社会人になっても勉強し続けることを出来るかどうかが成長速度を決める

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


インターネット関連の業界は、日々システムや利便性が進化し続け、常に勉強し続けないと生き残れないのが現実です。今回は、社会人にとっての勉強について考えてみます。

現状に満足しない思いが人を勉強に向かわせる

社会人になると、仕事やプライベートでもやることと、やれることが多くなります。自分で行動を決められる立場となり、楽をしようと思えば、いくらでも楽が出来る環境かもしれません。ですが、勉強を怠ると社会人としての成長はありません。成長する企業のトップは、目標に向かって常に自らに何らかの勉強を課していると聞きます。学び始めることに年齢の早い遅いは関係なく、ご高齢でも、新しいことの勉強するため、無料でなく参加費を払って勉強会に参加される方も多くおられます。

人は好きなことに対してエネルギーを注ぎます。人間の体や脳は、普段は持ち得る能力の40%も使っていないと聞きます。体を鍛えるトレーニングや興味のある分野への勉強などで、能力をまだまだ機能させることが出来るそうです。働く会社でのスキルアップの勉強、転職への勉強、趣味に対しても参考書で勉強して受験料を払って資格試験を受けるなど、社会人になってから勉強する人たちは、現状に満足することなく自らのさらなる成長を目指せる人間なのでしょう。

社会人としてのスキルアップや成長については、「人を動かす仕事の調整力」「社会人として避けたい!会話のあいまい表現」でも詳しく紹介されています。ぜひ、参考にしてください。

大切なのは習慣化すること

小学校や中学校では、生徒全員に共通して宿題を課せられます。学んだことを身に着けるための復習や、次に学ぶことへの予習。宿題という課題を毎日与えられることにより、義務的ながらも勉強が習慣化されていました。

学生の本分は勉強ですが、社会人の本分は仕事です。仕事で疲れると、勉強どころではないかもしれません。成長のために必要な勉強とはわかっていても、人間は本能的に楽をしたい生き物です。勉強は、始めることよりも継続が難しいことは、勉強だけでなくダイエットなどでも多くの方が経験しているはずです。勉強を継続出来る人は、生活の中で勉強する時間を習慣化しています。勉強を社会人生活の一部として習慣化することで、勉強への精神的負担も軽減し、結果的に継続できるので、自身の成長の肥やしとなっていくのです。

勉強することで成長し、自らが出来る仕事のレベルもあがります。今まで以上に大きな責任のあるプロジェクトを任せられたり、収入がアップすればプライベートも充実したものになっていく可能性も考えられます。楽をしたい気持ちに負けずに勉強を習慣化すること。具体的にはどのような手段が考えられるのでしょうか。

社会人が勉強を習慣化する具体的方法とは

勉強を習慣化するためには、成長したい気持ちが原点となりますが、やる気に左右されないような工夫が必要になってきます。何から学べばよいのか、どうやって時間を作るのかなど、勉強を習慣化する参考ポイントをご紹介します。

1.今必要なものを学ぶ

学ぶ対象が膨大にある現在で、自分にとって不必要な学びに時間をかける暇はありません。資格取得講座や越境学習、利用者数が伸びているウェブ鋼材など学ぶ方法もたくさんありますが、学習にはお金と時間と労力がかかります。まずは、現在の仕事に役立つもの、収入アップに繋がるものなど、自分にとってリターンが期待できるものから優先的に選択してみましょう。

2.学ぶ時間を工夫する

1日の中で、人間の脳は一定の周期で、覚醒状態とそれ以外を繰り返します。普段の生活で数日間、自分の脳の状態を意識してみてください。集中しやすい時間帯とそうでない時間帯がわかり、自分の勉強に向いている時間帯が把握できるはずです。情報をインプットしやすい時に、効率よく勉強すること。多くの方は朝が適している、という調査結果も出ています。

3.頭の中を整理してから勉強する

勉強する時は、勉強する以外のことを気にかけ無いように頭の中を整理しておきましょう。雑念が多くては、せっかくの勉強もインプット効率が悪くなります。頭を整理するための方法として、タスクをリスト化してまとめる方法をおすすめします。書き出すことで整理され、考える余裕も出てくるでしょう。

4.学んだことをアウトプットする

自らが学んだ知識を、ビジネスやプライベートで実践することが必要です。どれほど英語の勉強をしても、実際に話さないと意味はありません。相手に伝えられなかったり、学んだ通りにいかなかった場合は、学んだ内容が、まだ自分のものになっていないということ。もっと学ばなくてはいけないという事実を教えてくれているのです。上手に実践できた場合は、さらなる学びへのモチベーションに繋がります。

5.メリハリをつけリフレッシュをする

勉強する時間や場所を固定して、意識を勉強モードに傾けるようにしましょう。他にも、定期的に適度な運動をして、普段から頭をフレッシュにする工夫を行うと効果的です。集中できる環境は人によって異なりますが、私の場合は無音だと緊張してしまい集中できないタイプなので、インストゥルメンタルCDをかけながら取り組むようにしています。

まとめ

社会人に必要なのは、やらされる勉強ではなく自ら学ぶ取り組みです。知らないことを知る喜び。子供の頃に感じた喜びを思い出すために、まずは自分の好きな分野の勉強から始めてみるのも良いかもしれませんね。

 

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree