広告プレビューツールで広告がしっかり表示されているかを確認する方法

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

入稿したリスティング広告がどのように表示されているのか確認していますか?

今回はマーケティング担当の方必見の「広告プレビューツール」をご紹介致します。

広告プレビューツールとは

広告プレビューツールとは

広告プレビューツールとは、インプレッションを発生させることなく、特定の検索語句における検索結果画面を確認することのできるツールです。

ちなみにこのツールは、Google広告でもYahoo!スポンサードサーチでも使用可能です。

両プロモーションにおける使い方

Google広告 の場合は「広告プレビューと診断」、Yahoo!スポンサードサーチでは「広告プレビューツール」という項目で確認できます。

Google広告の場合はオプションとして地域、言語、デバイス、ドメインを指定でき、Yahoo!スポンサードサーチの場合は地域、ページ番号、デバイスを指定してそれぞれの検索結果を確認することができます。

Google広告

Google広告管理画面①

Google広告の管理画面から

①運用ツール選択します。

②広告プレビューツールと診断をクリックします。

Google広告管理画面②

③指定したい地域、言語、デバイス、視聴者(オーディエンス)を選択します。

④入稿されているキーワードを入力してプレビューボタンをクリックします。

⑤実際にリスティング広告が表示されている検索結果の画面が表示されます。

もしもリスティング広告がなんらかの原因で表示されない場合は、その原因も確認することができます。

※配信地域の設定や配信スケジュールなど。

Yahoo!スポンサードサーチ

Yahoo広告管理画面①

Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ管理画面から

①ツールを選択します。

②広告プレビューをツールをクリックします。

Yahoo広告管理画面②

③地域、ページ番号、表示確認デバイスを選択します。

④キーワードを入力してプレビューをクリックします。

すると次ページに入力キーワードによる検索結果画面が表示されます。

広告プレビューツールで確認できること

広告プレビューツールで確認できること

広告プレビューツールを用いることによって、無駄なく効率の良い広告配信が可能になります。そこで、広告プレビューツールで確認できることを紹介していきます。

インプレッションを発生させず検索結果画面を確認できる

広告プレビューツールにおいての一番の利点なのではないでしょうか。普通に検索窓でキーワードを入力して検索をかけると、インプレッションが増加してしまいます。ということは、それに伴ってクリック率も低下してしまうので、結果的に「広告の品質」にも影響を及ぼします。

「塵も積もれば山となる。」このことわざの通り小さなことですが、頻繁に検索をかけてリスティング広告が表示されているのかを確認していると、いつか必ずリスティング広告の品質に影響が出てくることでしょう。クライアントから「広告しっかり配信されている?」などという質問をされた場合にもこのツールを使って画面をキャプチャーするのが望ましいでしょう。

異なる環境においての広告掲載画面が確認できる

自分は福井県にいるけれど、東京の人にもリスティング広告がしっかり配信されているか確認したい時にもこのツールは便利です。両プロモーション共地域の設定ができるので、気になる配信地域を指定して積極的に活用していきましょう。

広告が表示されていない原因を探れる(Googleのみ)

リスティング広告が表示されない時には様々な要因が考えられます。予算に制限がかかっている、リスティング広告のランクが低い、広告文が審査落ちしている、配信スケジュールが間違っているなど。このツールならそんな原因の調査も行うことができます。

日本語以外での広告掲載画面が確認できる(Googleのみ)

Google広告では言語を指定して検索でき、全世界の検索結果が確認できます。

YahooスポンサードサーチはYahooJapanに限られた掲載結果を確認するため、日本語のみとなります。

異なるデバイスでの広告掲載画面が確認できる

広告プレビューツールを用いることで、パソコン画面上のみの広告確認に限らず、スマートフォン画面上の広告表示結果の確認もできます。デバイスによる広告表示の違いを簡単に確認できるユーザー目線に立った広告の作成をすることができます。

広告部分のクリックが可能(Yahooのみ)

Yahooスポンサードサーチでは広告リンク部分のみクリックでき、Google広告は広告リンク部分はクリックできません。どちらもリンク先のサイトには遷移しません。

広告プレビューツールを活用してミスを減らそう

広告プレビューツールを活用してミスを減らそう

マーケティング業務をしていると、複数のアカウントの配信を同じ日に設定しなければならないこともあるかと思います。そんな忙しい中では広告配信の確認にミスが起きないとは言い切れません。

そんな時に手軽に配信状況を確認できる「広告プレビューツール」を積極的にみんなで活用していけば、ミスが少なくなるだけでなく運用パフォーマンスの向上に繫がっていくのではないでしょうか。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
マーケティング
tree