習慣化にはコツがある!失敗の要因、成功するための秘訣をご紹介!

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

「良い習慣は才能を超える」という言葉に出会い、もっと知りたい!と思い習慣化について調べました。習慣化するには、継続する力が必要なのでコツがいります。この記事を読んで、今日から実践していきましょう。

習慣化するには一定期間が必要

まず、習慣化に取り組む前に理解しておいていただきたいことがあります。習慣化するにはある一定期間が必要ということです。
習慣パターンを3つに分類できます。それぞれ習慣化するため内容によって時間が異なるのです。

①行動習慣…1ヶ月(試験勉強、ブログ、読書など)
②身体習慣…3ヶ月(ダイエット、早起き、筋トレ、ジョギング、禁煙など)
③思考習慣…6ヶ月(論理的思考、プラス思考など)

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

すでに習慣化されていること・行動目標

日常生活の行動の4割は習慣なのです。日々の生活行動は、小さい頃から当たり前のように行動しているので無意識に行動できてしまうのです。日々学習して大人になった今では当たり前の行動になっていますよね?

例えば、「歯磨き」、「お風呂に入る」、「会社に○時に出勤する」などと習慣化できているからこそ当たり前のように行動しているのです。習慣化のコツなど不要なレベルだと思います。

わたしの悪癖でもありますが、今まで何度も色々なことに挑戦してきましたが、ことごとく3日坊主で終わってしまいます。例えば朝活したいから、早起き。運動したいからジョギング。日記代わりにブログ更新。全て習慣化できていません。
他人と比べて「あの人はあんなにがんばっているのに、なんで自分はいつも意志が弱いのだろう…」と落ち込むこともあります。習慣化できるコツがあるなら教えてほしいくらいです。

なぜ習慣化できないのでしょうか?やる気がないから?本気度が足りないから?実は、やりたくても継続できない原因があったのです。

習慣化できない原因

あなたが習慣化に失敗してしまうには様々な要因があります。失敗の要因、成功するためのコツを3つご紹介していきます。

1.一度で大きな変化を求めてしまう
2.何でも自分の力のみで行おうとする
3.短期的に成果を求める

これらの要因を解消せずに、新たな習慣化の行動に移すことによって、習慣化が出来ずに何度も同じことを繰り返してしまうことになります。自分がどの要因で習慣化できていないのかを理解しましょう。

1.一度で大きな変化を求めてしまう

資格試験など、明確に目標が定まっているときに行ってしまいがちなのが、一度に大きな変化を求めてしまうことです。「今日から毎日3時間資格の勉強をする!」というように、初めから高い目標をたててしまうのです。

目標を持つことは大切なことですが、それ以上に、目標に向けて行動するということが最も大切なのです。

脳は、新しいことを嫌い、現状を維持しようとします。すなわち変化を嫌います。そのためいつもと違った行動をしようとすると、自動的にブレーキをかけてしまうのです。ブレーキかけてしまうため、新しくこれをやろう!と決めて行動にうつしても、継続して習慣化するのが難しいのです。

脳には、安定化志向という性質もあるため、習慣化するには、一気に大きく変えるのではなく、最初は小さなステップから始め、少しずつ変えていくことを意識しましょう。

2.何でも自分の力のみで行おうとする

他人に頼ることが苦手な人は、何でも自分で完結させようとします。責任感が強い人は特に注意です。習慣化するには自分自身で行動する事が絶対です。しかし、行動しやすくするために、他社に協力を仰ぎ、協力して仕組化していくことがモチベーションの低下を防ぐにはとても有効です。行動ができるのであれば、自力で行うことに、こだわる必要はありません。

3.短期的に成果を求める

明確な目標を立てたが、なかなか成果が上がっていない。成果を感じることができず、モチベーションが下がってしまい、行動することをやめてしまいます。
そういう人は、短期的に大きな成果を求めすぎているのです。英語学習やダイエットなど、長期的に行うことだと認識していても、成果に焦り、悪循環に陥りやすくなります。

短期的な成果より大切なことは、確実に目標の達成を手にすることです。

成果が上がらないのは、行動が足りていないからではありません。目標の妥当性を理解していないからです。行動を継続的におこしていれば、目標に必ず近づいているはずです。すぐに成果が出ないからといって、やめてしまうのは、とてももったいないことです。

習慣化するためのコツ

習慣化について代表的な例をご紹介したいと思います。スポーツ界では、有名なメジャーリーガーのイチロー選手。イチロー選手の習慣(ルーティーン)に関しては、とても有名なお話があります。

・毎日同じものを食べる
・バッターボックスで同じ動作をする(袖を引っ張り、バットをまわす)

※イチロー選手

上記の習慣を毎回欠かさず行うことで、どんな場面でも結果を残すことができるのだと思います。それでは、習慣化するためのコツについてご紹介します。

小さいことからはじめる

例えば、読書を毎日したい方の場合、「1日30分読書をする」という目標ではなく、もっと小さい目標に設定するのです。「1日5ページだけ読書する」などです。

最初の段階は小さい目標でいいのです。まずはやってみて「楽しい!」「もっと読みたい!」と思うようにしていくことが続けられるポイントになります。

1つずつ習慣を増やしていく

色んなことを習慣化したいかもしれませんが、まずは自分が今一番取り組みたい習慣から1つだけやってみましょうあれもこれもと同時に始めては結局何もできなかった…ということになりがちです。1つ1つ習慣を増やしていくことにより、たくさんのことが習慣化できるようになり目標達成に繋がります。

行動目標を設定する

習慣化したいことをいつするのか、具体的に決めることです。例えば仕事で「毎日○○をする」ということを設定する場合、「毎日11時までに5件○○をする」というように、期日や具体的な数字を設定します。期日と件数を設定することで目標が明確になり、現状の確認も出来、継続しやすくなります。

モチベーションに左右されない

習慣化しよう!と決めたときは、モチベーションがとても高い状態にあります。

しかし、時間と共にモチベーションは必ず下がってしまいます。

モチベーションはあなただけでなく、誰でも下がってしまうものなのです。モチベーションは常に変化するという認識をまずもってください。

そして、モチベーションが下がったときでも習慣化できる仕組みを作ることがコツです。

例えば、行動する時間になったらアラームでお知らせする!などであれば、自分で簡単にできる方法ですので非常に効果的です。

目的を明確にする

なぜ、あなたは○○を習慣化したいのですか?の質問にすぐ答えられますか?質問の答え=目的がはっきりしていないと継続することは難しいです。

目的がはっきりしていないと、継続していくうちに行動することが目的になってしまい、

本来の目的を見失ってしまいます。まず行動する前に、何で○○をしたいのかを考えてから取り組むことがコツになります。

周りの人に宣言する

心理学の一種で、一貫性の原理というものがあります。宣言したことを現実化するために、貫き通そうとする人間の心理を利用することがコツになります。

親しい人や職場の人に、習慣化したいことを宣言することによって、簡単にはやめられなくなります。やめられなくなる状況を自分で作っていき、継続できる環境を作っていきましょう。

おすすめな習慣化リスト

何を習慣化したいか分からない、○○のようになりたいけどどうしたらいいのだろう……とお悩みの方に、おすすめの記事を紹介します。

▼コミュニケーション能力を高めたい方はコチラ

コミュニケーション能力が高い人はココが違う!

▼仕事でキャリアアップしたい方はコチラ

できる人の共通点とは?当たり前の中にある!ー仕事編ー

おすすめアプリ

習慣化するためにおすすめなアプリをご紹介いたします。
・早起きが苦手な方へ

引用元:Sleep Meisterコチラ

 

・仕事や色んなことを習慣化させたい方へ

無料ですが、目標を管理でき、目標達成するとポイントを貯めて、ゲーム感覚で行えるアプリです。

引用元:自分ルール

習慣化し目標達成

記事で紹介したように、習慣化させることは、短期間で成果を出そうとしないことです。今からでも習慣化することによって変化することは可能なのです。どんな習慣を取り入れると理想の自分に近づけますか?習慣化して継続することにより、自信にも繋がります。小さなことからコツコツと取り組んでみてはいかがでしょうか?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree