20代のビジネスマンにおすすめ! ライバルに差をつけるための必読ビジネス書

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

たくさんの人と話すこと、テレビを見ること、ネット記事を読むなど世の中は学習の機会で溢れています。

その中でも成功者の経験を間接的に吸収できる”読書”はとても大事な学習手段と言えます。

今回はまわりのライバルよりも圧倒的に成長するために20代で読むべき必読ビジネス書を紹介します。

 

なぜ読書が重要なのか

ビジネスにおいて成功している人は本をよく読む人が多いです。しかし、むやみに人気の本や話題の本を読めばいいというわけではありません。
良書といわれる本を多く読み、自分の中に質の高い情報を積み上げていくことが重要です。
では、どのように本を選んでいけばいいのかが問題ですが、いくつかのポイントを紹介したいと思います。

 

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

読むべき本の選び方

人が読むべき本はその人がおかれる環境や年齢によって大きく変わります。

しかし、20代のビジネスマンが最低限身に着けるべき知識やスキルというものは、どんな仕事をしている人でも共通するものがあります。

いくつかのジャンルに分けて紹介したいと思います。

 

仕事に対する考え方や姿勢

20代のビジネスマンが大きく成長するには、仕事に対してどういう考え方をもち、どういう姿勢で向き合うかがとても重要になります。それらはもちろん、現場で学んでいくことが一番効果的ですが、ビジネス書からも吸収していくことはできます。

例えば、社会人1年目に向けたビジネス本や、論語などの古くから伝わる古書はおすすめです。なぜなら、一人の大人として社会で働くことはほとんどの人が経験しており、その中でも成功している人がもつ考え方や言葉は共通しているものが多いからです。

そういう成功者に直接会えればいいのかもしれませんが、そういうわけにもいかないので、有効的な手段となるのが読書です。「働く」ということに対して大切なことやその意味までを成功者の経験をもとに学習することができます。

 

視座の高い考え方

若いうちは日々の仕事に集中するため、視野は広がっていくのですが、より高次元での考え方、つまり視座の高い考え方を身に着ける機会が少なくなってしまいます。

例えば、社会人になるときには、「これを成し遂げる」や「これくらいのお金を稼ぐ」などの目標や夢を持っていた人は多いように思います。ただ、実際に働いていく中で、目の前の仕事に追われ、視野ばかりが広がり、高い目線で先を見ることができなくなる人も多いように思います。

大きなことを成し遂げるためには高次元の価値観が重要です。そういう場合は、知名度の高い経営者が書いた本がおすすめです。著名経営者は、日々の仕事に邁進しながらも自分がもつ目標や夢を忘れず、努力をしていったような人がほとんどです。

そういう方々が考える生き方や、仕事術などは自分自身の仕事に対する意欲やモチベーションを後押ししてくれるものが多いです。

 

周りの人とのコミュニケーション

仕事をする中で一番悩むことが多いのが人間関係です。社内・社外と毎日多くの人とのやり取りが発生することは避けられません。そんな時に、どうすれば他人の心に入り込むことができるのかなどのコツや方法は知っておくべきです。

これらは営業のテクニック本などが有効です。人間関係は人の心の交わりでもあるため、必ずしも論理的に解決できない部分はあるかと思います。ただ、人間の心理には共通点があることもまた事実です。こういう人にはどのような対応をすべきなのかなど、一定の法則を理解しておくことも重要です。

 

20代で読むべきおすすめのビジネス書

上記の項目に沿って、おすすめのビジネス書を紹介したいと思います。良書探しは周りのひとから紹介してもらうことが一番の近道です。

多くの人がおすすめする必読書から手に取ってみましょう。

 

「仕事に対する考え方や姿勢」が学べる本

本書は、ライフネット生命保険、代表取締役社長の岩瀬大輔氏が社会人1年目の人に向けて、働く上で大切にすべき考え方を書いた一冊です。多くの会社がこの本を入社1年目の社員の必読書としています。

具体的な仕事の進め方や時間の使い方などのコツも書いており、社会人としての基礎が確立される1冊です。社会人1~2年目の方には必ず読んでほしい本です。

 

幻冬舎代表の見城氏、サイバーエージェント代表の藤田氏が、自身の経験に基づきながら、自らの仕事観について語り合っている一冊です。

幻冬舎もサイバーエージェントも今では誰もが知っている一流の会社です。ただ、そこに行きつくまでにはかなりの苦労があったのだと知ることになります。

成功している人ほど多くの苦労を経験していますが、その中でも「憂鬱でなければ、仕事じゃない」と言い切れる価値観は若いうちに身に着けておくべきものであります。

 

少し視点は変わりますが、こういった古書も非常に学びの多いものです。人が身に着けるべき処世の道が詰まっています。著者は洪自誠という明の時代を生きた人です。

多くの経営者が自分のバイブルとするような本でもあります。

 

視座の高まる本

本書はソフトバンクグループの代表、孫正義氏の幼少期から近年の成功までを書いた本です。

孫氏といえば、携帯事業や今では海外でのファンドが注目されていますが、その幼少期や学生時代はかなり厳しい経験もされています。

そんな中でも自分の夢を人生の使命だと言い聞かせ、一度もあきらめることなく突き進む姿はとても印象的です。

現在、世界でも有名な経営者ともいえる孫氏ですが、その考え方や価値観は学生からベテランのビジネスマンまで誰もが勉強になるものだといえます。

 

本書は楽天代表の三木谷氏が仕事を進めるうえでの重要な要素を成功のコンセプトとして紹介している本です。

楽天といえば楽天市場が代表的な事業として連想されますが、この事業で成果をあげるのはかなり泥臭く足を使ったものであったようです。

三木谷氏は、事業を拡大していく中で成功するため、もっといえば仕事をいい方向へと進めていくために重要なことをその下積みの過程のなかで見出していきます。

三木谷氏の経験を裏付けとして書かれているからこそ、とても説得力を感じます。

これも若いビジネスマンは必ず読むべき一冊です。

 

「周りの人とのコミュニケーション」を学べる本

本書は1937年より多くの人に愛されている本です。人間の本質を捉え、人の心を動かすための行動や振る舞いを見える化しています。

多くの人は周りの人が自分の思うように動いてくれないことに対して、相手に責任があると感じてしまうと思います。しかし、それは自分の発言や行動を変えることを実践するだけで大きく変容させることができることもあります。

人の心理の変化をマーケティング分析して紹介した、非常に学びのある1冊です。

 

本書の著者は、自身が宗教などで騙された経験にもとづいて、人の心理的メカニズムの解明を追及しました。人の心の動きに一定の法則を見出し、それらに対する戦略的対応法をまとめたものになります。

一流の営業マンといわれる人がよく愛読書として紹介することが多い本です。それだけの意味があって、正確に人の心理を捉えた著書であると言えると思います。

 

良書に出会うためにはすぐに行動することが大切

自分を成長させてくれる良書に出会うコツはすぐに読み始めることです。誰かがおすすめしてくれた本はすぐに手元に用意しましょう。

今はAmazonや楽天ブックスを利用すれば、すぐに購入することができます。

自分の成長に伸び悩んでいる人、やりたいことが見つからない大学生、将来が不安になり転職エージェントを訪ねている人。そんな方々は、一冊の良書で得たヒントが大きく人生を変えてくれるかもしれません。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree