鏡の法則から考える仕事のやり方

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

鏡の法則を知っていますか?
人生は自分の鏡です。あなたは、自分の周りにいる人、自分に起こった出来事の意味を考えたことはありますか?自分の身の周りの出来事は、自分自身が招いた結果かもしれません。今回は、鏡の法則についてお話していきます。

鏡の法則とは?

鏡の法則という言葉をよく耳にしたことがあるのではないでしょうか?心理学には、臨床心理学、社会心理学、発達心理学、心理学講座、進化心理学がありますが、今回お話しする鏡の法則は、自分の周りにいる人たちの言動、態度、出来事は自分を映し出している、投影という心理学です。

相手の悪いところばかりに目がいってしまうのは、自分の心のうちが関っているのです。

好きではない友人、苦手な上司、わがままな部下、いつも喧嘩になる恋人、うるさい両親、と感じたことがある人がほとんどではないでしょうか。このような人間関係の悩みは尽きず、ほとんどの人が相手をどうにか改善させたいと思っています。

しかし、それはとても難しいことです。なぜなら、自分の人生に起こる出来事や、出会う人たち、付き合う人たちは自分を映し出している鏡だからです。
鏡で自分の姿を見たときのことを思い返してください。

  • 朝についている寝ぐせを直せば、鏡の中の寝ぐせも直ります
  • 笑顔になれば、鏡の中の自分も笑顔になります
  • 怒った顔をすれば、鏡の中の自分も怒って怖い顔をしています
  • 泣いているときは、鏡の中の自分も涙を流しています

このように、鏡の中の自分を変えたければ、自分が変わるしかありません。相手を変えたければ、まずは自分自身を見つめ直し、問題を改善することが相手を変える近道です。

自分が変わるだけで相手も変わるの!?と思った方もいるでしょう。鏡の法則の心理テクニック、コミュニケーション方法は今では常識的な活用ツールなのです。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

あなたの会社に、同僚や友達の悪口ばかり言っている人はいませんか?

例えば、会社でいつも同僚の悪口や批判をしている人があなたの周りにいませんか?会社には実際にこういう方はいると思います。

しかし、あなたの周りの人は自分の写し鏡であり、『鏡の法則』ということに気づいていないのです。会社の同僚であろうが、友達であろうが、あなたの周りにいる人は、あなたにピッタリな人になる、ということです。

仕事をしていて、友達と付き合っていて、レベルが合わない。と思ったことはありませんか?周りが鏡の法則ではなくなってくると、自然と離れていくのです。そして、自分に合ったレベルの人と付き合っていくようになります。

実践しての効果はいつやってくるのか?

実際に実践してもいつ効果がでるのかわからない。いつ自分に返ってくるのだろう。と思う方もいるのではないですか?

  • 丁寧な接客を意識し行っているにも関わらずクレームが続く
  • 笑顔で挨拶をしたのに目を見てくれない
  • 部下に優しく接していたら以前よりもさらに調子に乗ってしまった
  • 元気に話しかけたのに、素っ気ない返事しか返ってこない

鏡の法則の話を聞いて実践してみたものの、すぐに効果がでないために、やめてしまう人は多くいます。人の心理というものはすぐに変わるものではありません。何度も何度も繰り返し伝えていくことで、やっと相手に伝わるのです。一度試して終わるのではなく、習慣化することが大事なのです。

鏡の法則を実際に試してみる

では、実際に鏡の効果を試してみましょう。

自分のことを好きになる

人は人と対面した際、人を投影していることが多いのです。人の良く見えるところは自分では足りないと思っているところであり、人の嫌なところは、自分のコンプレックスと思っています。

時間に厳しい人が時間にルーズな人を見ると疑問に思いますし、空気を読もうとしている人が空気を壊している人をみると気になると思います。自分はこんなに意識して行動しているのに、なぜあの人はそのような行動をとるのか?と疑問にしか思わないのではないでしょうか。

つまり、自分に多くのコンプレックスがあり、自分の嫌いなところが多いことが原因で、人の嫌なところに目がいきやすいのです。

人の嫌なところに目がいかないよう改善するには、まずは自分を好きになることです。自分のことが好きになれない人は、誰かを好きになることができないと思います。

まずは自分自身を好きになり、自分の嫌いなところも好きなところに変えていきましょう。

自分も相手に同じことをしていませんか?

人から信用されていないと感じる。嫌われているのではないか?自分にだけ冷たい態度をとられる。そういったことを感じる場合、実は自分も他者に同じ行動を行っている可能性が高いです。

何かを変えたい時は自分自身の行いを思い返し、自分の過去にそのような行動をとっていなかったのか、誰かに同じ思いはさせていなかったのか。を思い返してみましょう。
いい意味でも悪い意味でも自分が行ったことは全て自分に返ってくることを忘れないでおきましょう。

自分の感じ方を変える

毎日生きていく中で良いことだけ起きる人なんていませんし、苦手と思う人に会わないこともありません。それでは、どのように解決すれば良いのでしょうか?

世の中、幸せな人にも不幸せな人にも平等に物事は起こります。しかし、どんな現実も個人の気持ち次第で良いこと、悪いことどちらでも感じることができます。物事を良く捉えるために一番実践しやすいことは、多くの良いことを見つける事です。

  • 自分が苦手だと思う人に対しては
  • 心配ばかりしてお節介な人は周りのことを考えてくれている人
  • 仕事に口出しをしてくる人は誰よりも仕事熱心な人
  • 横柄な態度をとる人は自分に自信を持っている人

苦手なところも裏を返せば長所になりますよね。そういったところを自分から見つけ出すことで自然と見え方が変わってくるのではないでしょうか。

不幸な出来事に対しても下記のように感じることができれば不幸ではなくなります。

  • ギャンブルで損をしたが、お金の大切さがわかった、次回からは気を付けよう
  • 日々の不摂生のせいで体を壊した。体調管理の重要性を理解して、今後の食事には気をつけよう
  • 大事な物を盗まれた、今後は防犯管理を怠らないようにしよう

など、不幸なことが起きたときの自分の捉え方一つでそのあとの考え方、人生すら変わるのだと思います。不幸なことが起きてしまった結果は変えることができません。現実に対して、自分がどのように変わっていくのか、すべてが考え方次第になります。

幸せな人というのは良いことばかりが起きているのではなく、不幸なことが起きても良いこととしてとらえていける人なのです。

人に起こることは平等です。人、物事に対して、自分の捉え方や考え方次第で目の前にあることを良いことに変えることをできれば見える世界も変わります。

『鏡の法則』の執筆者 野口嘉則さん

2006年に出版された、「鏡の法則」
この本は、野口嘉則さんがブログ記事で紹介し、大反響を呼び、書籍化された1冊です。
Amazonから、書籍版、Kindleにてぜひ読んでみてください。

会社でも実践してみましょう

上記でお話ししたことが、仕事にも大いに活用することができます。社内のスタッフ、お客様にも鏡の法則を使うことで、きっと良好な人間関係を築けることができるのではないでしょうか。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree