働く理由とは?お金のためではなく、その先にある大切な何かとは

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

あなたは働く理由を考えたことがありますか?質問に対して多くの人は「お金を稼いで生活をする為」と答えるでしょう。その答えは間違いではありません。

しかし、きっと働くとは、お金よりも大切な何かの為にあるのではないでしょうか。

金銭的に働く必要のない人が働く理由とは?

私たちのような一般的な人たちは、お金が無くては生きていけません。やりたくない仕事でも、人のためにならない仕事だとしても、お金のために働いているという人は数多くいるのではないでしょうか?これは日本だけではなく、世界中に共通して言えることです。

もし、一生生きていけるだけの十分なお金があったら、あなたは働くことを辞めますか?そもそも、働く目的がお金だけの為なら、お金があるなら働きたくないと思う人がほとんどでしょう。お金のことや仕事のことを考えず、思うままに自分が楽しいと思えることだけをして生きていたいですよね。しかし、その一方で、それでも働くことをやめない人もいます。

不労所得や権利収入など、働かなくても生きていけるだけの十分な収入を得ている人たちはどうなのでしょうか?「なぜ働くの?」と聞くと、以下のような答えが多く挙げられます。

成長

仕事をしていくなかで様々なことを体験し、知らなかった事を知ったり出来なかったことが出来たり、日々そうした経験を重ね、知識を蓄積し成長していくため。

社会とのつながり

仕事をする上で様々な人と出会い、人の縁に喜びを感じ、色々なつながりを生みだし、社会と関わりをもつことから助け合う社会が生まれるため。

やりがい

知識や経験、技術、様々な価値観、人との出会い、お客様からの感謝の言葉などその全てが大きな糧となりやりがいに繋がるため。

人の役に立つ

誰かに褒められたり、誰かと気持ちや情報を共有したり、コミュニケーションをとることは、自分という人間を理解し、成長へとつながるため。

達成感

挑戦することで新しいスキルが身に付いたり、失敗することで経験を得られたり多くの良いことがある。仕事の達成感というものは人生の充実感に結びつくため。

自己表現

人は誰しもなりたい自分のイメージを持っていて、その目標を実現するために働くことで自己表現が達成され、満足度は向上していくため。

一生生きていけるだけの十分なお金を持っていても、仕事を辞めない人たちは、自分の存在意義・存在価値のために働くのです。6つの項目の中にあなたが当てはまるものはありましたか?

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

 

やりたい事や生きがいのために働くには

 

 

お金のためではなく、自分のやりたい事や生きがいのために働くには、お金のために働かなくてはならないという現実から抜け出さなくてはなりません。そのためにはまず、お金の不安を解消することです。

お金の不安から解消されるために必要なことはかなりシンプルです。勤勉に働き倹約に努め、生活に困らないだけの資産を築けばよいのです。そのため、今の仕事を「何のために働いているのかわからない」「働く意味が分からない」と考えている人は、自分のやりたいことや生きがいのために、働いてお金を稼ぎましょう。

お金に縛られずに生きていくためには

お金を稼ぐ必要がなくなり、お金の不安がない場合、あなたは今何をしていますか?今一度、自分の胸に手をあててよく考えてください。子供の頃に「将来の夢は?」と聞かれた時のことを思い出してください。もっと純粋に心が躍り、高揚感が味わえることを想像していたのではないでしょうか?

しかし、大人になって、お金がないと生きていけない、生活していけないという現実に直面したと思います。そのため、お金のために働いて、お金のために仕事を選んで、お金のために様々な選択をしてきてはいませんか?これは、お金に縛られ、お金に翻弄されていると言えるでしょう。

お金持ちになり、経済的自立を果たしてお金の不安が解消されたとき、お金のためではなく、純粋に自分のため、人のためになるようなことをすることができます。一度きりの人生を後悔のないように生きていくには、勤勉に働き、倹約に努め、一刻も早く経済的自立を果たしましょう。

働く以外の選択肢「転職する or 仕事を辞める」

今の仕事をしていても「働く意味が分からない」となるのであれば、今の環境を変えるために転職するのも方法の1つだと思います。新しい環境になることで、何か見えてくるものがあるかもしれません。働くことすら嫌になってしまったら仕事を辞めるという方法も悪くはありません。

今まで生きてきた中で「無くしたものの大切さを知る」という経験は誰しも少なからずあると思います。そのため、一度完全に仕事から離れることで「働く意味」の本質に触れられるかもしれません。しかし、当然ながら仕事を辞め、収入が無くなれば日常生活に支障をきたします。そのため、仕事を辞める前にお金を貯めるなど、何かしらの対策が必要です。仕事を一切しなくなれば、「仕事をしたい」と思うようになる可能性は高いと思います。

働く意味がわからないのであれば何か行動を起こそう

働く『意味』が分からないということは、その意味を調べなければ一生答えは見つからないままです。理由が分からないなら、なにか行動を起こす必要があるのです。その中で、あなただけのやりたい事や生きがいを見つけられることを願っています。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree