KeynoteとPowerPointを徹底比較!それぞれの長所・短所を分かりやすく解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

PowerPointとKeynoteは、どちらも人気のプレゼンテーションツールです。同じプレゼンテーションツールですが、操作性や機能、価格等全く特徴の異なるソフトです。今回は、それぞれの特徴を紹介し、自分に合うソフトを選ぶ参考にしていただければと思います。

人気プレゼンツールの概要

プレゼンをするなら、PowerPointを使用する方が多いと思いますが、Keynoteを使用する方も多くいます。それぞれのイメージとしては、プレゼンテーションソフトのWindows版とMac版という形です。どちらもプレゼンテーション資料からアニメーションまでなんでも作れるソフトですが、まずはそれぞれの特徴について紹介します。

PowerPoint(パワーポイント)とは?

Microsoft社が販売しているプレゼンテーションソフトで、1987年に販売が開始されてから現在ではビジネスシーンから学生の発表にまで幅広く使用されています。文字や写真、図形などが挿入でき簡単にスライドが作成できます。PowerPointはWindows版だけでなくMac版もリリースされておりユーザーが多いです。

Keynote(キーノート)とは?

Apple社が販売しているプレゼンテーションソフトで、PowerPointとは違いWindowsで使用することはできませんが、iCloudでも利用できるのでどの端末からも操作が可能です。対応OSはmacOS Sierra以降です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

PowerPointの長所・短所


PowerPointはプレゼンテーション用ソフトとして一般的に良く知られています。下記では、長所・短所についてそれぞれ説明します。

豊富な機能を駆使して思い通りのプレゼンができる

操作して感じたことなのですが、PowerPointは機能がすごく多いです。まだ機能の全てを把握していませんが図形を貼り付けたり、グラフを作成したりは勿論のことスライドの背景に音楽をつけることができたり、書き込んだ文字や図形にアニメーションをつけることだってできます。すごく機能にこだわったものでなければ、本当になんでもできます。

PowerPointユーザーが多い

PowerPointはユーザーが多いと言われています。では何故ユーザーが多いことが長所かというと、PowerPointのファイルをやりとりしている時に不具合がないからです。社内ではPowerPointユーザーの方が圧倒的に多いのですが、私や一部の社員はKeynoteを使用しています。

WindowsとMacの間でプレゼンテーションのデータをやり取りをしていたのですが、WindowsからMacにきた途端レイアウトが崩れてしまいます。逆もまたしかりでした。この時、Keynoteの使用は諦めようと思いました。

操作がしづらい

Keynoteを使用して思ったことですが、圧倒的に操作ではKeynoteの方が上です。入れたい画像やアニメーション、テンプレート等どれもが使いたい時に使いたい場所にあります。とりわPowerPointの操作がしづらい訳ではないです。ショートカットキーを覚えている人なら早いかもしれませんが、いちいち操作をする時にヘッド部分にあるタブまでカーソルを持っていくのが結構手間に感じてしまいます。

導入コストが高い

単品購入するといくらなのか調べたところ、15,984円でした。Office関係は結構値段がはるとは思いましたが、予想的中です。PowerPoint単品の購入を考えるとKeynoteで十分かなと思いました。

Keynoteの長所・短所


KeynoteはMacを使用する方がプレゼンの際に多く使用されているソフトです。下記にて、Keynoteの長所・短所をそれぞれ説明します。

綺麗なスライドが作成できる

PowerPointデータと比べるとその差は歴然です。Keynoteはテンプレートなども含めてデザインの美しさが特徴で、簡単なスライドであっても美しい作品に仕上がります。またKeynoteはアニメーションを得意としているため、細かな設定ができます。今回オープニングムービーを作る際にいろいろな指南動画を見ましたが、どれも綺麗で引き込まれるような作品ばかりでした。PowerPointからKeynoteへ変えた人の中には、アニメーションを作りたいがゆえに変えた人もいるようです。

コストパフォーマンスが良い

先ほどPowerPointは高いと述べましたが、Keynoteは2,000円です。2,000円でPowerPointとほぼ同じ機能が使用でき、コストパフォーマンスが非常に優れています。

スマホでの操作が可能

iphoneやipadでKeynoteのアプリがリリースしています。機能などを見ているとすごく便利で、iphoneやタブレットでもスライドの作成が可能で、発表時に無線操作が可能です。またレーザーポインターの役割まで担っている優れものです。PowerPointの場合手で持つもので赤色レーザーポインターが主流かと思いますが、ブレが生じたり照準に合わせるまでゆらゆらしていることがありますが、アプリのポインターの場合、描画ツールで線を書きながらスライドに表示させるので安定しています。

描画ツールでは線だけではなく文字なども書くことができますので、使い方の幅が広がります。今では到達距離が長く簡単なボタン操作でスライドが変えられる高機能なプレゼンテーションマウスなども販売されていますが、Keynoteのアプリがあればこと足ります。

資料として印刷は向いていない

印刷にはすごく弱いです。もともと綺麗なスライドをディスプレイで見てもらうといったプレゼンテーション向きのソフトなので、印刷はうまくできないことが多いみたいです。画面遷移の際にスライドとスライドの間に効果をつけているので資料として配布したりするのであれば、やはりPowerPointの方が優秀です。日本では資料など紙媒体を配布する企業が多いのでPowerPointがまだまだ根強いです。

PowerPointとの互換性悪い

PowerPointで作成したファイルを拡張子.pptx変換する方法でKeynoteでも使用できます。しかし、やはりレイアウト崩れが非常に多く、変換には向いていません。互換性を考えると、Windowsの方とのやり取りはPowerPointをおすすめします。また複数人で作業するのであれば断然ユーザーの多いPowerPointを使用するべきです。

結局どっちがいいのか?


上記の通り、各ソフトの特徴を紹介しました。見栄えの良いスライドを求めたり、スマホやタブレットで作成したい方には、Keynoteが向いています。また、プレゼン初心者の方は基本的な機能が十分備わっているPowerPointが向いています。自分がどんなプレゼンをしたいのか等を決めたうえで、自分に合ったソフトを使いましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree