スクリーンセーバーとは?本来の役目と今後の活用方法

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


パソコンを操作せず、しばらく置いておくと表示されるスクリーンセーバー。Windows10ではロック画面に置き換えられていますが、そもそもスクリーンセーバーとはいったいなんなのか、そしてその活用方法と設定方法を解説していきます。

スクリーンセーバーとは


スクリーンセーバーとは、パソコンに対して操作入力がされない時間が続いた際、ディスプレイに表示されている内容を隠すため、自動でアニメーションや画像を表示する無料のソフトウェアです。

現在では他者によるディスプレイ上の内容閲覧防止として使用されていますが、実装された当時はブラウン管の焼き付き防止のために使用されていました。当時のパソコンのディスプレイはブラウン管を使用されていましたが、時代とともに焼き付きが起こりにくく改良され、現在では液晶ディスプレイが主流となりました。

液晶ディスプレイの登場により、焼き付け発生を心配する必要がなくなったため、今では焼き付け防止のためではなく、エンターテイメントとして、離席中に他者から勝手に画面内容を見られないようにするためのセキュリティーとして使用されています。

クリーンセーバーの目的自体はディスプレイの保護であるため、パソコンに対して操作や入力が確認されなければ自動で起動します。パソコンに対しての操作入力で判断しているため、データの処理などで画面が動いていても起動します。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

スクリーンセーバーは必要なのか


上記でも記したとおり、スクリーンセーバーの本来の目的はディスプレイの焼き付けを防ぐことでした。液晶ディスプレイが主流となった現在では、画面に表示されている内容を離席中に公開しないよう使用されますが、そういったセキュリティー目的のためならばディスプレイ自体を消灯するこでも達成できます。スクリーンセーバーは、パソコンで作業を行なっているときと同様に電気を使用することもふまえると、ディスプレイ自体の電源を切ってしまったほうが良いのかもしれません。

しかし作業の内容や人によっては、離席中、セキュリティーのためにディスプレイの電源を切っておきたい。休憩中、パソコンの画面にお気に入りの画像を流して癒されたい。処理中のパソコンに触ることはできないが、進み具合を確認したいため、スクリーンセーバーが起動しないようにしたい。など、求める内容が異なると思います。

設定を変えることにより、スクリーンセーバーで表示する内容の変更、表示時間の変更、解除が行えますので、設定方法を下記で説明していきます。

Windowsのスクリーンセーバーの設定方法



Windowsのデスクトップ上で右クリックし、表示されたメニューの中から『個人設定』を選択します。

個人設定(パーソナル設定)のページが表示されたら、ページ上のメニューから『ロック画面』を選びます。(Windows8、Windows8.1のかたは、個人設定画面右下の『スクリーンセーバー』をクリックしてください)

ロック画面を選び、表示される項目の中から『スクリーンセーバー設定』をクリックします。スクリーンセーバー設定画面で、表示したいスクリーンセーバーの種類や画像、スクリーンセーバーが起動するまでの待ち時間、起動中のスクリーンセーバーを解除する際パスワードを必要とするかどうかを選び、『OK』をクリックして完了です。

Macのスクリーンセーバーの設定方法


デスクトップのメニューバーから『Appleマーク』(左上にあるりんごのマーク)をクリックします。


Appleマークをクリックするとメニューが表示されます。表示されたメニューから『システム環境設定』を選択します。表示されたシステム環境設定から、『デスクトップとスクリーンセーバー』のアイコンをクリックします。クリックすると、デスクトップとスクリーンセーバーの設定画面が開きます。設定画面のタブを『スクリーンセーバー』に切り替えます。

スクリーンセーバータブに切り替えると、スクリーンセーバーの種類や画像、スクリーンセーバー起動までの待ち時間、時計を一緒に表示するかどうかなどが設定できます。

Windowsのスクリーンセーバーの解除方法


上記で記したWindowsのデスクトップ上で右クリックから、『スクリーンセーバー設定』の画面にて、表示させたいスクリーンセーバーの種類を選ぶ際、『(なし)』を選択します。

Macのスクリーンセーバーの解除方法


上記で記したデスクトップのメニューバーから『システム環境設定』へ、『デスクトップとスクリーンセーバー』のスクリーンセーバータブから、『開始までの時間』を『開始しない』に選択します。

Windowsのスクリーンセーバーをすぐに起動させる方法


Windowsのにはスクリーンセーバーを起動させるショートカットキーはありません。そのため、デスクトップ上にスクリーンセーバーのショートカットを作成する方法を使用します。

エクスプローラーを起動し、下記を入力して開きます。
C:\Windows\System32

開いた先で表示させたいスクリーンセーバーを探し(種類順に整列させると楽です)、デスクトップ上にショートカットキーを作成し、ショートカットキーから実行するとすぐにスクリーンセーバーが起動します。

Macのスクリーンセーバーをすぐに起動させる方法


デスクトップのメニューバーから『Appleマーク』(左上にあるりんごのマーク)をクリックします。Appleマークをクリックするとメニューが表示されます。表示されたメニューから『システム環境設定』を選択します。表示されたシステム環境設定から、『Mission Control』のアイコンをクリックします。

Mission Control画面の左下にある『ホットコーナー』をクリック。すると『画面のコーナーへの機能割り当て』が表示されます。これはマウスのカーソルを画面の四隅に持っていくと、四隅それぞれに設定されている機能が実行されるというものです。画面コーナーへの機能割り当てで、お好きな四隅に『スクリーンセーバーを開始する』を選び、OKをクリックします。

スクリーンセーバーを活かしましょう

本来の目的とは異なる理由で使用されるようになったスクリーンセーバーですが、急な離席や長時間パソコンから離れる可能性がある場合に活用することが可能です。画面にお気に入りの画像を写し癒されながら、さらにお手軽なセキュリティーとして安心して作業に取り組めるようスクリーンセーバーを設定してみてください。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree