営業力アップのために、心がけること

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


コミュニケーション力、調整力、人脈、経験。営業職として自社商品のことを十分に理解していることは前提として、成果を上げるためには身につけなくてはいけない要素がたくさんありますよね。今回は、営業力アップのための取り組みについてお伝えしていきます。

営業の仕事とは

営業は、その会社のサービスを提供する際の、窓口となるポジションですよね。
世の中には様々な業種があり、業種によって、その営業方法も大きく違ってくるかと思います。

ただ、基本的に営業の仕事とは、自社の商品やサービスを正しく理解し、それをより多くのお客様に正しく伝え活用頂くことで、お客様の利益に貢献する。「やってよかった」「買ってよかった」という状況のきっかけを作る仕事だと言えます。

もちろん、自社の売り上げを獲得するという使命も担っているわけですが、クライアントに、人に、世の中に貢献するという、大きな意味での信念的なものを持ちえない限り、営業という職業は、長く続けられないのではないのでしょうか。

仕事を依頼される人の特徴

営業スタイルは人それぞれと書きましたが、多くのお客様に信頼され、重要な仕事を依頼される営業マンとは、どういう人なのでしょうか。あなたがもし、仕事を発注する立場ならどういう人にお願いしようと思うのか。そう考えると分かりやすいですよね。

知識の幅が狭い人にお願いしますか?色んな事を知っている人にお願いしますか?言われたことを言われたままに提案する人ですか?それとも、自分の会社の事を考えて、自分が考えつかないような展開を提案してくれる人ですか?

また、知らない人に大事な仕事をお願いしますか?知ってる人にお願いしますか?答えは決まっていますよね。

自らが提供するサービス・商品知識は当然として、他の事柄についても興味関心を持ち、知っている。そして、自社の売り上げではなく、クライアントの利益の為にという視点で先を見た提案をする。きっかけとなる人脈が幅広い。今ご紹介したような人は、忙しくしているにも関わらず、次々に依頼が舞い込んできます。

身近で良い成績を上げている人の日々の行動を観察してみてください。成績を上げている営業マンは、見えないところで努力をしています。売上を上げるための努力でもあるのですが、自らの人間力をアップさせる行動を、継続的に行っています。人間力をアップさせる努力が営業にとって大事であることを知っているのです。

営業力アップへ

上司からアドバイスとして、様々な言葉をもらいますが、最も大切なことはどんなことであれ継続して積み重ねていくことだと感じます。

・早く会社に来て、朝の時間を上手に使うこと。
・本をたくさん読むこと。
・見たことのない、行ったことのないお店、場所に行くこと。
・SNSで発信すること。
・知らない人と会う、食事する機会を作ること。
・自ら相手の懐に飛び込んでいくこと。
(注/ 飛び込み営業ということではない)

営業は人間同士の、クライアントとのコミュニケーションが大変重要な部分を占めています。
そのコミュニケーションが取れない営業マンは、売上を伸ばすことは難しいでしょう。

営業活動の場面では、提案や業務打合せのみではない、雑談が出来るというのも重要となります。趣味や食の話題などで、相手に興味を持って話をしてもらうような展開づくりも、依頼獲得のためには重要です。好奇心を持って、色んな土地に行ったり、旅をしたり、美味しいと評判のお店にいち早く訪れてみたり。日々の行動の積み重ねが、発信力のある営業マンとして相手に興味を持ってもらえる存在になり、クライアントが時間を割いてでも会いたいと思ってもらえるようなパートナーになっていくのです。

まとめ

SNSをはじめ発信手段が豊富にある現在。他者から選ばれる営業マンになるためには、セルフプロデュースも欠かせません。自らの情報や考えをどんどん発信する営業マンは、吸引力を発揮しクライアントを獲得しやすくしています。営業職のみなさん、体験や知識をもっと発信していきましょう。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree