Googleショッピング広告の出稿方法・4つの運用ポイントを解説

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

Googleショッピング広告をご存知ですか?

広告費用対効果が高いことから、多くのユーザーが広告を行うようになっています。

Googleショッピング広告の魅力を知り、今日からショッピング広告を始めましょう。

Googleショッピング広告とは

Googleショッピング広告は、ユーザーの検索キーワードに連動して広告が表示されます。キーワードに合わせて商品画像とテキスト(タイトル・説明文)が一緒に表示されるので、インパクトがあり、クリックされやすい広告です。ECサイト運営者には必見のショッピング広告です!

そんなにショッピング広告は魅力的なのでしょうか?ショッピング広告の魅力と、出稿方法・4つの運用ポイントを解説していきます。

Googleショッピング広告の魅力

Googleショッピング広告の魅力は何なのか?ショッピング広告には3つの魅力があります。一番の魅力は、商品に対して興味を持つ購買意欲の高いユーザーに対して広告を配信することができることです。興味を持っており、購買意欲が高いのでクリック数・コンバージョン率増加が期待できます。

また、複数の広告を掲載することができ、ユーザーが検索したキーワードと広告のタイトルの関連性が高い場合に、登録した商品が複数掲載されます。最後に検索連動広告と比べると競合、出稿している広告が少ない為、クリック単価が安いです。コンバージョン単価を安く抑えることにも繋がります。では、広告の出稿を始めていきましょう。

Googleショッピング広告の出稿方法

2つのアカウントと出稿したい商品データがあれば、すぐに広告を作成することが出来ます。

  • Google Merchant Center(グーグルマンチャントセンター)のアカウント
  • 広告を管理するGoogle広告(旧GoogleAdWords)アカウント
  • Google Merchant Centerに追加する商品のデータ

1.Google Merchant Centerに登録する。

Googleショッピング広告をはじめるにはGoogle Merchant Centerへの登録が必須になります。

Googleのアカウントが必要になるので、アカウントがない方はGoogleアカウントを作成しましょう。

ビジネスの拠点(国)、ショップ名、URL、アダルト商品の有無、連絡方法、メールアドレス、利用規約の同意、URLの申し立てを入力します。

分からない方はGoogle Merchant Center ヘルプを見てください。

URLの申し立てとは「サイトURLの所有者であること」「サイトを編集することができる」ことを証明するために、必要な作業です。URLの申し立てをしないと、広告を出稿することができません。URLの申し立ての方法は4つあります。

  • HTMLファイルをアップロード(一般的な方法)

自身のサーバーにアップロードした HTML ファイル。

  • HTMLタグ

ホームページにメタタグを追加。短い HTML コードをコピーして、ウェブサイトのコードに貼り付ける。

  • Googleアナリティクス

トラッキングに使っているGoogle アナリティクス コードを追加する。

  • Googleタグマネージャ

ウェブサイトにコンテナをインストール。

4つの方法それぞれの詳しい手順については初心者ガイドをご確認ください。

2.出稿したい商品データを追加する

Google Merchant Centerの登録ができたら、いよいよ商品データを追加していきます。

商品名や商品の概要・詳細、価格、在庫状況など、商品に関する情報をもつリストのことを、「商品フィード」と言います。

追加する設定方法は4つありますので、自分が作業・管理しやすいものを選びましょう。

「必須項目が未記載」「既定の選択肢以外の値を入力している」「不適切なGTINを使用している」場合は

商品が不承認になる原因なので、必須項目が記載してあるか商品詳細を見て確認しましょう。

3.Google広告アカウントとリンクさせる

Google Merchant Centerの管理画面の「アカウントのリンク」よりお持ちのGoogle広告のアカウントを確認し「リンク」をクリックするだけで、Google Merchant Centerとリンクは完了です。

ステータスが「リンク済み」になっていれば、問題ありません。

Google広告をお持ちでない方は、まずGoogle広告のアカウントを作成してくださいね。

4.Google広告でショッピングキャンペーンを作成する

Googleショッピング広告ではキーワードの追加は必須ではありません。2で作成した商品データのタイトル・概要がユーザーが検索したキーワードと関連した際に広告が表示されます。

狙いたい購買意欲の高いユーザーに広告が表示されるようにするには、除外キーワードを追加することが効果的です。

ショッピングキャンペーンの審査が通れば、ショッピング広告の配信が開始されます。

運用する上で重要な4つのポイント

Googleショッピング広告の運用のポイントは、Google広告のキャンペーン運用だけではなく、Google Merchant Centerの商品データの運用を同時に行うことが、とても重要です。Googleショッピング広告は検索連動型の広告であることを意識しましょう。掲載後もマーケティングをしっかり行うことで、より良い結果に繋がります。

掲載する商品の数を増やす

掲載する商品が多ければ多い程、表示回数は増えます。検索キーワードを確認し、検索キーワードを追加しても良いです。検索キーワードは不要と言われていますが、検索キーワードと商品のタイトル・概要の関連性が高くなり、検索画面に上位表示される可能性が高くなります。

競合サイトと比較する

Google広告の管理画面で「ベンチマーククリック率(CTR)」を確認することができます。ベンチマーククリック率とは類似商品のショッピング広告の掲載結果を確認することができます、ベンチマーククリック率が自分のクリック率よりも高い場合は、商品データの画像変更・入札単価の調整が必要になります。こまめに確認をするようにしましょう。

商品タイトルの改善・見直しをする

商品タイトルを決める時のポイントは、最初の15文字に商品の重要な情報を入れることです。ユーザーが検索して求めている情報は、ブランド名・商品名・型番・色・サイズです。5つを商品タイトルに記載することで、欲しい色・サイズが明確な確度の高いユーザーに広告が表示されます。検索キーワードを確認して、ユーザーの欲しがっている情報を確認し、商品タイトルに追加することが重要なポイントです。

商品のカテゴリーを細かく設定する

商品のカテゴリーを細かく設定することで、広告の表示回数が増える可能性があります。商品のカテゴリーを示す大分類、中分類、小分類と、細かくカテゴリーを設定することができます。

例えば「筆記用具」を販売するとしたら、「事務用品>筆記用具>鉛筆・ペン>鉛筆>筆記用鉛筆」の細かいカテゴリー設定が望ましいです。

「事務用品」、又は「事務用品>筆記用具>鉛筆・ペン」までしか設定しない場合は、表示回数が減ってしまう原因に繋がります、小分類まで設定しましょう。

カテゴリーの一覧はGoogle Merchant Centerヘルプに載っています。

広告が表示されない?と思ったら

 

「商品を増やして、商品のカテゴリーを細かく設定したのにショッピング広告が表示されない」と不安になる時があると思います。今から伝えることを確認すれば、あなたの広告は掲載されるようになるので、安心してください。

商品が不承認になっている

広告が表示されなかった場合、まずは商品の不承認をGoogle Merchant Centerで確認してください。

Google Merchant Centerの「商品」タブをクリックすると、不承認になっている商品がないかすぐに確認できます。なぜ不承認になってしまったのかも見るとすぐに分かるので、内容を確認して修正を行いましょう。修正後は「商品」タブ→「フィード」でアップロードをして再審査をかけましょう。

また、必須ではない項目をフィード内に追加した場合、必ず記載してください。記載しないのであれば、必須である項目のみを記載しましょう。空白の欄があることが原因で、不承認になる場合もあります。

掲載の期間が期限切れになっている

商品フィードは3日間更新をしない場合、期限切れになってしまい広告が表示されなくなってしまいます。スケジュールで毎日自動で更新してくれるよう設定することが出来ますが、初めに設定をしないと、手動での更新になってしまいます。スケジュール設定を忘れていないか確認を行いましょう。

キーワードの入札価格が低すぎる

キーワードの入札価格は自分で設定することができます。ショッピング広告に関わらずですが、キーワードの入札価格があまりにも低いと広告が表示されなくなってしまいます。キーワードの入札価格を確認してみましょう。

ポリシー違反の広告を出している

Google広告同様、Googleショッピング広告にも広告を出してはいけない商品があります。偽造品やタバコや花火などの危険度の高い広告は、広告を掲載することができません。広告を出稿する場合は、初めにショッピング広告のポリシーの確認を行いましょう。

メイン画像とは別に画像を追加したい場合

Googleショッピング広告を見た時、メインの商品画像とは別に色違い・アングル違い・商品のアップ画像を追加してある広告を見たことはないですか?

画像が複数あることで、サイトを見なくてもその場でユーザーが即決する確率が高まり、CV率が上がる可能性があります。画像を追加したい場合は、補助フィードを使用します。補助フィードで追加の属性を登録し、画像を表示させます。

引用:Google Merchant Centerヘルプ

「追加の商品画像リンク」の属性を登録する

メインで使用する商品フィードを複製しておきましょう。複製した商品フィードに1枚だけ画像を追加したい場合は、商品属性の「追加の商品画像リンク」を登録し、リンクを貼り付けます。2枚以上追加したい場合は、「追加の商品画像リンク」にそれぞれのリンクをカンマで区切って入力します。追加できる画像は10枚までです。準備はこれで終わりです。

メインフィードに追加する

まずは画像を追加した補助フィードを追加していきます。新しくシートを作成した場合は「新しいGoogleスプレッドシートをテンプレートから作成」を選択してください。登録ができたら、必ず③の「補助フィードをメインフィードに追加する」で、メインフィードを選択してください。

追加を忘れてしまうと、メインフィードの内容のみが反映され、追加した画像が表示されなくなってしまいます。追加ができたら、メインフィード同様にスケジュール設定の確認を行い、自動で毎日取得できるようにしましょう。これで追加した画像が表示されるようになります。

簡単なGoogleショッピング広告を今すぐ始めよう

Googleショッピング広告をしてみたいけど難しそうと思っていた方もいるとは思います。でもショッピング広告は出稿準備も方法も簡単で、ECサイト運営者には必見の広告です。

広告を出稿したら終わりではなく、随時マーケティングが必要になりますが、まずは一度ショッピング広告を始めてみませんか?

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree