効率の良い情報収集方法とは

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


マスメディアのみならず、ネットで好きなだけ情報が得られる現代。他人と差をつけるためには、得る情報量の多さよりも、いかに速く自らが望む情報を入手出来るかが重要になっています。今回は効率良い情報収集の方法について考えてみます。

情報収集をする場合の例

情報収集を行う場面では、どんな情報をどのように獲得してるのでしょうか。転職する場合を例に挙げてみます。

仕事を探す場合には、インターネットの転職サイトで調べることも多いでしょう。転職サイトに会員登録を行い、希望する職種の情報だけを自分に届くようにすることもできますよね。もちろんネットだけでなく、求人雑誌をチェックしたりハローワークの事務所にいってみたり、自分の働きたい職種希望を知人に伝え、紹介してもらうこともあるでしょう。転職エージェントを利用する人もいるかもしれません。

また新しい会社に応募するための職務経歴書の記入方法、転職面接で失敗しない方法も調べなくてはいけません。

同時に退職方法の情報も、会社の上司や人事担当者に確認して入手しなければなりません。会社のルールという情報を集め、ルールに則って退職手続きを行うためには、確認しておくことも多く存在します。行動を起こすためには、集めなくてはいけない情報が必ず存在するということになるのです。

情報収集することについて、転職する場合を例に挙げましたが、知らないこと、初めて経験する事柄においては、特に多くの情報を集めなくてはいけません。しかし、ネットをはじめ様々な情報発信ツールから、処理しきれないほどの情報を浴びせられている現代人。自分にとって必要な情報を効率よく獲得するスタイルを持たないと、情報の多さが反対に、正しい判断が出来ない現象を招くことも多いのではないでしょうか。

情報収集が上手でない人の特徴とは

上手に情報収集ができない人の特徴をあげてみました。

1.情報に優先順位をつけない

特にビジネスにおいては、情報に優先順位をつけることは行動を決定するためには必要です。会社にとって重要な情報かどうか。会社における自分の役割においてどうかという判断基準を持たずに、目や耳に入る全ての情報を均等に保存しようとしている人も多く見受けられますが、上手な情報収集方法とは言えません。必要な情報だけを確実に収集することが必要です。

2.いつか役に立つだろうと考える

今必要では無い情報も、メモしたりして大事に保存する。メモをすること自体にも時間がかかっていることも考えずに、ひたすらに情報集めに注力することは無駄な行為です。会社にとって利益を生む行動は情報を集めることではなく、情報を活かしてクライアントへ企画提案するなどの現実の行動です。情報を集めることだけで売上や利益がアップするわけではないのです。

3.集めた情報の整理が出来ていない

聞いた話、情報を頭の中だけに留めている人も多いようです。集めた情報で頭がいっぱいになり、結果冷静な判断ができなくなる。覚えておこうとするばかりに今やらなくてはいけないことに集中出来ない状態も頻繁に発生します。人の記憶は曖昧なものです。留めておいた情報の精度も時間がたつにつれ落ちていくでしょう。

効率を重視した情報収集法とは

情報収集が苦手な人が、効率良く収集出来るポイントを紹介します。

1.情報の全体をつかむ意識で入手する

あなたが情報収集をする場合には、細かい部分から詰め込むのではなく、全体としてとらえる意識で受け入れましょう。例えば、本であればまず目次や見出しを見て、見ている本が何を伝えたいのかを捉えてから読むと読むスピードも上がり、逆に細かな説明も理解しやすくなります。

2.情報収集に完璧を求めない

情報を集める目的は、自らが行動を起こす判断材料にすることです。今の時代、集めようと思えば際限なく情報を集めることができてしまいます。先にも書きましたが、情報収集が会社の売上を作るわけではありません。あくまでも成果を得るための武器の一つと考え、必要な情報を、どの程度まで集めるのかの基準を設定するとよいでしょう。

3.目的別に情報収集元を決める

あなたが情報を効率よく入手することを求めるのであれば、情報入手先を自分なりに決めておきましょう。やみくもにネットで関連する先を閲覧するより、金融情報はヤフーファイナンス、地元のニュースは地方紙、新しいビジネスサービスの情報は日経新聞のウェブサイトとおけば、情報を探す手間と時間が省略できます。

あわせて、ニュースや情報の出典元となる調査機関や論文名にも目を配ることで、信頼できる情報かどうかの確認もしておくとよいでしょう。あなたが情報の入手先を限定することで、余計な情報に惑わされることなく、素早い行動に繋がることも仕事で成果をあげるためのプラスに働くのです。

世の中の多くが知りえる情報とは別に、業種によって必要な専門情報は異なります。投資家の方であれば、市場参加者の動きや株式市場の動向、現在の株の価格は必ず知っておくべきですよね。自分の脳に記憶できる量には限りがあることを意識して、仕事に必要な情報を逃さず入手できるようにしてください。

まとめ

情報収集についてのポイントを中心に紹介しましたが、大切なことは情報をいかに適切に保管しておけるか、必要が無くなった情報をいかに捨てられるか。自らが情報を収集したあとの活用こそ、膨大な情報にさらされる現代では大切であると、最後にお伝えさせていただきます。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree