社会人なら名刺交換の方法を覚えておこう!渡し方と受け取り方の基本マナー

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

社会人なら名刺交換の方法を覚えておこう!渡し方と受け取り方の基本マナー

社会人になったらしっかり覚えておくビジネスマナーの1つである名刺交換。名刺交換の方法を知らなかったり、間違った方法を覚えている方もいらっしゃるかと思います。今回は名刺交換についてご紹介します。

名刺交換の前に行うこと

名刺交換といえば営業の方が多いかと思いますが、他の部署の方も交換する機会があるかと思います。うっかり用意を忘れたりしないように、名刺交換を行う前にしっかり準備をしましょう。

名刺入れの購入

名刺入れを用意せず、ポケットなどから相手に名刺を渡す行為は相手に不快感を与える可能性があります。会社の品位も疑われかねないので、社会人として相応しい名刺入れを用意しましょう。黒色などの落ち着いた色合いの革製品のものですと、場を選ばないのでおすすめです。プラスチックやアルミ製のものですと、少々カジュアルな印象を持たれてしまうため、ビジネスの場だとあまり相応しくないかもしれないです。

名刺が切れていないか

名刺は常に切らさないように、事前にチェックしておくことが大切です。切れそうな場合は早めに手配しておくと安心です。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

名刺交換の方法

1対1の場合と、複数人の場合で渡し方が違います。まず、渡し方の基本を確認します。

名刺を渡すときは立ち上がる。

座った状態で相手に名刺を渡すのはマナー違反です。立ち上がって名刺を渡しましょう。

名刺を両手で持って、相手に渡す。

名刺を両手で持ち、相手に向けて差し出します。その際に、自分の会社名や名前を名乗りましょう。例:「○○○会社の○○○と申します」

ここで注意しなければならないことは、自分が相手より目下の場合です。目下の場合、先に名刺を渡す必要があります。先に目上の人から渡されてしまったら、一言断りを入れてから受け取りましょう。

名刺を受け取る。

名刺を受け取る際は、両手で「頂戴します」と言いながら受け取りましょう。お互いに、名刺を差し出す際には、右手で名刺を渡し、左手で名刺を受け取ります。受け取る際にも、目上の人が先に受け取ることを忘れないようにしましょう。ここで気をつけなければならないのが、受け取る際に相手のロゴマークなどに指を置かないことです。

名刺交換が終わったら

受け取った名刺は名刺入れに仕舞わずに見える位置に名刺入れの上に置き、テーブルに並べます。名刺を仕舞うタイミングは相手に合わせたり、周りの雰囲気に合わせましょう。すぐ仕舞わないように気をつけてください。

複数人で名刺交換をする場合

一対一で行う場合と、渡す順番が複雑になります。名刺は役職が高い方から順に渡していきます。例えば、上司と同行した場合は取引先の役職の高い人と上司から交換が始まります。人数が多い場合は、名前を覚えるためにも受け取った名刺を席順に並べると良いでしょう。

受け取った名刺の管理

もらった名刺は無くさないようにしっかり名刺入れに仕舞い、会社に戻ったら名刺ホルダーなどで管理をしましょう。忘れないように、名刺には交換した日付など情報を書き込みましょう。次の会話に繋がるように、得られた情報も書き込んでおくとよいです。

名刺交換後のメール

大人数で名刺交換をすると、どうしても相手の印象に残らないことが多いです。名刺交換後にメールを送ると、覚えてもらえるだけでなく、相手に良い印象を与えることができます。

メールで送る

相手のタイミングで確認ができる、メールで送ることがベストです。会社名・名前などはもちろん、相手が自分のことを思い出せるような文章をメールに入れましょう。

就職活動で名刺交換をする場合

就職活動中でも名刺をいただく場合があります。こちら側が必ずしも用意する必要はありません。ただ、受け取る際には記事の前半でお伝えしたマナーを忘れずにしましょう。

海外で名刺交換をする場合

日本だけでなく、海外出張などで名刺交換をする場合もあります。

名刺交換はあまり重視されていない

日本と異なり海外ではあまり名刺交換を重視されていません。そのため、名刺交換が行われないこともあります。海外では名刺より、会話などが重視される傾向のようです。名刺は英語「business card」となります。名刺交換をしたいことを伝えると良いでしょう。

まず会ったら握手と挨拶

まずは握手と自己紹介から始まります。握手はしっかり行いましょう。名刺交換は最後となります。

海外の名刺交換のマナーを覚えて、相手に不快感を与えないようにしましょう。会話も円滑に進められるはずです。

名刺交換でやってはいけないこと

名刺交換で下記のことを気をつけましょう。相手に悪い印象を与えてしまいます。

うっかりやってしまわないように、気をつけてください。

  • ポケットやカバンから直接出さない。
  • 片手で名刺を受け取る。
  • 貰った名刺にその場でメモを取る。
  • 名刺を適当に扱う。

その他にもやってはいけないことがありますので、確認してから名刺交換を行うようにしましょう。

名刺交換は社会人において大事なこと

名刺交換は自分だけでなく、会社の印象にも繋がります。今後の仕事を円滑に進めるためにも、名刺交換のマナーはしっかり覚えておきましょう。貰った名刺は今後のためにも丁寧に保管してください。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree