経理業務は未経験でも可能?仕事内容を分かりやすくご紹介します!

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク


転職を考えている方には「自分は数字が苦手だから経理の仕事なんてできない。」と思っている方は多いのではないでしょうか?そこで本記事では意外と知られていない経理のお仕事についてお話ししていきたいと思います。

経理の仕事内容とは

会社規模によって仕事内容は異なりますが、簡単に経理の仕事内容を言うと、会社のお金の流れを管理する仕事です。具体的には、預金管理、小口現金管理、売上や入金管理、経費の精算などの業務を行います。

そこで経理が行う各業務内容について紹介します。

 

  • 現金出納

お金の出し入れ、売上代金の入金、経費の支払いなどを行い帳簿をつけます。

  • 請求・支払業務

出張旅費や交通費、接待交際費など、社員が立て替えた経費を精算したり、精算に必要な書類を作成します。 また、毎月のクライアント様へ請求書の発行や郵送も行います。

  • 給与計算業務

基本給や給与の総支給額の計算、各種手当て、保険料、所得税の計算を行います。

  • 月次決算

会社の1ヶ月の経営や資産・資金の状態を明らかにします。決算書を作成し、会社の経営の問題点を洗い出します。

  • 資産管理

長期に渡り利用、所有される固定資産や、販売する消耗品や棚卸資産などの資産を管理します。

  • 小口現金

日常的に小額の支払いがある時の為に一定額の資金を前もって会社に用意しておきます。その都度小さい支払を行います。

  • 売掛金管理

クライアント様から注文を受け、入金をいただく前に商品の出荷などの作業を行います。その後、クライアント様に請求書を発行し、入金確認を行います。このお金のことを「売掛金」といい、一連の管理を行うことを「売掛金管理」をいいます。

  • 年次決算

月次決算の積み重ねから、年次決算を作成します。

  • さまざまな伝票の作成

発注書・見積書・領収書などのさまざまな伝票を作成します。その作業と平行してデータでも管理します。伝票は誰が見ても分かるように作成することが大切です。

  • 買掛金管理

仕入先に入金せずに注文書のみを発行し、納品完了後に送付されてくる請求書を確認します。確認後に支払い作業を行います。このときに発生するお金を「買掛金」といい、この一連の管理を「買掛金管理」といいます。

  • 原価計算

製品ひとつあたりの原価を集計、分析、測定します。原価計算する理由として価格の計算、予算管理、財務諸表の作成、原価の管理、経営計画という目的があります。

  • 企業会計

細かく分類すると財務関係と管理会計に分けられます。財務会計は外部へ経営内容を報告する目的としています。一方、管理会計は各社独自のもので、企業秘密となる内容のものが対象です。

 

経理は会社の運営状況を会社の中で一番身近に知ることが出来る職種です。企業の規模にもよりますが、経営者との距離が最も近いポジションともいえるでしょう。

経理の仕事内容のやりがいを紹介

経理職にはどのようなやりがいや魅力があると思いますか?さまざまな分野の企業がありますが、どの企業にも経理部門は欠かせない存在です。そこで、経理のやりがいについてご紹介していきたいと思います。

経営に最も近いところで働ける

経理の仕事は伝票作成や申告書の作成までさまざまです。また、会社の経営管理を行うため、予算の編成を行ったり、経費や給与の支払い、現金の出納管理なども行います。

 

計算ミスなく、無事に決算を終えることができた達成感を経理を担当している方なら誰しもが経験しているでしょう。

経理業務の経験を積み重ねて、経理担当者は事業部だけの視点ではなく、会社経営者としての視点も身につけることができます。

通常の業務をこなしながら『会社の経営をより良くしていく方法』について常に考えていかなくてはいけません。

そのため、経理の仕事は経営面から会社を支えるとても大事な仕事といえるでしょう。

 

経理職とは会社にはなくてはならない存在であり、優秀な人材は多くの企業から求められます。生涯続けられる仕事という意味でも、とてもやりがいがありますよね。

専門性が高く自分のスキルを活かすことができる

経理には、簿記の知識とは別にパソコン操作も必要です。企業によって使用している会計システムはさまざまですが、パソコン操作は必須です。会計のシステムから取得したデータをExcelの関数で計算を行ったりします。業務をこなし必要なスキルを一つ一つマスターしていくことは自己スキルの向上にも繋がります!

多くの人と話す機会がある

経理の仕事と言えば、パソコンの前で会社のお金のことばかり考えているイメージがありませんか?そんなことはありません。経理の仕事はパソコン業務だけでは留まりません。税理士さんとの日々のやりとりも頻繁に行う必要があります。

経理の仕事は日々変化する会社の経営状況を把握し、改善していかなくてはいけません。そのためには社内スタッフの生の声を聞くのが一番ですよね。他の部署の方と会社について抱えている気持ちを引き出し、会社経営の役に立てましょう。

日々の勉強が大切

経理職は資格と実務の違いが明確です。経理職で有利になる資格は多くありますが、実際に事務を行わないとわからないことは非常に多くあります。実務を行えば行うだけスキルアップにもつながるので、とてもやりがいがありますよね。会社内に、経理のベテランの方がいる場合は、たくさんの技術を吸収し、日々勉強していきましょう。

また、経理はすべての会社に必ず存在している部門です。さまざまな会社さんから求人が出ていると思います。経理というお仕事は個人への信頼性が求められます。経理の仕事に興味がある方は、事前にしっかりとした履歴書・職務経歴書の書き方を学び、作成するようにしましょう。

経理と会計と財務の仕事内容の違いについて

「経理」「会計」「財務」のそれぞれがどのような業務を行っているかはご存知ですか?いずれにせよ、会社のお金に関わる業務に違いありませんが、仕事内容は異なります。簡単にそれぞれの仕事内容について説明していきましょう。

経理と財務は混合しやすい

お金の計算や管理に関わる「経理・会計・財務」の業務は混合しやすく、小さな会社では経理担当者がすべてを担当することがよくあります。大きな会社になると、担当者や部署が明確に分かれる傾向にあります。

簡単に説明すると・・・

会計・・・入出金の管理全般を行う

経理・・・経費や利益などの金銭の動きを算出する

財務・・・事業を行うための資金を管理する

上記のように経理、会計、財務の違いについて簡単に説明にさせていただきました。経理部署の中で、経理、会計、財務と同じような業務にみえますが明確な違いがあるのです。

経理の仕事は会計の仕事の一部

会計と経理は全くの別物というわけではありません。経理の中に会計が含まれるというイメージです。会計の業務は、お店などでの『支払いをする』という意味の会計ではなく、家の家計簿をつけることをイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。つまり『お金の管理』を意味しています。

経理となると、会計の仕事以外にも、毎日の売上、仕入などの会社の日常的な出納の管理を行っています。お金の流れの管理以外にも、給与や保険の管理、決算書作成なども経理の業務となります。

会社の規模によって、一人が全ての業務を行う場合もあります。

財務の仕事は未来の資金を管理する仕事

経理や会計業務に対して、財務の仕事内容は異なります。簡単に説明すると、経理の仕事内容は『会社として使用したお金』の管理をすることですが、財務は『会社として使用するお金』の管理をすることです。

財務の主な業務内容は銀行との融資交渉や資金調達や資金繰りの管理、経理が作成した賃借対照表や損益計算書といった決算書や将来の事業計画に対しての資金調達や資産運用を考えることです。

中小企業やベンチャー企業は経理が財務業務も行っていることがあります。

経理はやりがいがある重要な仕事

経理は日々の取引管理や記録や書類作成を行います。会社の運営全体や財務情報に大きく関わり会社全体が見える仕事です。そのため経理業務は信頼できる人に担当してもらいたいですね。

そして、経理はとてもやりがいのある仕事でもあります。

シェア

ツイート

LINEで送る

Pocket

ブックマーク

CATEGORY :
ライフハック
tree