アクセス解析とは ? ツールの種類や使用方法も紹介

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

アクセス解析とはサイトに訪れたユーザーはどのような流入経路でサイトに訪問したか?性別やデバイスを解析することを指します。

サイトに訪れたデータをアクセス情報を分析することで、集客やサイトの改善ができます。

アクセス解析について細かく解説しますので、ホームページを運用している方は是非ご覧ください。

アクセス解析とは

アクセス解析とは②

アクセス解析とは、運営しているサイトにどのうな人が訪問したかや、度のような経路で訪れたか?などを解析できる事を指します。

ユーザーは検索サイトでどのようなキーワードで検索を行い、サイトに訪れたかも確認が出来ます。

ユーザーの滞在時間や閲覧ページ数のデータを取得して解析する事も言います。

アクセス解析ツールの種類

アクセス解析ツールの種類には「サーバログ型」「パケットキャプチャリング型」「ウェブビーコン型」の三つがあります。

サーバーログ型

サーバログ型とはサーバに記録されている全ての情報を対象として解析を行います。

サーバログ型はリアルタイムのアクセス解析ができません。また、解析に時間が掛かるというデメリットがあります。

パケットキャプチャリング型

パケットキャプチャリング型はウェブサーバが設置されているネットワークを監視して、ユーザーとサーバがやりとりする回線からアクセスデータを解析します。

パケットキャプチャリング型はサーバーとユーザーの全てのやりとりを解析が出来るため、非常に細かく解析ができます。

しかし、ネットワークを監視するシステムとサーバを同じネットワークに設置しなければならないため、パケットキャプチャリング型は初期費用として大きなコストがかかります。

ウェブビーコン型

ウェブビーコン型はホームページで公開されているHTMLにタグを埋め込み、タグで定義されたデータが情報収集サーバに送信されます。

ウェブビーコン型はシステムの構築に時間や手間がかかるというデメリットがあります。

ウェブビーコン型の代表的なツールにはアナリティクスがあります。

アクセス解析は課題を見つけることが目的

アクセス解析を行う目的には、ユーザーがサイト内に訪問してから購入やお問い合わせなどのCVを獲得する為の課題を見つけ出すことができます。

CVとは、Webサイトでユーザーに達成してもらいたい行動のことです。CVに繋げるためどのような項目を確認すれば良いかを紹介します。

アクセス解析でユーザーのデータを計測できる

アクセス解析でわかる事には以下のデータがあります。

  • ユーザーの「性別年齢」「地域」など
  • ユーザーはどこからサイトに訪れてきているか
  • ユーザーがサイトを訪れた際に一番最初に見たページ
  • ユーザーによく見られているページ
  • ユーザーがサイトを離脱したページ
  • ユーザーがCVしているか

上記のデータを掛け合わせてアクセス解析もできます。

例えば、性別や地域によってCVR(購入率やお問い合わせ率)が高いのかも分析ができます。

ボリュームゾーンを把握する

アクセス解析を行う上で重要な事はサイトの多くのユーザーが訪問する場所を把握することです。

サイトを改善する際は、よくユーザーに見られているページから改善していくことで効率的にCV数を増やしていくことができます。

ユーザーが多く訪れているページを洗い出した後に、以下の項目を確認しましょう。

  • どのデバイスでサイトを訪れたか
  • 最初に見たページはどこか

ユーザーが検索から流入しているかや広告から流入しているのかによりユーザーの状況は異なります。

ユーザーの流入している経路やデバイスを確認して、どのような対策が効果的か仮説を立てることが重要です。

おすすめのアクセス解析ツールはGoogleアナリティクス

おすすめのアクセス解析ツールは、Googleが無料で提供しているGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスを利用すれば、以下の項目の確認が出来ます。

  • ユーザーの「性別年齢」「地域」など
  • ユーザーはどこからサイトに訪れてきているか
  • ユーザーがサイトを訪れた際に一番最初に見たページ
  • ユーザーによく見られているページ
  • ユーザーがサイトを離脱したページ
  • ユーザーがCVしているか

どの解析ツールを利用して良いか迷っている時はGoogleアナリティクスの利用をおすすめします。

アクセス解析を使用して効果的に集客しよう

アクセス解析とはサイトに訪れたユーザーの行動や流入経路を探ることです。

アクセス解析ツールには多くのツールがありますが、初心者でも一番始めやすいのはGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスを利用して、自身が運営しているサイトのアクセス解析を行いアクセスしたユーザーの行動を確認してCVに繋がりやすい効果的な施策を考えましょう。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
SEO対策
tree