アウトソーシングorインソーシング?メリットやデメリットは?

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


企業が業務を拡大していくと人材不足という問題が発生します。
対応策としてはアウトソーシングが有効です。
そこで本記事ではアウトソーシングを中心にインソーシングや人材派遣といった人手不足へ有効な対応策についてご紹介いたします。

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、直訳した場合「経営資源を外部から調達すること」という意味です。経営資源=人的資源ですね。
つまり、アウトソーシングとは、 会社内の社員だけで業務を行うのではなく、社外の人にも仕事をしてもらう手法のことです。

人事業務のアウトソーシングもあり、主な対象として給料の計算や採用、社員研修などがあります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

人手不足への対応策

この問題に直面した時の対応策として、大きく2点あげられます。
あふれた業務を外部に委託(外注/アウトソーシング)する
増えた業務を自社でまかなえるよう(内製化/インソーシング)人員を補充する
さて、外注(アウトソーシング)と内製化(インソーシング)、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょう。順を追ってお伝えいたします。

外注と内製化のメリットとデメリット

アウトソーシングやインソーシングには多くのメリットがありますが、デメリットもないわけではありません。

外注(アウトソーシング)

前述した通り、アウトソーシングとは会社内だけでなく、社外の人にも仕事をしてもらう手法のことです。

メリット

  • 外部の高い知見や技術力を活用できる
  • 自社では弱い分野にも人件費を投資せずに取り組むことができる
  • 優秀な人材の確保が難しくても、外部のスキルの高い専門家に依頼でき、クオリティを損なわない
  • 自社のコア業務に集中を注げる
  • 事務などのルーティン作業を減らすことができる

デメリット

  • 社外の人材であることから、高い専門性がありながら、自社では理解が食い違うことがあ
  • 外部との連携のため、品質を管理するためのマネジメントコストが追加で発生する
  • 外部との請負業務になるため、取引先の利益もコストに上乗せされ、短期的には原価率があがってしまう
  • 社内の情報を外部に出さなければならない

内製(インソーシング)

外注(アウトソーシング)の対義語で、外注により他の会社に委託していた業務を再び社内に戻すことです。

メリット

  • 培ったスキル・ノウハウは確実に少しづつでも社内のこやしとなる
  • 外部に比べて自社の業務だと取り組む熱意が高く、高い成果につながりやすい
  • 外部取引先の利益を考える必要がなく、製造コストを下げやすい
  • 外注よりも内製の方が契約などの手間を省けるため、完成までの期間が長くかかりにくい

デメリット

  • 人員を抱えることで固定の人件費が発生する
  • 次々と新たな課題が浮上してくるが、社内の限られた人材でしかさばけず、人材が疲弊しやすい
  • 専門性の高い商材の場合、内製化するには技術面でもコスト面でも時間面でもカバーできず、重大な損失につながる恐れがある
  • 人材を投入するしか業務拡大の解決策がないので、固定費が高く、初期投資も高額になりやすい

外注を選ぶべきか、内製化を選ぶべきか

会社規模の拡大が目まぐるしい企業の場合、事業の見通しが立てにくくなります。特にシステム構築などの専門性の高い業種などの場合には、リソースの確保が目下の課題ではないでしょうか。
専門性の高い会社には、上記のメリット・デメリットを鑑みて、資金投資や人材確保・育成の必要がなく、仕事量に応じて臨機応変に対応できるため、外注利用の検討は、非常に有効な選択肢と言えます。
一方、事業の先行きが長期にわたって見通せて、かつ会社の事業に的確に沿った人材の確保・育成が可能な状況であり、かつ固定費への資金投資を惜しまないでいいのであれば、内製化した方がよいでしょう。

なおLP制作やサイト制作などのデザインを外注する際は、「デザイナーへ仕事を依頼する時に発注側が意識すること」を参考にするとよいでしょう。

内製化(インソーシング)を選択した方が結果につながりやすいケース

  • 核となるコア業務がおろそかにならずに、かつスタッフが肉体的にも精神的にも疲弊せずにマルチタスクを担えるレベルの適切な業務量である
  • 長期的に事業の先行きが見通せる

外注(アウトソーシング)を選択した方が結果につながりやすいケース

  • 核となるコア業務が圧迫されてきていて、それでも品質を落としたくないために外部のリソースを有効活用したい
  • 単純な「人件費」削減を目的とするのではなく、総合的な費用対効果を鑑みて、自社の業務を効率化させたい
  • 事業の先行きが見通しにくい

アウトソーシングと人材サービス(人材派遣)の違い

仕事が回らない、自社のコア業務に集中したいといった問題がある場合、人材サービス、アウトソーシングを利用することではないでしょうか。
人材サービスもアウトソーシングも代わりにやってもらうという点では同じです。

人材サービスの特長は、しっかりスキルをもった人材を必要なタイミングで、素早く人材派遣会社から派遣してもらえるので、業務に穴を開けなくてもよいというところです。
契約の範囲内であれば直接指示を出せますし、就業の時間帯も指定できます。
また、正社員と違い社会保険の負担を会社がもつことなく、時給で働いてもらえます。

アウトソーシングは、業務を代わりに行うという方法です。ですので、依頼する会社は業務に携わる人材の勤怠管理や教育などを一切管理しなくても大丈夫です。
つまり、依頼を受けた会社の人員が退職しようが、依頼する会社には関係ありません。
そのかわり、社内の情報を外部に出さなければいけないことや、社内にノウハウが蓄積されないなどといったデメリットがあります。

結局どっちがいいの?

記載した内容を元に考えると、外注するか、内製化するかの見極めは、ひとえに経営者の先見の目にかかっていると言えます。
その一時一時を、長い目で見て会社の向かうべき方向性を決め、内製化するのであればスタッフの顔色に陰りがないか、外注するのであれば外注先は逼迫していないか、きちんと判断し、よりよい選択をしていきましょう。

更新情報をお届けします!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree