類人猿分類の診断結果を仕事に活かそう

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

人は褒められてこそ伸びると思います。
しかし、無意味に褒められるとどうでしょうか?
最悪の場合、相手は「バカにされているのでは?」と感じることになります。

お互いに認め合い褒めることで人間関係が良くなりチーム力は高まります。
チームの能力を最大限引き出し仕事に活かすためには「褒める能力」も必要ではないでしょうか?

個人の能力・性格を活かすため、Bigmacでは入社前に類人猿分類診断を行っています。

類人猿分類とは

人間を4つの動物タイプに分ける、性格分類法です。
タイプ別に特徴をご紹介していきます。
決して心理テストというものではありません。

チンパンジー

 得意分野

  • 新規開拓
  • リーダー役
  • 取引先との交渉

苦手分野

  • 地味で単調な業務
  • 成果の見えにくい業務

長所

  • 負けず嫌い
  • 決断力がある
  • スピード感がある
  • コミュニケーション能力が高い

短所

  • 短気
  • 嫉妬心が強い

チンパンジータイプはまさにリーダータイプ。
誰もやった事がない仕事でも躊躇はしません。
とりあえず、「やってみる。動く」に尽きます。
合理的なので無駄を出さずスピーディーに、勝つことを重要視し業務をこなしていきます。

オランウータン

 得意分野

  • 企画立案
  • クリエイター
  • データ分析

苦手分野

  • 接客
  • 単調な業務
  • チーム運営

長所

  • 集中力が高い
  • 好きなことであれば頑張る事ができる
  • 物事の本質をつきとめようとする

短所

  • 頑固
  • コミュニケーション能力が低いc

オランウータンタイプに分類されている人は、職人気質で独創的なアイデアの持ち主です。
納得がいくまで粘り強く考え業務をこなします。
感情に寄り添ったフォローは出来ませんが論理的に指導することが得意です。

ゴリラ

 得意分野

  • 単調な業務
  • ルールの遵守
  • 会議の記録等の書記業務

苦手分野

  • 裁量の多い業務
  • インパクトを重要とする仕事
  • 創造的な仕事

長所

  • 真面目
  • 優しい
  • メンバー思い

短所

  • 融通が利かない
  • アクシデントに弱く臆病

調和を最も大事に思っているのがゴリラタイプです。
優柔不断なところもありますが真面目一徹でチームの縁の下の力持ちのような存在です。
単純作業を丁寧に確実にこなすところもゴリラタイプの良い特徴です。

ボノボ

 得意分野

  • 会社内・チーム内のムード作り
  • 困っている人へのフォロー
  • ワクワクする販促物の作成

苦手分野

  • 責任の重い仕事
  • 裁量の多い仕事
  • 分析や論理的思考を用いる仕事

長所

  • 相手の気持ちを思いやる
  • 高いコミュニケーション能力
  • 物事の本質をつきとめようとする

短所

  • 説明がわかりづらい
  • 言動に一貫性がない

ボノボタイプは感受性が豊かで人の気持ちに寄り添う事を得意とします。
チーム内のクッション材として大きく貢献します。
人間関係だけでなく、時代やクライアントの空気を察することも得意なため、サービス向上の立案でも力を発揮します。

どの部分を褒められたいのか

例として、チーム内で一つのプロジェクトが成功したとします。
その事柄一つでも人によりポイントは異なります。

  1. あなたに頼んで良かったなど、本人にスポットをあてた褒め方
  2.  仕事のやり方や過程を認めた褒め方
  3. チームの働きなど自分ではなくチーム力を褒める
  4. 仕事の成果よりチーム内の喜び、感情を褒める

1のように褒められたい人が3のように褒められても、全くと言っていいほど響きません。
では、誰にどのように褒めるかの判断はどうするのか。
そこで類人猿分類診断の性格診断結果を活用します。

チーム内に4種が揃うとどうなるか?

たとえば、4名で業務を進めるチームがあるとします。
4名しかいないのですが、チンパンジー・オランウータン・ゴリラ・ボノボの全ての動物が揃っています。

 

ゴリラは毎日カタカタとパソコンをひたすらに打ち込んでいますが業務がなかなか進みません。
優先するべき業務を後回しにしてマニュアル作成を行っているのです。

チンパンジーは、特有の感情をプラスして作業の意図を聞いてみたところ、新しく入るであろうメンバーのためにマニュアルを作成しているとのことでした。
なるほど…。先を見ているのだな。
ゴリラとチンパンジーとでは優先順位が違うんだな。
そういう考え方もあるんだなと、とりあえず納得しました。

新しい業務の開始の際、チンパンジーが言われて嬉しい張り切ってしまう言葉、「好きなように自由にやっていいよ」と信頼しているから言った言葉。
この言葉はゴリラにとっては苦痛になります。

ゴリラの脳内ではきっと「好きなようにってなに?」「自由ってどこ?」といった感じでしょう。

 

このように、傾向の差によって受け取り方や動き方が大きく異なります。

チームと、チームの責任者は、異なることを理解し、それぞれの長所を伸ばすためのマネジメントが必要です。

責任者の感情や思いだけで動けば、チームは崩壊し、メンバーは離脱していくのは必然です。

ゴリラに響く言葉がけ例

  • ゴリラの新人指導のお陰で
    チーム全体がレベルアップしましたね。
  • 会社全体の売上に貢献していますね。
  • いつもみんなのために動いてくれてありがとう。
  • ゴリラの気遣いにみんなが喜んでいました。

チンパンジーからみたチーム内のボノボ

チンパンジーとゴリラのクッション材になってくれるのが、ボノボです。
チンパンジーとゴリラの激しい討論に(激しいのはほぼチンパンジーです)割って入るわけでもなく、でも何ともいいタイミングで、
「ふふふ」「どっちの気持ちもわかるわ」という感じです。
平和主義のボノボの「ふふふ」で一旦クールダウンすることが出来ています。

ボノボに響く言葉がけ例

  • ありのままのあなたで大丈夫。
  • ボノボと一緒に仕事が出来て嬉しいです。
  • 一緒に頑張りましょう。
  • みんなボノボの事が大好きです。

チンパンジーからみたチーム内のオランウータン

正直に言うと何を考えているのかわかりません。
こだわる部分に関してもよくはわかりません。
そして、群を抜いて仕事が出来るイメージが有ります。
きっと自分とはかけ離れている存在なのでしょう。

オランウータンに響く言葉がけ例

  • 詳細なデータの分析をお願いします。
  • センスが素晴らしいです。
  • ここをポイントとしたところが素晴らしいですね。
  • 具体的に何が決めてだったんですか?

類人猿分類診断を活かす

それぞれのタイプには当然、「弱み」と「強み」が存在しています。
だからこそお互いに相手の強みを引き出す事ができ、助け合うこともできるのだと思います。
類人猿分類診断を、チーム力向上に役立ててみてはいかがでしょうか。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree