動画広告を始めたい人へ 種類や特徴を徹底解説!

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

WEB広告の主流は、検索連動型やディスプレイなどのリスティング広告です。しかし、スマホの普及に伴いSNSに焦点を当てた動画広告が数年前から注目されています。種類や特徴など基本的な知識について解説していきます。

なぜ動画広告が注目されるの?

SNSやYouTubeを中心に各企業は採用や新商品紹介、セミナーやイベント開催など様々な動画広告を制作・配信し、注目を集めています。では、そもそもなぜこんなに動画広告が注目されるようになったのか説明します。

関連記事:動画広告の基礎知識!特徴や種類を理解しよう

①インターネット環境の充実化・スマホの普及

1つ目の理由として、動画広告を視聴できる環境が整ったからです。

WiFiをはじめとする通信インフラが整い、家や会社はもちろんのこと、カフェなどの飲食店でもWiFi環境が充実し、通信量の多い動画を視聴できるようになりました。また、スマートフォンやタブレットの普及もあります。各携帯会社で通信料金が定額制となるサービスを提供したことでユーザーは通信料を気にする機会が減り、益々動画を視聴する機会が増加し、今ではテレビよりスマホを見る機会が増えています。

これにより、通信量の多い動画も気にすることなく快適に視聴できるようになっています。

 

参考サイト:動画マーケティングとは|動画制作メリット・デメリット・最新事例・動画広告市場規模

②YouTubeやSNSの普及

YouTubeやTwitter、InstagramなどのSNSがスマホの普及に伴い、急速に人々の身近なツールの1つになりました。手軽に視聴できるツールが登場・普及したことで、動画広告の重要性は非常に高くなっています。

③動画は画像や文字のみの広告と比べて印象に残りやすい

参照:【2015年も注目】今、流行りつつある動画広告の概要について

 

動画広告の特徴として、ユーザーの印象に残りやすいことが挙げられます。ある実験では、通常のバナー広告と比べて動画広告の方が、約1.6倍ものユーザーが印象に残ったという結果があります。動画ではアニメーションや文字などの映像で視覚に訴えるだけでなく音楽を使用して聴覚にも訴えることができるので通常のバナー広告より多くの情報をユーザーに伝え、印象に残りやすいです。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

動画広告はどんな種類があるの?

動画広告はどんなものがあるのか。メディア別に下記にて紹介します。

①YouTube

動画の再生回数が最も多いのがYouTubeです。1日の再生回数は40億回を超えています。YouTubeの利用者層は10代~50代まで幅広い年代で視聴されている為、認知の拡大ではおきな貢献が期待できます。しかし、YouTubeは動画の視聴目的のユーザーがほとんどなので、自社サイトへの誘導や商品購入などに繋げることは難しい媒体です。

②Facebook

YouTubeの次に再生回数が多いのがFacebookです。タイムラインで自動的に動画が再生される動画広告です。地域や年齢、性別、職業、興味関心など細かくターゲティングできます。ユーザーからのアクション(シェアやいいね)で急速に動画広告が広がる可能性が高く、自社サイトへの誘導に適しています。

③Instagram

2016年頃から急成長しているのがInstagramです。2017年の流行語大賞で「インスタ映え」が選ばれたように、20~30代を中心に非常に多くのユーザーに利用されています。

また、Instagramが人気になるまでは、飲食店やファッションなどを調べる時にはGoogleやYahooなどの検索エンジンを利用することがほとんどでした。しかし、Instagramが登場したことでInstagram内で検索することが最近増えてきています。Facebookと比べて幅広い層に向けてのリーチは難しいですが、特定のユーザー層に向けた広告(ファッションやグルメなど)であれば、商品購入など大きな効果があります。

主にユーザーが利用されることの多い3つのメディアを紹介しました。目的別に各メディアを比較すると、認知拡代の目的であればYouTubeが最適です。また、商品購買の目的であれば、FacebookとInstagramが適しています。認知や商品購買など目的に合ったメディアを使い、効果的に配信していきましょう。

参考サイト:【徹底比較】動画広告の主要5種類メリット・デメリットまとめ

目的別の動画広告を紹介

動画には様々な種類があります。商品購入を促進する動画や認知を広げる動画など目的に沿った動画制作が大事です。大きく分けると「ブランディング系動画」と「認知拡大系動画」、「購入促進系動画」の3つです。

①ブランディング系動画

動画を利用して、商品のイメージやサービスを向上させるためにの動画です。自動車や高級時計などで動画制作・配信されています。

②認知拡大系動画

商品やサービスの認知を広げるために制作される動画です。動画内容は、ユーザー間でシェアされて拡大するような、おもしろい動画が多いです。人気YouTuberはこの類の動画を多く制作・配信しています。

③購入促進系動画

ユーザーの購入意欲を起こさせる動画で、3つの中で一番多く制作・配信されています。お菓子やテレビゲームなど商品の動画だけでなく、転職サービスやキャッシュレスサービスなど無形サービスでも利用されています。

動画マーケティングに注目!

動画広告市場規模は年々拡大しており、サイバーエージェントの調査によると、2019年の市場規模は2,592億円で2018年比で141%となる見通しで、急速に拡大しています。ここからは、なぜ動画マーケティングが注目を集めているのか、説明します。

 

参照:サイバーエージェント|2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

動画マーケティングが注目を集めている理由としては、「企業にとって売上増加に繫がりやすい広告」ためです。

動画マーケティングをする事例として、「YouTuber」があります。近年多くの有名なYouTuberが注目を集め、芸能人がYouTuberになることも増えてきています。世間に大きな影響力のある人気YouTuberを起用し、自社商品やサービスをYouTubeで宣伝してもらえば、多くのユーザーに視聴されます。そのため、YouTuberの起用には非常に大きな宣伝効果があります。

また、動画マーケティングは企業にとって主に2つのメリットがあります。1つ目は、ユーザーに伝える情報が非常に多いことです。動画広告の場合、検索連動やディスプレイよりサービスや商品の内容だけでなく、抽象的なイメージも同時に伝えられます。

参照:今注目の動画広告とは?活用メリットと今すぐ始めるべき業界を解説

 

2つ目は、高い宣伝効果を持っていることです。特にSNSは高い拡散力を持っているので面白い動画やユーザーが興味を持った動画コンテンツは、多くのユーザーに視聴・拡散され、高い宣伝効果が期待できます。動画マーケティングはこれからWEBマーケティングをする上で、重要視される施策の1つです。

動画広告を効果的に活用しよう

動画広告は、高い宣伝効果が最大のポイントです。また、1度に多くの情報量を発信し、視聴されるでため検索連動やディスプレイ広告にはない、特徴を持っています。スマホやSNSが普及している今こそ、動画広告を始めてみてはいかがでしょうか?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree