セッションとは?アクセス解析で重要となるPV数やユーザー数も解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

 

ウェブマーケティングにおいて、アナリティクスなどアクセス解析のサービスでは必ず出てくるセッション数。ユーザーがWebサイトにアクセスした回数を見ることができます。この記事ではSEOなどの情報管理に重要なセッション数とともに、ページビュー数やユーザー数などアクセス解析に必要なことを解説していきたいと思います。

 

アクセス解析で使われるIT用語

アクセス解析の指標には「セッション数」「ページビュー数」「ユーザー数」があります。どの指標を見ればいいのかを知れば、数多くのデータの中で必要としているデータを取り出すことができます。

セッション数とは

セッションとはユーザーがWebサイトへアクセスし、サイトから離脱するまでの流れをいいます。Webサイトへ1回アクセスすることが1セッションとなります。

サイトを開いたままにして、ページの閲覧にある程度の時間が経過した場合は新たなセッションとしてカウントされます。

ページビュー数とは

ページビュー(PV)数とはwebサイトの各ページを開いた回数のことを言います。AのページからBのページへ移動し、またAのページへ戻ってくる。これでページビュー数は3PVとなります。

サイトに訪れたユーザーの数とは異なり、ページビュー数はひとりのユーザーが数多くのページを閲覧すればページビュー数はカウントされ続けます。

ユーザー数とは

ユーザー数とはある一定期間でWebサイトを閲覧している人数のことを言い、一定期間内であれば何回訪れても計測はカウント1となります。

ただし、同じユーザーでも違うブラウザを使用したり、違うデバイスを使用したりした場合には、別ユーザーとして認識されカウントされてしまいます。

同じユーザーがPCとスマホの両方でWebサイトに訪問すると、2ユーザーとしてカウントされてしまうので注意が必要です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

セッションが切れた時の判断基準

ページとページの閲覧の間に30分以上行動が無かった場合には、セッションがひとつカウントされ2セッションになります。

例えば、Aのページを閲覧していて途中で30分以上席を離れ、そのあと席に戻りBのページを見た時には、前回のセッションが切れてしまい新しいセッションとしてカウントされます。30分以内に席に戻りBのページを見た時には前回のセッションは切れておらず、セッションは継続になります。

また、日付が変わる前にサイトを訪問し、途中で日付が切り替わってしまった場合にもセッションは切れます。日付変更とともに新しくセッションがカウントされ、前日分と翌日分を合わせて2セッションとなります。他には、前回の訪問の時とは違う参照元(googleやyahooなど)や検索キーワードを介してサイトへ訪問した場合も、セッションが一つ追加され、2セッションとなります。

アナリティクスでのセッションの確認方法

Googleアナリティクスには「ユーザー」「集客」「行動」メニューなどがあり、それぞれレポートでセッション数を確認できます。

サイト全体のセッション数を確認

まずはオーディエンス → 概要の順番に移動しWebサイト全体のセッション数を確認しましょう。

赤枠で囲まれたところが全体のセッション数です。

集客の各配信元のセッション数を確認

集客 → すべてのトラフィック → チャネルの順番に移動すると、Facebook やGoogleなど、どのチャネルからサイトに訪れたかということがわかります。赤枠で囲まれたところが各チャネルのセッション数です。

ページごとのセッション数を確認

行動 → サイトコンテンツ → すべてのページの順番に移動し、各ページごとのセッション数を確認しましょう。ページ別訪問数というのが各ページごとのセッション数となります。

Webサイトの状態を確かめるには、毎日のセッション数を確認することが一番重要です。データの数値変化があった場合には、ただ単なるデータの変化なのか、あるいはデータの数値の異常なのか判別し、どのページで離脱しているかを見極め対処しましょう。

アナリティクスにてPV数とユーザー数を確かめる方法

PV数とユーザー数をアナリティクスで確認する方法を解説します。

まずはGoogleアナリティクスにログインし、オーディエンス → 概要の順番に進んでください。次に、ページビュー数とユーザー数という項目にたどり着くので、サイトの全体のPV数、ユーザー数が分かります。こちらのPV数、ユーザー数は、設定した期間で計測された数値です。

PV数やユーザー数はWebサイトを運営するにあたってとても重要な指標のひとつです。PV数はウェブサイトを訪問した人が閲覧したページの総数を、ユーザー数はウェブサイトを訪れた人数を計測しています。

数値の変化をチェックし、異常がないか確認しよう

ユーザーの変化はとても早く、サイトのセッション数が急に減ったり、ユーザー数がいきなり増えたりといったことはよくあることです。その数値の変化を定期的にチェックし、異常があればサイトの修正や、改善を行っていきましょう。

 

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree