3C分析とは?マーケティングの基礎と市場分析の方法をチェック

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

3Cとは?
3C分析とは「競合」「自社」「顧客」のリサーチを行い、戦略を考えるフレームワークの事を指します。

Webマーケティング中に競合調査を行うに当たり、3C分析という方法を用いる事が多いです。

3C分析

3C分析

3C分析とは外部環境の競合や企業や会社の成功要因をして事業を成功に導くための方法を指します。

3Cコンセプトを考案したのは、経営コンサルタントを担当しているビジネスブレイクスルー大学学長でもある大前研一さんです。

3C分析の活用方法とは?

3C分析を行うと事業の方向性が確立します。

3C分析とは商品に対しての施策から最も効率的な手法を見つけ出して、資源やお金を集中投下する事です。3C分析を行う事により、売上や目的を達成する為の仕組みを作ることができます。

3C分析の方法には以下があり、頭文字を取って3C分析と呼びます。

  • 市場や顧客:customer
  • 競合:competitor
  • 会社:company

上記3つの関係性と比較する事が重要です。

外部的な要因には市場と競合が含まれています。内部要因には自社を比較すると、何が自社(商品)の強みなのかを把握できます。

3C分析のステップとして、以下のことを明確にしましょう。

市場や顧客のニーズ
競合が変化にどのような対応しているのか
上記を踏まえて自社が成功できる方法を探す

なぜ3C分析を行うのか、3C分析を行う目的を明確にする事で方向性のブレを防ぐ事ができます。

3C分析の方法

3C分析の方法

まず最初に市場・顧客の分析から行います。市場と顧客の調査を行わないままだと、自社の強み・弱みを評価することができなくなります。

3Cとは以下の3つの手法により効果的に分析を進めることができます。

  • マクロ分析
  • ミクロ分析
  • 顧客分析

マクロ分析とは

マクロ分析とは景気の変動や人口の増加や減少、流行など社会の変化を見つける時に用います。

ミクロ分析

ミクロ分析とは業界の構造変化から自社ビジネスへの影響を検討します。

業界の競争環境の厳しさを見つめ、利益が出る可能性を把握しておく必要性があります。

顧客分析

顧客分析とは、マクロ分析とミクロ分析によって得た情報を顧客の価値観やニーズにどれくらい影響を与えているのかを把握する事です。

顧客の購入思考や商品の分析商品やサービスを分析するには、まずは購買・使用行動を把握しましょう。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

自社の分析方法は他社との比較が重要

市場分析や競合分析を紹介しましたが、自社が他社と違いどのような手を打つことができるのかを分析や比較する事が重要です。

「市場の変化に対して競合がどのような対策を行っているか?」について、自社と比較をしましょう。

上記の際に活用したいのがVRIO分析です。VRIO分析について解説します。

VRIO分析とは

VRIO分析とは

VRIO分析には以下の4つの項が挙げられます。

  • 組織
  • 経済価値
  • 希少性
  • 模倣困難性

VRIO分析とは、自社の経営情報や資源をフォーカスした分析手段の事を指します。

内外部の同時分析

外部要因と内部要因に説明してきましたがこの両者を正しく分析をするのが重要です。

内部と外部の有効な分析する方法として、SWOT分析が効果的です。

SWOT分析には4つの観点があります。

  • Strengths:自社のもつ強み
  • Weaknesses:自社のもつ弱み
  • Opportunities:機会
  • Threats:脅威

4p分析の方法を紹介

4p分析

4P分析では人為的にコントロールが可能な事を指します。

販売に影響を与える4つの要因について競合と比較する事を指します。

4つの要因とは「製品・サービス)」「価格」「立地・流通・販路」「販促・広告」の4つの事を指します。

  • 「製品・サービス)」
  • 「価格」
  • 「立地・流通・販路」
  • 「販促・広告」

商品やサービス(Product)

1つめのPとして自社が販売する商品やサービスは何なのか明確にします。ターゲットとする顧客層のニーズを満たしたものであることが重要です。

価格(Price)

2つめのPとして自社と競合が販売する商品やサービスの価格を比較します。
資本力のある大手企業に対して、中小企業は価格で勝つことはできません。

価格で勝つことが出来ない場合は商品に付加価値を付けて商品単価を上げたり、競争の少ない分野のビジネスで勝負するようにしましょう。

立地や流通など販路(Place)

3つ目のPのPlaceは顧客がどんな方法で商品を購入するようにするか?という点です。

商品の流通経路はインターネットの登場で大きく変わりました。

多種多様な販売チャネルが開発されているため、いかに顧客が商品を入手しやすいかという視点を持ちましょう。

販促や広告(Promotion)

4つ目のPのPromotionは販売促進や広告宣伝を意味します。いかにユーザーの認知度を上げるかや購買欲求を喚起するかという活動を指します。

紹介した4つのマーケティング方法は、相乗効果の繋がりを活用して運用していくようにしましょう。

Webマーケティングで3C分析の実践をしましょう

Webマーケティングと言っても方法は1つではありません。

Webマーケティングにおいて重要な事は顧客とどう関係を作っていくかが重要です。

その際には3C分析などの手法を使うと、より効率的に情報を整理する事ができます。

ぜひ、みなさんもWEBマーケティングにおいてで3C分析の実践を行いましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree