商品企画の仕事に関わるスキルやマーケティングへの活かし方

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

「商品企画」とは、新しい商品やサービスイメージを探す事から始まり、イメージを具体的な商品・サービスとして社会に送り出す職種です。今回の記事では、『商品企画職』としてどのように立ち回っていくのかまとめていきます。

企画考案する中での市場調査が必要となる

市場調査・現場の情報収集・アイデア蓄積から始まり、商品コンセプトの決定、需要シミュレーション、経営陣へのプレゼンテーション、生産部門との調整、試作品の評価、価格決定、販売戦略、そして営業。商品企画職が担当する業務内容は多岐にわたります。

商品認知を高めるための『宣伝』としてCMを起用したり、店頭で目を惹かせるPOPを制作したりと、その手法に至るまでをセットで考えていくため、『商品開発』ではなく『商品企画』と言われる理由になります。

求人情報や転職情報サイトを検索してみると、やはり「経験者歓迎」、資格保有者を募集する企業が多く、企業から重要な業種として扱われていることが伺えます。

商品を生み出すコンセプトの重要性

消費者が自由に情報を探し、選べてしまうからこそ、消費者が手を伸ばしてしまいたくなる商品の「質」が重要です。その「質」を生み出すには、開発前のコンセプト決めが重要となります。

コンセプトの軸として、「狙うターゲット」「商品によって購入者へ与える価値」「差別化要素(特徴)」が明確に定まっていなければいけません。それぞれのポイントがしっかり定まっていないと、商品を開発する途中で軸がぶれてしまいがちです。「作り損」となってしまっては勿体ないですよね。

商品を作った後に、どういった人たちがこの商品を買うのか?と悩んでしまうような状況を避けるためにも、コンセプトを定めましょう。

現代社会における商品企画の難しさ

過去に市場にあった、もしくは人気商品であった改良版の考案。車でいうマイナーチェンジを耳にしますが、業界市場に商品が多い状況であるからこそ、それぞれの企業にとって売れる商品を開発することは「容易な」状況ではありません。

どうしても、自社商品に対する価値や消費者からの評価は避けられず、似通った商品・事業・サービスを持つライバル会社との比較も受けることで、商品の拡大に至らないケースは多いです。お客様と販売スタッフとのコミュニケーション接客が行える実店舗ではなくネット通販の場合、商品を販売するための告知、宣伝のポイントも見直しましょう。

顧客と開発者の考える商品に対する考えの「ずれ」

顧客は、「自分が抱える悩みを解決してくれるのか?」「自分の持つ願い・希望を叶えてくれるか?」を多少なりとも意識することで、自己の検討リストから購入する商品を決めます。

必要性を感じない商品に購買意欲は生まれず、開発者だけがわかるメリットや特徴は顧客には響きにくいです。顧客と商品開発者の間に「溝」や「温度感」が生まれやすいのは、抱える問題や悩みに目を向けきれていないことが原因でしょう。

自社目線ではなく顧客の立場に立っているかが重要

開発職者も一人の顧客・クライアントです。それまでの自分の経験や問題意識から「自分だったらこういう商品が欲しい」と考え、作られる商品も、そのユーザーのニーズや抱える悩みを解決する商品です。

あるいは、顧客からの声や周りからの意見を聞くことができれば、アイディアのストック、仕事のキッカケに繋がります。直接顧客からヒアリングするほどのコミュニケーションを取れる環境が理想ですが、現実には困難ですから、メーカーアンケート、WEB上での評価、レビューを参考として、消費者の立場に近づいて行きましょう。

商品を顧客へ伝える手法を考えるまでが商品企画

商品も決まり、後はどのように、その商品を知ってもらうのか?企業ページやSNSでの発信だけではなく、より広く強く商品を認識してもらうためには、広告メニューにおける「掛け合わせ=相乗効果」を利用していきましょう。

地域情報メディア、地域新聞やラジオ、テレビCMなどに記事掲載、もしくは放送をしてもらいましょう。手法としてパブリシティ(プレスリリース、ニュースリリース等)企画。【A株式会社より。2017年8月にxxxを販売】というように、報道して欲しい内容を簡潔にまとめたものを、メディアに向けて宣伝します。

うまく目に止まればメディア側からの取材を提案されるケースにも発展します。そこからWEBニュースサイト、まとめサイトへの掲載まで発展していくことにも繋がります。掲載期間に限りある中で、スマホアプリの中でもニュース・情報アプリをインストールしているユーザーも少なくないので、一段と話題性も広がっていきます。

オフラインとオンライン広告の実施選択

マスメディアを基とした情報を集めるユーザー。ネットから情報を集めるユーザー。どちらかしか存在しないと決めつけない方が良いです。繰り返しますが、同じ情報であっても一人のユーザーにどれほど密に情報を伝えることができるか。ユーザーに当てる広告メニューや媒体を切り替えていくことで、同じ情報を受け取る回数が増えるほどに、また異なる情報取得先からの情報となるほどに、情報への関心度合いも信憑性も高まっていきます。

今ある自社商品を0から見直すこと

商品企画・開発・広報・宣伝、一つの商品が実際に市場に出るまでのプロセスは果てしなく長い仕事となります。売れる商品が簡単には作れず、経験者でも簡単にアイデアを考え付くものでもありません。今ある商品を持つ、企業及び店舗の方。どのような手法で外へ認知させることができるか、改めてご自身でも考えてみましょう。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree