目的と目標と手段の違いを理解しよう!例を挙げて徹底解説

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

みなさん、目的と目標と手段の意味を答えられますか?何となくの違いはわかると思いますが、実際に、言葉で説明しようとすると明確な関係性の説明は難しいですね。記事を通して、意味の説明はもちろんですが、有効に使う方法についても説明をしていきます。

目的と目標と手段の意味

目的

成し遂げようとして、実現を目指す事柄です。今取り組んでいることが、何のために取り組んでいるのか?取り組む為の理由が目的です。

目標

目的を達成するための目印、達成すべき事です。目的を達成するための通過点が目標です。

手段

目標を達成するために行うことです。目標達成のための方法が手段です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

目的と目標はどう違うのか

皆さんは、日々の生活の中や、仕事において目標や目的を持って生活をしていますか?
目標や目的を持っている人とそうでない人では、時間の使い方や物事に対する考え方も大きく変わってくるので、一度、自分の目標や目的は何か振り返るといいでしょう。

ところで、「目的」と「目標」の違いは何でしょうか?あなたは、日々、生きていく中で、何かしら成し遂げたいことを持ちながら過ごしているはずです。
つまり、目的と目標、共に達成したい事を表す言葉として使用していませんか?混同して使用している場合は、意味や使い方をしっかり理解し、使い方を分けることで生活やビジネスシーンで活用することができます。

目的と目標の違い

目的は「成し遂げようとして、実現を目指す事柄。今取り組んでいることが、何のために取り組んでいるのか?取り組む為の理由」です。

一方、目標は「目的を達成するための目印、達成すべき事。目的を達成するための通過点」です。

目的は抽象的で目標は具体的

目的と目標の違いですが、目的は「理由」なので抽象的な表現になり、目標は「目印」なので具体的な数字や事柄で表現されます。


目的と目標の違いを捉えるコツは、「なぜ?」と「どうしたら可能か?」を掘り下げて考えてみる事です。「なぜ?」を掘り下げていくとより抽象的になり、「どうしたら可能か?」を掘り下げていくとより具体的になっていきます。

「なぜ?」が目的であり、「どうしたら可能か?」が目標となります。共に掘り下げて考えていくことで、より明確になっていきます。

目的・目標・手段の違いがわかる例

具体例を一つ挙げて説明します。例えば高校生の時に、「将来、希望の仕事に就くために大学に行こう」と考えたことが、一度はあるのではないでしょうか?

当たり前ですが、大学に通うためには大学受験に合格しなければなりません。合格するためには、必要な学力、知識を身に付ける必要があります。

目的:A大学に合格する
目標:センター試験で〇〇〇点を取る
手段:毎日2時間勉強をする

上記の場合、目的が「A大学に合格する」ですが何のために大学に行きたかったのでしょうか?さらに上の目的には「希望の仕事に就きたい」という目的があります。
希望の仕事に就くために、A大学に合格することが目標となります。
上記の場合のように、目的も目標となり、立場が入れ替わることがあるので、混乱するかと思います。

個人的にですが、人生の最大の目的は「幸せになること」だと思っています。「幸せになる」を大目的とすると、目印として目標が設定できます。目印として設定した目標が中目的となり、下に小目的の設定が出来ます。どの場所にいても大目的を忘れないことが重要です。

経営における目的と目標と手段の違い

組織運用や経営においても、目的と目標と手段の違いを明確化することは重要です。

経営における目的は企業によって様々かと思います。その目的が集約されたものが「経営理念」であるといえるかもしれません。経営理念とは経営者が、自分の会社がどうあるべきかを表した言葉です。

例えば、ある会社の経営理念が「社会に貢献できるグローバル企業になること」であるとしましょう。この経営理念は企業の大目的となります。会社を経営理念の状態にするために、様々な目標が設定されます。

年度の予算計画や事業方針を固めていき、それに伴って採用計画を立てます。グローバル企業を目指すわけですから、英語などを含めた社員教育も必要になるかもしれません。

また、様々な目標を達成するための手段として、例えば、年度の目標予算計画を達成するために、月ごとの行動目標や、前月や昨年に対しての改善案、契約内容の見直しなどを手段として考えていきます。

明確な目的を持つことが大切

私たちは時として、仕事や人生において目的と目標と手段の区別が付きにくくなってしまうことがあります。何故なら目的は、次の目的を達成するための、目標や手段になることがあるからです。

明確な目標を決めること。人生の最大のゴールを決めることこそがブレない唯一の方法です。仕事をするということも、より良い人生を送るための目標であり、手段です。人生で何を成し遂げたいのか、成し遂げるためには、何をどうしたら可能になるのか、しっかり自分と向き合う必要があります。

目的を達成するために目標と手段をきめる

目的と目標と手段の違いを説明してきました。言葉で理解することは簡単ですが、いざ仕事や自分の人生に置き換えてみると、目的と目標と手段が何だったのか良く分からなく場合に陥る事があります。

一番の目的をしっかり持ち、目的を達成する為に目標と手段を決めていきましょう。それこそが、自分の人生によりよい意味を持たせるための近道となります。

 

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree