KPIとは?設定のポイントとKGIとの関係も紹介

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

マーケティングや経営者、コンサルタントなどに携わる人が使う用語でKPI・KGIというものがあります。実際のところ、よくわからないまま設定を行っていたなんてことあるのではないでしょうか。

この記事ではKPIとKGIについて説明します。

KPIとは

KPI「ケーピーアイ」とは、Key Performance Indicatorの略で、日本語では「重要経営指標」、「重要業績指標」などと訳されます。目標を達成するために必要な過程を明確にし、どれほどの状態で過程を通過すれば目標を達成できるのか、過程ひとつひとつをクリアできているかを数値で計測するのがKPIです。

組織においては、個人や部署の業績の過程を評価するための指標ともなります。

KGIとは

KGI「ケージーアイ」とは、Key Goal Indicatorの略で、日本語では「重要目標達成指標」、「経営目標達成指標」などと訳されます。KGIは最終的に目標が達成できたかどうかを具体的に数値で評価する指標です。客観的に評価できるよう、設定する数値は具体的にすることがポイントです。

KPI、KGIの指標は、IT関係だけではなく、物流サービスや顧客データの情報管理など、他のビジネスでの分野でも役立つ指標です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

KPIとKGIの設定

KPIは業務における詳しい指標ですが、KGIは企業の経営の戦略的な目標です。個々のレベルで考えるのではなく、企業が今後の会社経営を目指す方向性を定めることを「KGIを設定する」と言います。

KGIとKPIの設定を、例えば「結婚式」に当てはめてみましょう。「結婚式を挙げる」ことは、KGIとして最終目標になります。KPIは「会場はどこにするか?」「式の日取りはどうするか?」「予算はいくらにするか?」と細かく設定していくことになります。

KPI設定のポイント

KPI設定にはポイントがあり、そのキーワードは「SMART」です。「SMART」とは、KPIを設定する際に注意するべきポイントをまとめたものです。5つのポイントがあり、各々の頭文字を抽出して「SMART」としています。

以下、5つのポイントをまとめました。

・Specific=明確

 目標をどう達成したいかを誰が見ても分かるようにし、明確する。

・Measurable=測定可能

 結果を数字で表現しやすいものを選ぶ。

・Achievable=達成可能

 個人の評価につながりやすく、満足できる目標設定を行う。

・Relevant=適切

 設定した目標が適切に内容と関連付けされているか。

・Time-bound:期限を定める

 明確な期限設定をすることで、行動に現実性、具体性をもたせる。

など、SMARTに沿って設定を行うことで、KPIを効果的に実施できます。

KPI設定の効果を上げる4つのコツ

KPI設定の効果を上げるには次の4つがあり、目標達成のためにしっかりと設定しましょう。

目標設定の水準は高すぎず低すぎず

目標設定を途方もなく高く設定すると、目標達成へのモチベーションを保つことができず、やる気をなくしてしまう可能性があります。逆に低すぎると簡単に達成してしまうので、気のゆるみの原因にもなります。会社や個人の現状を把握して、達成できるような範囲で設定を行いましょう。

説明の必要のない目標設定

誰でも理解できる、明確な目標にすることで、それぞれの解釈が入り混じることの無い目標を設定しましょう。

目標達成までのステップを細かく設定

目標に対して熱心に関わり、責任を持って務める事ができるようにそれぞれ何をどうすればよいのかを具体的にすることが有効です。

目標がいつでも見られるように配慮する

目標設定を行った時点では問題なくても、しばらくすると目標に対する意識が薄れていきます。誰からも見えるところに目標があると、目標に対する意識を忘れずに物事に取り組むことができます。

定期的に目標の進み具合を確認することも必要となります。

KPIの設定で注意すべきポイント

WebマーケティングにてKPIを設定する際に注意すべきポイントは以下のようなものがあります。

一定の計測ができる

KPIやKGIは具体的な数値目標とするべきなので、アクセス解析などのサイト計測ツールを用いて、一定の計測できる要素を設定しましょう。また、一定の測定に労力がかかりすぎるような設定は避けましょう。

数値の変化を明確にできる

値が改善したり、悪化してきたりしたときは、原因の解明が必要なので究明できるようにしましょう。改善できた理由がわかれば今後に活かせますし、悪化したのなら対処しなければいけません。

目標達成の見通しがある

現実的でない目標をKPIに設定しても達成することはできません。目標を達成するために必要な要素を、細かく設定する必要があります。たとえ目標が小さくても、積み重ねによって、大きな成長につなげることができます。

KPIの設定を適切にし、確実に目標を達成しよう

KPIを設定することにより、「どの指標を確かめればいいのか」「何を目標とすればいいのか」といったことがわかり、達成への道のりが円滑になります。ただ単にKPIを設定するのではなく、この記事で解説したことを理解し、確実に目標を達成しましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree