3大SNSを徹底比較!

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

近年SNS利用者が大幅に増え、web広告でもソーシャルメディアは欠かせないマーケティングツールとなっています。今回の記事では、3大SNSと言われるtwitter、instagram、facebookの特徴と比較をご紹介いたします。

Twitter ユーザーデータ

全世界のTwitter利用者数:3億2,800万人

日本国内の月間アクティブユーザー数:4,500万人

日本国内の月間利用率:70.2%

Twitter 特徴

・ツイートがタイムリーに時系列に並ぶ

・投稿がフォロワー全員に届く

・リツイートによりどんどん投稿が拡散されて不特定多数に情報が届けられる

 

上記がTwitter特有の特徴です。

その中でも最も特徴的な部分は、公開でツイートした内容がどんどんリツイートされることにより、全く知らないTwitterユーザーにまでつぶやきが届くことが多々あるということです。

拡散力が強いことは企業にとって強みになる部分も多いですが、企業でビジネスとしてTwitterを始める際は、Twitter特有のオープンさを常に意識し発言に気をつけることが大切です。

次に運用する上で大切なことをいくつか挙げます。

投稿を改善

「質」より「量」といっても、つまらないつぶやきを続けた所でだれもアカウントやツイートに見向きをしてくれないことは簡単に想像がつくと思います。

よりインプレッション率を高めるためには、ある程度の「質」を保つことも大切です。その時期に流行っていることやインパクトを重視した画像をツイートに盛り込むなど、Twitterウケしやすい表現を身につけ情報発信すると良いでしょう。

投稿する時間帯、曜日の改善

投稿したツイートが表示がされやすい曜日や時間帯などユーザーの動向を調査します。

Twitterアナリティクスでも確認することができますし、最近では、Twitterのサービスをより便利に利用、解析することのできる「Twitterクライアント」といったアプリも増えてきているので、一度利用してみるのも良いかと思います。

続きを読むには、ログインまたは
会員登録(無料)が必要です。

tree