の構成を考えたら、次に記事の前書きを考えましょう。記事の前書きとは、記事内で最初に書かれる文章のことです。最初に読まれる文章なので、読者を惹きつけられなければ、離脱につながってしまいます。読んだ人が続きを読みたくなるような魅力的な文章になるように心がけましょう。

前書きは110文字程度で書く

前書きは110文字程度で書く
前書きは、検索結果に表示されることが多い文章です。検索結果には、約110文字程度の前書き部分が表示されるため、前書きを110文字程度でまとめることで記事がクリックされやすくなります。

前書きは読者が読みたくなる文章を書く

前書きは読者が読みたくなる文章を書く
前書きは、検索結果に表示されることが多い文章であるため、読者がついクリックしたくなるような文章を110文字以内で書きましょう。前書きに書く内容としておすすめの例文を紹介します。

【前書き例文一覧】

共感させる前書き
「~という経験はありませんか?」
「~ということがありますよね。」
など、ユーザーに共感をさせ、クリックを誘う方法。
結論から切り出す前書き
「結論から言うと~」
など、ユーザーが求める結論を最初に切り出す方法。
含みを持たせる前書き
「○○は××と言われていますが、実は△△なのです」
など、「実は~」というニュアンスにより、他サイトでは得られない情報が書いてあるとアピールする方法。
説明系
「○○は株式会社××から販売されている製品で~」
など、キーワードに対する説明を前書きとする方法。

記事の書き方5:本文を書く

記事の書き方5:本文を書く
本文を書く際に最も気を付けることは「おかしな文章になっていないか」です。Webライティングでは、次のポイントを意識する必要があります。

  • 間違った表現方法を使っていないか
  • こそあど言葉を乱用していないか
  • 疑問に対する答えを述べているか
  • 意見を述べる場合、根拠も記述しているか
  • 支離滅裂な文章になっていないか

勢いで書くのではなく、しっかり意識をもってライティングしましょう。

句読点の数が適切か見直す

句読点の数が適切か見直す
記事を書いていると、ついつい句読点が少なくなったり、多くなったりします。本文を書いている最中でも、たまに手を止めて句読点の数が適切かをチェックしましょう。

句読点が適切に使われることは、読み手に内容を伝えやすくなります。自分の書いた記事の内容が伝わりづらいと感じるのであれば、句読点を使って一文一文を短くすることで伝わりやすくなる場合もあります。

ひらがな・漢字の連続に注意する

ひらがな・漢字の連続に注意する
一文の中で、連続して漢字・ひらがなが出現すると、文章は途端に読みづらくなります。

    【例】

  • 「文章がひらがなばかりでこんがらがった」
  • 「是非御一報ください」

上記の例のような読みづらい文章をつくらないためには、変換や文章の置き換えなどで文章の読みやすくならないか考えましょう。

こそあど言葉を多用しない

こそあど言葉を多用しない
「この・その・あの・どの」「これ・あれ・それ・どれ」など、こそあど言葉は他人に何かを伝える上で、多用しがちな表現です。しかし、Webライティングで、こそあど言葉を使用することは基本的におすすめできません。理由は、多くのユーザーが、自分の知りたい情報以外の内容を基本的に読み流す傾向にあるためです。

ユーザーが、知りたい情報について解説している見出しを見つけたのに、内容にこそあど言葉が多用されている場合、ユーザーは「これ」や「あれ」が指す箇所を探さなくていけなくなります。

読みやすさを意識して改行する

読みやすさを意識して改行する
本文のテキストを書く際は、ユーザーの読みやすさを考慮しながらライティングしましょう。サイトの仕様にもよりますが、紙媒体と同じ改行方法では読みづらくなるため、基本的に次のことを意識して、1行の文字数などを調節しながら改行しましょう。

  • スマホから読んでもらうことを意識するサイトなら、1文ごとに改行
  • パソコンから読んでもらうことを意識するサイトなら、1つのまとまりが3行(多くて4行)以上

また、改行ではなく、箇条書きを利用して文章を読みやすくする文章術もおすすめです。

表を挿入して分かりやすく解説する

表を挿入して分かりやすく解説する
文章を書く上で、表でまとめることが可能な場合は、積極的に表を活用しましょう。表の挿入は、文章の連続を避ける以外にも、ユーザーにとって分かりやすい記事になるメリットがあります。

表を作る際のおすすめツール

表はインターネット上にアップする場合、HTMLタグのうち「テーブルタグ」の使用が必要です。しかし、テーブルタグの記述は他のタグに比べて複雑なので非常に手間です。テーブルタグを手軽に使いたいのであればTable Tag Generatorなどのサイトを利用しましょう。また、作成した表をプレビューしたい場合は、HTML Previewというサイトが併せておすすめです。テーブルタグの書き方などの基礎知識を覚えることはもちろん重要です。しかし、便利なツールを利用して余計な作業を短縮する方法も身につけましょう。

ライティングの経験を重ねる

ライティングの経験を重ねる
文章を書く上で、「構成力」「文章力」「語彙力」はとても重要です。しかし、これらは知識だけでは身につかない部分もあります。小説を読んだり、他社のサイトをしっかり読み込むことで、自然に身についていきます。

一刻も早くライティングスキルを身につけたいのであれば、1記事でも多くの記事を書くことです。数をこなすことでライティングスキルは確実に身につきます。まずは100記事書くことを目指しましょう。100記事書いた後に、最初に書いた記事を見直すと自分がどれだけ成長したかを実感できるでしょう。

記事の書き方6:共起語を入れ込む

記事の書き方6:共起語を入れ込む
SEO対策を意識する場合、記事内に共起語(SEOキーワード)を入れ込む必要があります。しかし、無理に共起語を入れ込むことで、不自然な文章にならないように注意が必要です。不自然な文章は、検索エンジンから評価を受けにくいほか、読み手のサイト離脱に繋がります。また、ただ共起語を記事内で使用すればいいのではなく、必要に応じて記事内のコンテンツとして入れ込む必要があります。

こちらの記事では、共起語の重要性について解説しています。ぜひ一度ご覧ください。
【関連記事:SEOにおける共起語とは?

記事の書き方7:文章校正をする

記事の書き方7:文章校正をする
文章を書きあげたら少し時間を置き、脳をリセットさせた後、第三者的目線でもう一度自分の原稿を読み返しましょう。誤字脱字のチェックはもちろん、最初に設定した記事のテーマに沿った内容になっているかなど、チェックすべきポイントは多岐にわたります。また、誤変換や誤った表現を使っていないかチェックするために、Ennoなどの無料ツールなどを利用することもオススメです。

コピーチェックをする

コピーチェックをする
最後に、自分の書いた文章が、他サイトの「コピーコンテンツ」になってないか、チェックします。コピーチェックツールには、有料のサービスもありますが、CopyContentDetectorなどの無料ツールもあります。コピーコンテンツはGoogleからペナルティを受けてしまい、最終的にWebページが削除される可能性もあります。文章を書きあげたら、アップする前に、必ずコピーチェックをしましょう。

初心者は執筆速度よりも記事の質を重視しよう

初心者は執筆速度よりも記事の質を重視しよう
Webライティングには、一見手間のかかる作業が多いですが、いずれも文章の質を高めるために必要な手順です。ライティング初心者の場合、最初は記事を書く速度よりも、記事の質を重視するようにしましょう。記事の書き方に慣れることで自然に執筆速度も上がっていきます。

初心者は記事の書き方を意識して経験を積もう

初心者は記事の書き方を意識して経験を積もう
メディアサイトの記事を書くときには、紹介した7つのポイント押さえる必要があります。初心者でもポイントを押さえることで、サイトへのアクセス数を増やす記事を書けます。Webライティング力を鍛えるには、記事を書き続けることが一番の近道です。経験を重ねることで無意識でも検索サイトの上位に表示される記事を書けるようになるでしょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree