悲観は気分・感情に属し、楽観は意志に属する

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

ちょっと知人と話している中で、悲観的と楽観的の違いや人によって受け取り方が異なるよね的な話で盛り上がりましたのでその話題。

嫌なことがあると、すぐに怒ったり、落ち込んだりする人。そんな人は、気分・感情に流されやすく、意思が弱いと言えるんじゃないかなあ。
「◯◯だったら、どうしよう…◯◯になっちゃったら、どうしよう…」そんなことばっかり考えてたら、それだけで短い人生が終わっちゃう。

知人はこんなことをうそぶいていましたが、まったく同感です。私の知る限り、うまくいっている人、凄い人は総じて「楽観主義者」です。

楽観主義者には、軸となる意思があります。

  • こんな会社にしたい!
  • こんなふうに人生をエンジョイしたい!
  • こんな姿勢で仲間と、お客様と付き合っていきたい!
  • ここだけは譲れない!

軸となる意思があり、その意思によってポジティブ。それが楽観を生んでいると考えています。気分や感情が意思よりもまさっている状態だと悲観的になります。悲観的になると、心配ばっかり先立って行動できません。

つらい、きびしい、できない、やりたくない、、、

感情が先行している時点で、ずっとこの先、思い描く未来が描けない。これこそまさに、悲観が悲劇を生んでいると言えますね…。汗
そのために、軸が、意思が、大事だっつー話です。だから、理念や思念が大事なんですよねと個人的に理解しています。悲観は気分・感情に属し、楽観は意志に属する。

これ、覚えておくべし!よっしゃ。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree