習慣化できる人とできない人、行動と考えかたの違い

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


成長が留まるところを知らない人は、どのような生活をしているのでしょう?その鍵は「習慣化」にあると私は考えています。ものごとを少しずつコツコツ続けること。

プラスになることを習慣化して進めていくことができれば、その習慣化の結果、人の能力は進んでいく。そう考えます。

ですが、本当にお恥ずかしい話、私は習慣化をしようとしてもまだまだ身につかないことが多いです。いろいろと本を読んだり自分で実践したりして学んだ、習慣化できる人とできない人の行動をまとめてみました。自分の能力を高めたい私は、自分に言い聞かせるつもりで記します。ぜひ御覧ください。

習慣化できる人とできない人の違い

習慣化できる人は、「まず、やってみる」とまず動く。習慣化できない人は、「いつか…始める」と言って動かない。

習慣化できる人は、「改善し続ける」。習慣化できない人は、「最初のやり方に固執する」。

習慣化できる人は、「小さなことから始めてみる」。習慣化できない人は、「大きなことを始めようとする」。

習慣化できる人は、「小さなコツコツ」を大事にする。習慣化できない人は、「大きな努力と根性」が必要だと考えている。

習慣化できる人は、「徐々にやる」。習慣化できない人は、「一気にやろうとする」。

習慣化できる人は、「他人を巻き込んで始める」。習慣化できない人は、「自分だけでコソッと始める」。

習慣化できる人は、「記録をつけて進めていく」。習慣化できない人は、「闇雲に無秩序にやろうとする」。

習慣化できる人は、「定期的にやる日を決める」。習慣化できない人は、「不定期にやる」。

習慣化できる人は、「楽しんでやろうとする」。習慣化できない人は、「苦しみに耐えてやろうとする」。

習慣化できる人は、「やりたくて仕方がない」。習慣化できない人は、「やらざるを得ない」。

 

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree