canonicalタグを有効活用して正しいサイト評価を得よう

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ウェブサイト制作時のコーディング作業ではSEO(検索エンジン最適化)対策のためにcanonical属性タグが使用されます。本記事では、canonical属性タグについての説明と記述方法や注意点について解説しています。

rel="canonical"とは何か

canonicalは『基準となる目安』といった意味を持つ英単語です。

ウェブページのコンテンツ内容が似ているものや、重複しているページが複数公開されていると、検索エンジンからのページへの評価が分散されてしまいます。元となるウェブページのURLを検索エンジンに正しく評価してもらうためrel="canonical"を使用し、評価が分散してしまうことを防ぎます。

このrel="canonical"はGoogle、Yahoo!、Bingなど複数の検索エンジンに対応しています。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

canonicalを使用すべき場面

URLの「http」と「https」の違いや、「www」、「/」、「index.html」、「.com」の有無が違うだけでウェブページの内容が重複している場合には、301リダイレクトを使用します。301リダイレクトはURLが今後変更されないであろう場合に使用する、転送処理のステータスコードです。301リダイレクトが使えないサーバーを利用している場合や、ユーザーがアクセスできるページを複数作成しなくてはいけないとき、rel="canonical"を使用します。

 

なぜrel="canonical"を使うべきなのか

検索エンジンは、検索された言葉を元にユーザーの意図をはかり、意図に対して適切であろうウェブページを表示します。

もし検索エンジンが適切だと判断したページと、内容が似ているページがウェブ上に複数公開されている場合、検索エンジンはどのウェブページを優先してユーザーに表示すべきか判断できません。

判断できない状態に対して対処せずそのままにしておくと、ユーザーが求めていないウェブページが検索結果に表示されたり、ウェブページへの評価が分散されることにより、本来評価されるべきページの評価が伸びない原因になります。また、ウェブページの評価が伸びないことで低品質なウェブページだと判断され、検索結果の上位に表示されにくくなり、ユーザーの目につきにくくなってしまいます。

 

コーディング時の記述方法

評価してほしい正規ウェブページ①と内容が重複しているウェブページ②がある場合、内容が重複している②のコード上にある<head>タグにrel="canonical"を記述します。

<head>

<link rel="canonical"href="①のURL"/>

<head>

<head>タグ内の上部に記載すると検索エンジンに早く読み込んでもらえるようになります。

 

自己参照canonicalとして使用する

自己参照canonicalとは、評価してもらいたいウェブページの<head>タグ内にrel="canonical"を使用し、評価してもらいたいウェブページのURLを記述することを指します。

Web上では追跡用のパラメーターが意図せず振られることや、評価してもらいたいウェブページとは異なるURLに対して、ユーザーによって外部リンクが設置され拡散されることがあります。何の対策も施すことなく放置しておくと、評価してもらいたいウェブページを含めた複数のページそれぞれが、検索エンジンからの評価対象となり正しい評価を得ることができなくなります。そこで自己参照canonicalを使用し、ウェブページが検索エンジンから正しい評価を得られるようにします。

 

rel="canonical"を使用する上での注意点

誤ってrel="canonical"を使用すると、評価してほしいウェブページのURLが、検索エンジンのデータベースに記録されなくなります。更に外部リンクからのページ評価は、rel="canonical"で指定されたURLに引き継がれていると判断されてしまうため、注意が必要です。

誤ったURLをcanonicalに記述していないか、記述したURLがエラーページや404ページではないかなど、しっかり確認して使用してください。また、記述するURLは絶対パス(フルパス)を使用してください。相対パスでも使用可能ですが、「http」と「https」の区別ができないなど、正規化するにあたり問題があるので、絶対パスを使用してください。

rel="canonical"は<body>タグ内に記述しても検索エンジンでは処理されないので、必ず<head>タグ内に記述してください。

また、間違った使用方法についてはGoogleウェブマスター向け公式ブログに記載されていますので、ご確認ください。

 

canonicalタグを有効活用しよう

公開しているウェブページや作成中のウェブページの内容が重複している場合や、301リダイレクトが設定できないサーバーを使用している場合には、rel="canonical"を使用しましょう。

rel="canonical"を使用する際は、記述場所やURLが正しいかなど、しっかり確認し適切な評価を得て、ユーザーの目に付きやすいウェブページにしていきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree