Indeedの使い方を解説!人気の理由や効果的な使い方とは?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

最近ではCMや広告でよく見かける「Indeed(インディード)」。しかし、企業側にとって「Indeedの効果的な使い方や運用するメリット」については、まだあまり理解されていないことも多いのではないでしょうか?

本記事では、Indeed広告の活用方について悩みを抱えている採用担当者のために、Indeedを採用活動に活かす方法についてご紹介いたします。

Indeedとは?

まずはIndeedとは「どういったサービスなのか」について解説してきます。

Indeed=「検索エンジン」

Indeed(インディード)は他の求人サイトとは違って、検索すると求人情報のみを表示することができる「求人情報に特化した検索エンジン」です。

Indeedは「キーワード」「勤務地」という2つの検索する検索窓があります。キーワードを入力すると、マッチした求人情報のみが検索結果として表示されます。応募者にとっては利用しやすく、使い勝手が便利なサイトになっています。

Indeedの掲載求人数が多い理由

求人サイトに掲載されている求人情報は、「有料で求人広告を掲載している企業」のみです。しかし、Indeedは求人サイトだけでなく、各企業ホームページの求人案内など、多くのウェブサイトをシステムが巡回し続け、求人情報の記載があるサイトページをシステムが判断して表示します。

Indeedの特徴として、掲載されている求人の件数が他サイトに比べてとても多い点があげられます。Indeedを利用した求人情報は、正社員募集が約80万件、パート・アルバイト募集が約90万件以上といわれています。Indeedを活用することで、各企業で有料の求人広告を配信したり、有料求人サイトにお金を払って求人募集をしたりしなくても良くなります。

実際、大手の求人サイトだったとしても求人の数は、8,000~9,000件程です。つまり、求人の数といった面ではIndeedが圧倒的に多くの中から自分に合った求人を探すことができます。実際、Indeedを利用しているユーザー数は月間2000万人以上といわれています。

Indeedの求人掲載方法

無料で利用できるIndeed(インディード)ですが、求人掲載枠には無料枠と有料枠の2種類あります。

スポンサー求人枠(有料枠)

オーガニック求人枠(無料枠)

「有料掲載枠」と「無料掲載枠」の違い

広告費をかければ検索結果でスポンサー枠という目立つ場所に表示できるというサービスが有料掲載枠です。一方、無料掲載枠で求人情報が表示されるには、Webサイトの求人ページがIndeedの定めた基準を満たす必要があります。

その結果、Indeedに求人情報と認識され、Indeedに無料で掲載されます。

料金体系

一般的な求人サイトの料金は、「掲載サイズ・掲載期間・掲載場所」などにより、料金体系が異なります。しかし、Indeedの有料掲載枠は「成功報酬のクリック課金型広告」です。1クリックに対していくらまで支払うかを意味する「上限クリック単価」を設定して広告を配信することができます。

有料で広告を掲載する期間も、それぞれの都合に合わせて自由にスケジュールすることできます。Indeedの管理画面では、「上限クリック単価」と、「1日あたりに利用する日予算の上限」を設定することで、配信できる期間の目安を割り出す機能も搭載されています。

クリックされた数だけ料金が発生しますので、たくさんクリックされた場合には1日あたりの予算を使い切ることができます。しかし、想定していたよりも、クリックがされなかった場合、日予算を使い切ることができない場合もあります。

そのため、Indeedの有料広告を利用する場合には、より高い効果の得られる設定で広告を配信することが重要となってきます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

求人掲載の効果的な利用方法

効果的に求人掲載をするには、Indeedが求める求人内容を抑えることが必要です。またIndeedを利用することで効果の出やすい企業もあります。それぞれについて紹介していきます。

Indeed仕様に変更する

Indeed(インディード)の広告を有効に活用したいのであれば、Indeedの検索エンジンに好まれるページを作成していくことが掲載順位や効果を出すことに最も有効です。具体的に改善ポイントについては、職種やWebサイトのページ仕様にもよるため、一概にはいえません。

しかし、推奨されている基準がありますので、必ず抑えておきたいポイントとしてチェックするようにしましょう。

会社名

・会社名の項目に会社名・勤務先店舗以外のテキストは含めないこと

職種名

・職種名に職種以外のテキスト(雇用形態・会社名・給与情報・未経験歓迎等のキテキストなど)は記載しないこと

・職種名は23文字以上で記載しないこと

・職種名は明確で具体的に記載する

仕事内容

・仕事内容や責務を具体的に記載する

・会社の雰囲気や文化について紹介する

・福利厚生

・必要な学歴や資格について記載する

・望ましい経験年数

勤務地

市町村以下の詳細な住所まで記載する

効果が出やすい企業

下記のような企業のほうが効果の出やすい傾向にあります。

・複数の店舗・支店をもっている企業
・複数の職種で募集を行っている企業
・アルバイト・パート採用を募集している企業
・既存の求人メディア、派遣では効果が出ない企業
・自社で採用情報ページを持っているが、活用できていない企業

Indeedの使い方を理解して効果的に利用しよう

Indeedは多くの求人情報が掲載されている人気のサイトです。広告枠には無料のものと有料のものの2種類あります。有料で利用するのであれば、設定に気をつけた配信を行い、無料で利用するのであれば、求人内容がIndeedの基準を満たしているかとチェックするようにしましょう。

求職者側からも支持されているIndeed。今後の採用活動に活かして良い人材を確保していきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree